« October 2017 | Main | December 2017 »

パン好きなもので

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月24日(金)くもり、晴れ

世の中「グルテンフリー」の傾向にありますが、
パン好きなもので、こんなんを常備しています。
四つ葉さんの「発酵バター」と
マリンフードさんの「たらこスプレッド」。
どちらもパンをより美味しくしてくれます。
1124suki2
近くのスーパーに置かなくなったので(人気なかった?)
倉敷のイーオンに行ったついでに購入しています。
*とけるチーズもわが家の常備品です。
*それでも「グルテン」が気になる方へ
 伝統的な「和食」はほぼグルテンフリーのようです。


近所の製造元で買っているバーク堆肥。
ほとんどが樹皮で発酵のためわずかに牛豚の尿を
加えているらしい。
1124green
家庭菜園の土壌改良に使っています。

玉ねぎ用に土作りです と言うとお姉さんが心配そうに
「牛糞堆肥を入れた方がいいですよ」とアドバイスしてくれました。
まぁ、そんくらい肥料分が少ないのですね。
肥料分は米ぬかボカシで補います。
だいたいそんな大きな玉ねぎでなくともいいのです。
20kg x 10袋購入。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。


日記 | | Comments (0)

寒ぶ〜い

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月23日(木)くもり、晴れ

11月には2年おきにバイクの車検があります。
寒いけど、県北70kmのバイクショップ「パドック」さんに
ミニツーリング。
*わが町にもバイクショップはありますが、できれば友人の店で
 信頼の置けるスタッフに整備をお願いしたいワケです。

寒いだけのツーリングはつまらないので県北のピザ屋さんで
ランチすることにしました。
走り出して30分で前言撤回。晴れてるけど、寒いし、
ピザ屋さんの予約も取れなかった。

1123syaken
四半世紀以上乗っている「PACIFIC COAST 800」。
最近は軽トラの出番が多くてあまり乗っていません。
「大型バイクは脳の活性化に役立つ」説がありますから
できるだけボケ防止に乗りましょうか。
1123pc800
1990年の夏(たぶんその頃)10日ほどの日程で
北海道キャンプツーリングしました。
その年はあいにくの天気で行程のほとんどは雨。
雨の中を走り、雨の中でテントを組み立て、雨の中撤収。
三日目に予定のコースは放棄、空を見上げて明るい方に
向かって走ってました。
一日だけ旅館に泊まって荷物を乾かしふっかふかの布団で
寝ました。

帰ってから、次の休日にバイクショップに出かけて買ったのが
このバイクです。
風防があり、後部座席の下、左右にトランクがあります。
これで大事な書類や乾いた衣類が入れられる安心ツーリングが
楽しめるってワケです。
*その頃は車に乗り換えようとは思わなかったです。

パドックさんで車検の手続きをしてから、しばし目の保養。
1123padd2
このショップは「トライアンフ/英国」「アグスタ/イタリア」他の
代理店でもあるので各車楽しめます。

長く日本車が一番上等と思ってきましたが、雰囲気や
全体の美しさ、パーツの完成度では最近どうだろうと
思ってしまいます。
1123padd1
なにより「作り手」が楽しんでいる感があります。

代車でお借りしたカワサキの「KSR125」。
車格は50cc並みで小っちゃ〜と思ったけど、
パワーは十分な125cc。ピーキーな走りが楽しめます。
1123padd3
ところが風防がミニカウルなのでめちゃめちゃ風を
受けて寒い。防寒用アンダーウエア、Tシャツ、
厚手のトレーナーその上に革ジャンだったのですが
胸が痛くなるほどの寒風に耐えられず、持っていた
タオルを胸に入れてしのぎました。
永く乗っているけど胸が痛いほどの寒風は初めて。
老化か?

やっとの思いで帰ってきたら、居間ではシマが
ぐ〜ぐ〜と眠っていました。
1123shima
毛足の長い絨毯、座布団、ヒーター付きマット
その上に電気ストーブの熱を全身に浴びてぬくぬく姿。

あまりにムカッときたので蹴っ飛ばして・・・
いえいえ、超冷たい手で全身をなでまわしてやりました。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

赤瓦

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月22日(水)くもり、雨

ウラの畑から見る蔵の屋根。赤瓦ですが、まちまちな色で
構成されていて、それぞれ美しいけどコケむす古さ。
畑仕事の手を休め、時々見惚れてしまいます。
1122kura
ン十年前、親父の代に土壁の上にしっくいに塗り足し、
中も修繕したのですが、瓦の下の土はもうポロポロ。
常時パラパラと蔵の中に落ちてきます。
「対策は?」と建築家氏にたずねたら
「立て直しですね」
土蔵の立て直しってカンタンに言うなよ!
昔ならご近所の人々にも手伝ってもらって、お互いに作ったり、
修繕したもの。藁葺き屋根もそうでしたね。
・・・今となっては難しい。
古い百姓家には必ず「土蔵」があったもんですが、
今は建て直されることはなく、農村風景からは消え去る
ばかりです。
分厚い土壁の内は温度変化が少なくて、味噌や穀物、豆、
果物、野菜の保存にいいのですけどね。
わが家はワインや書籍、竹酢液などの忌避剤も
土蔵に保存しています。

あぁ、言うことを聞かん子供の短期保存にも
使われておりましたっけ。


家のウラの「アイスバーグ」さん。
1122ice
寒いのに数輪咲いています。


雨の日の夕方、一人、倉敷のイオンモールに急ぎます。
1122ame
再発見しやすい位置に車を止めて、
速攻でドトールのサンドイッチとコーヒーを買う。
1122douto1
  出張等で時間がなくて一人の時、ドトールを利用しますが、
  ここのドトールさんのパンがパリッとして一番美味しいと
  ひそかに思っていますところのトドです。
1122douto2
  新メニュー発見! 次回はこれにしよう。

暗闇に潜り込んで
「ブレードランナー 2049」
1982年の前作から35年の時を経ての続編です。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

こーれーぐーす

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月21日(火)くもり、晴れ

沖縄すばに欠かせない調味料「こーれーぐーす」を
作ってみました。
島唐辛子までは用意できなかったので鷹の爪で代用です。
容器は「最北端?のさとうきび農家」として有名なウラタ氏
「天空の黒蜜」瓶を流用。
1121togaras
陰干しした鷹の爪、小ぶりなのを選んで20本投入。
米酢を少々、請福さんの泡盛をたぷたぷに満たして、
10日経ったらできあがり。
島唐辛子は鷹の爪よりずっと辛いらしいのでたくさん
入れてみました。来年は島唐辛子も作ろう。
*鷹の爪は農薬代わりの忌避剤に使うつもりで毎年作って
 います。農薬代わりとしても辛い島唐辛子の方がいいかも。
*米酢を少量入れるのが請福さん流です。
*わが家の用途はうどん、そば、ピザにも使います。


某所のガメラです。お尻です。
1121kame
床に近い超ローアングルで撮っていたら、お姉〜さんに
笑われてしまいました。なぜだ?

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

マウントモミ殼

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月20日(月)くもり、晴れ

ガガとそびえるモミ殼の山。
1119momig1
グランドキャニオンのようでもあります。
中ほどの濃い色の部分が「チバニアン」で磁場が
逆転した時代の地層です・・・ウソです。
堆積層が見えるのが歴史を感じさせますな。
二ヶ月ほどの堆積ですが・・・


こっちはトドがせっせと運んだ方の山。
1119momig2
きれいなツインピークスだったのに消失しつつあります。
まぁ、せっせと運んだのはワタシだけじゃなくて
ウラタさんとか多数の方々もですけど。
トドは合計205袋を3カ所の畑に運びました。
ぶどう畑の表土に撒いて土壌改良。
家庭菜園では保温や泥跳ね除けに使います。


家庭菜園のダイコン。去年は蒔き時が遅くて
小ちゃダイコンしかできなかったけど
今年は期待できそうです。
1120daikon
粗い青ネットは犬ネコ対策。
ボカシ肥料の良い香りにつられて掘り返したり、
柔らか土だと「良きトイレ」と思うようなので
立ち入り禁止です。

山のぶどう畑カンパラの大家さんの軒先の干し柿。
1112hoshigaki
左右で製造時期が10日ほど違います。
このところ寒いので、もうカビは大丈夫でしょう。
そろそろ白い粉(糖)を吹くのではないかな。
着実に冬が来てます。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

タカハシぶどう

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月19日(日)くもり、晴れ

「味噌がなくなった〜」とアシカ。
蔵に取りに行き、新しい樽を開ける。
ワタシの書いたメモ(作った日付、材料、数量)が出てくる。
1年半前に作った味噌である。
ヘラですくった感じではこの10年で最良。
1119miso
水分量が多すぎもなく、少なくもない。
光っている部分は水分ではなくて、フタのフィルムに
接した重しの跡です。

で、味噌汁としては・・・昨日までの古いのに比べて
ちょっと若い。まっ二日もすれば慣れるけど。
そんなことより、この新しい味噌は10kgの豆で
作ったからわが家の消費スピードじゃ、一年と少しで
なくなってしまう。
今のうちに大量に作っておかなけりゃ、1年先に
「若いな」と同じことを言うはず。
数年前まではコンスタントに三年前のを食べていたのに。
何回かサボって自転車操業状態になってしまった。


採り残しの「ベリーA」です。
1119berrya
せっせとジュースに絞っています。

こんな道具↓を使って10数粒づつ押しつぶします。
以前は包めるだけ布巾に包んで両手で一気に絞って
いましたが、手と布の負担がすごくてやめました。
1119berrya2
絞ったジュースは「干しぶどう」を浸け、もどし、
お菓子の材料にしたり、お客さまのウエルカムドリンクに
してます。
 当地で「ベリーA」と言えば
 「あぁ、あの昔のぶどうね」
  そうそう、美味しいよ、食べる?
 「いらな〜い」
 と人気のないぶどうですが、完熟したものは
 そのまま食べても美味しいし、絞ると とんでもなく
 濃厚で芳醇。びっくりしますぞ。
 もっとも今は完熟し過ぎですけど、それはそれで美味しい。

Todokaw90高梁は今はピオーネぶどうの産地ですが、
かつてはベリーAの栽培農家が多くて
「タカハシぶどう」と言われていた時代も
あったんですけどね。


午後、山のぶどう畑バルキで周辺部の草刈り。
いつもの小道を通って
1119balk

枯れ込んだ草を刈ります
1119kusakari1

ジツはこの下にU字溝があるのですが・・・
1119kusakari2
こうなる前にさっさと刈っておかなければなりませんな。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

一人暮らす

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月18日(土)くもり、ちょい晴れ

午後、山に一人暮らす友人を訪ねた。
バルキ畑を超え、枯葉溜まる初冬の道を先奥に走る。
中学三年生の二、三学期だけ同級生だった友人は
快活なスポーツ少年だった。
同じクラスだったけどほとんど話したこともなかった。
 *「同級生だったけど、話したことはなかった」
  というパターンの友人は何人もいる。いかにトドが
  人見知りで無口であったかの査証ですな。

Todoyachimoその後二十数年を経て岡山の民芸品屋さんで
繊細でやさしく品の良い焼き物に目が止まり、
作家さんの名前をたずねると
彼と同じであった。
紅顔のスポーツ少年が長じて、陶芸作家・・・
まさかと思ったが、そのまさかで山に訪ねて再会した。
尖り気味の少年は穏やかな顔の作家に変わっていた。
1118ochiba
その頃の彼は多事あって創作活動を中止していた。
友人の意欲をかき立てるべく叱咤激励すれど
山は動かず今に至っている。
(単に新しい彼の作品を見たかっただけです)

久々に訪ねると、友人はにこやかな笑顔で、
静かに招き入れてくれた。
掘りごたつにすっぽりと入ると暖かくて、
春に痛めた左ひざがふわっと楽になる。

コタツの上に書きかけの仮名習字があった。
おっ仮名もやるんだ。
「あぁ、見よう見まねで勉強中だ」
「こうして文字を書いている時が一番落ち着く」
「仮名文字は母がよく書いていて
 いつか教わろうと思っていたけど
 結局、聞かず仕舞いになった」
1118nasu1
体の調子はどう。
「眠れないし、歩くのもしんどくてね」
メシはちゃんと食ってる?
「そうだ、朝めしを食うところだった」
「いっしょに食うか?」
「ホテル並みに美味しいぞ」
いや、朝メシを食って、昼メシも食ってきた。
もうそんな時間だぞ。

「そうか、じゃぁ『チャイ』を入れてあげよう」
「砂糖をたっぷり入れると美味しいんだ」
あっ砂糖は入れないで。
「どうして?」「美味しいのに」と残念そうな顔。
1118nasu2
砂糖レスでも十分に美味しいチャイを飲みながら、
彼はフレンチトーストにスクランブルエッグ、ヨーグルトに
ジャム、柿も添えてゆっくりと食べ始める。
あぁ、これなら1日二食でもええかと安心する。

遠く県南の山々が窓から見え、初老の二人が
こたつでぽつりぽつりと話す。
昨年、今年と相次いで亡くなったお互いの母のこと。
都市の学生として'70年をそれなりに熱く過ごし、
その後いくつかの街や村で過ごした日々。
話は尽きず夕暮れまで。

少し先輩の画伯が山形のラ・フランスを送ってくれました。
1118iafrance
紅花と姫リンゴを添えて、山形らしいかわいいパッケージです。
感謝!
Photoそうだ
去年も同じ構成のラ・フランスを
いただいたのだった。
「ほら、かわいい姫リンゴ」と見せると
むんずとつかんで口に持っていった。
確かに小さくて口に入れやすい
大きさだったけど・・・

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

和室でイタリアン

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月17日(金)くもり、ちょい晴れ

畑で作業していたら、帰省中の先輩氏から電話。
庭掃除で枯葉がたくさんあるけど要るか?って話でした。
早速軽トラでぶどうと柿を少々持って出動。
1117bityu1
かつて、お殿様の執務兼住居だったエリアは
今は県立高校になっていてそのすぐ下の区画は
家老の住所だったそうです。
その跡に建てられた家が先輩氏の住居。
手前に「お堀り」代わりの谷川が流れ、小さな橋を
渡って家に入ります。
写真↑の建物は入り口横の蔵で階上は客間として
使われていたらしい。
この建物、今はイタリアンレストラン「ビッチュナッツ」さん
が借り受けて営業中です。
1117bityu3
二階の中はこんな感じです。むかしはガラスにもこんな
遊び心がありましたね。

春、障子を開け放ち爛漫の桜と谷川、広がる町並みを
愛でるのは優雅です。

先輩ご夫婦がお住いの東京と地元高梁の話題を
往復しながら話し、昼食にイタリアン。
1117bityu2
ピザ、サラダ、雲海カルボナーラどれも美味しくて
うれしくなります。
車なのでビールが飲めなかったのが残念。
イタリア産の地ビールがあるらしく次回はそれを目的に
行きましょう。タンシチューにも期待!

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

とつぜん絶叫が〜

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月16日(木)くもり、晴れ

西の方から突然「ぎゃぁ〜」っと絶叫が聞こえたので、
トドは現場に急行します。
何をしていても即座に中断。
わが家のシマ(メス10才)は相手がメスだとコテンパン、
完膚なきまでに罵り倒す?のですが、オスにはハナっから
悲鳴をあげてすくんでしまいます。
1116gyao1
さて、現場には大きな白ネコが居ました。

その目線をたどると
1116gyao2
シマがいました。下の畑じゃ不利ですね。

白ネコはなんだかとまどってます。
低くうなり続けるシマに「いいかげんにしな」っと
声をかけると、こちらを見上げ、ゆっくりとターンして
家の方に歩き始めます。

見ていた白ネコは
1116gyao4
シマが後ろを向いた途端つられたように
一歩二歩前に歩き出し
1116gyao3
それを察知したシマは一目散に走り出した。

トドを迂回して、追いかける白ネコ。
1116gyao5
白ネコさんはちょっとからかってみたかっただけだろうけど、
そりゃ、体重差もあるしかなわんよなぁ。
で間に入って追っ払いました。
わぁぁ、きゃぁぁと騒ぐシマにちょっかい出すのが
面白いんでしょう、一年おきくらいにこの手のネコが現れます。

初代の黒ネコ「アズさん」もメスだったけど、だれかれ問わず
ケンカ売ってました。犬でもカラスでも人でも引かなかった。
Todoyachimoウラの畑でカラスが騒ぐので行ってみたら
10羽くらいのカラスに囲まれ、
さすがに打つ手なくて困ってた。
誇り高い孤高のアズさん・・・懐かしいなぁ。
今では、そのアズさんよりシマの方が年長になってしまった。
ケンカを回避して怪我なく健康でいてほしいから、
悲鳴をあげて呼ばれると冬の夜中でもドドドっと
駆けつけます。お風呂の時だけはアシカが代役。


カキ殻粉を買いに農協さんに。
1116kakig1
リフトのオペレータ氏は中学で同級生だった・・・らしい。
三つの学校が統合された時で2、3学期だけの同級生。
そん時は一度も話したこともなく、居たこともお互い
知らなかった。
百姓を始めてから再会?し、どうということもない世間話を
楽しみに農協さんに行くようになった。
1116kakig2
20kg x 20袋 今期の合計 60袋 購入。
ぶどう畑と家庭菜園に撒きます。

タイミングを逸して今年はほとんど出荷できなかった
「黄玉」さん。
1116ogyok
ジャスミン風の香りを好む方もおられるのですが、
この時期になるとなんだかモタっとしたサエない
味になり、一番いい時期に採ってやれなかったと後悔。
でも、なんとジュースにするととっても美味しい。
じゃぁ、アシカの手作りケーキの材料に使えるかな?

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

居酒屋メニュー

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月15日(水)くもり、晴れ

家のウラの畑のプルン園が不調なのはシンクイムシを
防除できないからです。
ぶどうはシーズン中1、2回の殺虫剤でなんとか
すませているのですが、一緒じゃタイミングが合わないのか
たくさん実を付けてても、夏が終わる頃にはボタボタと
落ちてしまいます。
あきらめて他のモノを植えることにしました。

南洋の香りの「フェイジョア/アポロ」。
むかし父が植えたのは「トライアンフ」だとばかり思っていましたが
それだと自家結実しないらしいので、別の品種かな?
今では桜の大木の下で旺盛に枝を伸ばしています。
原産地は南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部。
父は「南洋」「ブラジル」の言葉にロマンチックゴコロを
揺さぶられ、植えたのではと推測します。
1115apolo
トドとしては「サワーサップ」を植えたいのですが、さすがに
岡山では無理なのでフェイジョアに南洋の夢を託します。
道法さん流に枝を縛ってまっすぐ上に伸ばしています。
もう一年はこのスタイルでやるかな。

その道法さんから分けてもらった寒冷地対応レモン。
高梁の寒さに耐えられるか、耐えてほしい。
1115lemon
これも2年間はまっすぐ上に伸ばします。
どちらも足元は黒ポリフィルムでマルチして
乾燥を防いでいます。

この畑に植えたプルンの枝が風にそよぐのを見るのは
心地よかったのですが、レモン、マイヤーレモン主体の
畑に切り替わります。

12月牛窓の「三人展」に向けて制作モードに入っている
アシカは夕食メニューをギブアップ。
「今日はなんか考えて」
と言われてスーパーに行くのも・・・
で、居酒屋「ペンギン」さんに行って、カウンターに
並べられた大皿料理の中から
これと、これと、これね、と選びました。
1115pengin
「そっか、アシカさん超忙しいんだ」
「仕事から帰ったら、もう料理が並んでるって」
「そりゃ、喜ぶよね」
「よっしゃ、わかった」
と、まりちゃんがパックにどんどん包んでくれました。
(ちょっと、シチュエーションは違ってるけど、まあええさ)
レンコンの煮物、ポテトサラダ、モツ煮、サワラ南蛮、おでん。
できれば生ビールも包んで欲しかった〜。

本日は居酒屋メニューの美味しい夕食でした。
ビールはバドワイザー。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

葉っぱを守る

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月14日(火)くもり、晴れ

発芽から収穫までずっとぶどうを雨から守ってくれたポリフィルムを
やっと、外します。
ぶどうはコーカサスあたりの乾燥地帯出身のため雨や湿度が苦手
なのでフィルムの雨よけを張って栽培します。(写真↓は7月)
0712kanpaeda

一般的には色づき促進のため、梅雨が明けたらすぐに
外してしまいますが、ウチはその余力がないのと、
できるだけ葉っぱを守ってたっぷり光合成してもらって
美味しいぶどうにしたいから、巨大台風が来なければ
収穫期まで温存します。
雨が降っても濡れずに作業できますしね。
0727sanpo4
(写真↑は7月 わが家のウラの畑)
小さな段々畑なのでこんな風景です。
わが家は標高100mほどの盆地で夜温が下がりにくいので
トンネルの前後を開けて空気がこもらないようにしています。
フィルムの端を折り返してクリップで留めてとメンドーだし、
カラスも入りやすくなるのだけど。

屋根の幅は150cmあるので、小雨や通り雨くらいでしたら
作業していても十分しのげます。
降り始めの ぽつぽつ ぱんぱん と雨音が近づいてくるのを
聞きながら作業するのもオツなもんです。
0720ame
(↑写真は7月 山の畑バルキ)

畑の周囲の白いネットは風除け。一般的には青色で
4mm目あいのネットを使いますが、光の透過率が高い
白色を選び、目あいも少しでも風通しの良い6mmに
しています。防風したいのか否かわかりませんな。
0805kusakari
その外に防獣よけのネットをイノシシ対策に張りましたが、
ネットじゃ対処できないので結局電気柵を設けました。
ピンクの支柱が電気柵。防獣ネットは不要ですね。
(↑写真は8月 山の畑カンパラ)

ポリフィルムは運びやすい大きさにまとめて、
販売元の農協さんに運びます。
1122pori
処分費として例年5000円ほどかかっています。
今年は友人が、畑の太陽熱消毒に使いたいと
言ってくれたので半額程度ですみそうです。
ラッキー!

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ヤマブドウ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月13日(月)くもり、晴れ

「ヤマブドウ」の葉っぱが美しく紅葉しました。
1113yamabudo2
四年ほど前に植えたヤマブドウです。

晩秋に岩手・青森を訪ねると道の駅なんかに山積みされいて、
地元のお客さんがドーンと大量に買って行かれます。
1113yamabudo
そのまま食べても美味しいけど、粒が小さくて
ちょっとメンドーです。
地元のみなさんは家でジャムや果実酒に加工するらしい。
買い方を見るといかにも地元に根付いた果物です。

コクがあるのでわが家では「ベリーA」のジャムに混ぜて
加工してもらっています。
3b
真ん中の瓶がそうです。
美味しいです。ぜひお求めください。
(メール、コメントでお知らせいただければ発送します)

さて、ヤマブドウ2年目は豊作でしたが、3年目から
なぜか実が落ちてしまう。4年目の今年もそうでした。
塩山に住むぶどうの師から教えられてやっとわかった。
オス樹が必要だったのです。
1113yamabudo3
そんなワケで今年も収穫はあきらめて、見てもいなかったら
2番成り、3番成りの房が多数結実していました。
樹勢が弱くなるとオス樹がなくても結実するようです。

口に含むと甘くて美味しい。
さてどうしよう、すでに干からびてしまったのもある。
ジャムにするほど多くはないし、コップ一杯のジュース
くらいは絞れそう。

*ヤマブドウはもともと日本中どこでも生息していたらしい。
 でも開発に押されてどんどん減っていて、特に西日本では
 壊滅状態のようです。山に入る人もいないしね。
 地元高梁オリジナルのヤマブドウも存在するらしいのですが
 確認できていません。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

岡山へ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月12日(日)くもり、晴れ

早朝、ぶどうを収穫、パッキング。
1箱は送り、4箱はお客様が取りに来られる。
どちらのお客様もこの時期に旬を迎える「紫苑/しえん」の
美味しさを喜んでくださる方たちです。
 *こんな時期までぶどうを食べたい人が居るかな?
  と恐る恐る植えたのですが「モチっとした食感」の
  美味しさもあって杞憂でした。

紫苑もほとんど収穫してしまって作業は後片付けや
土作りなど「冬作業」になります。

その前に、
1112lunch
コンビニで買ったおにぎりとサンドイッチを持って
急行やくもに乗って岡山に。
*ランチ どうせ買うならと目新しいモノを買ってみました。
 お味は・・なんて無粋なことを言うよりこれを商品化する
 勇気に拍手です。

岡電(路面電車)に乗って城下まで所用で往復。
1112denshya
「9200形 MOMO」

こっちは「7100形 たま電」
1112denshya2
路面電車は見るからにのんびりで楽し気です。
街にホッと潤いを与えますが、どこも経営は苦しいようです。
岡電さんはかろうじてうまくいっているようで、安心。

駅前のコンベンションセンターで「前川喜平」氏の講演。
1112maekawa
どんな方なのか見たかったのです。
いつも報道されているままの「まじめな方」のようで
満足であり、食い足りなさも若干。
こんな圧力に屈せず声を上げる官吏がもう少しいれば
もう少しマシな・・・と思ってしまう。

会場で席を取ってくれていた友人二人にアシカを加えて
総社でビールと食事。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

吹屋マルシェ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月11日(土)くもり、晴れ、くもり 寒ぶ〜い

「吹屋の ビッグマルシェ に出店しま〜す」とササダくんが
言うので行ってみました。
吹屋の山の上マルシェは2年ぶりかな?
1111fukiya1
山の中の町で 6、7コのブースから始めた
小さな小さなマルシェがどうなったのか
興味津々で行きました。

今回は運動場サイズの広場にテントブースがずらり。

ササダ一家のブース発見!
1111fukiya
・・・ダレもいないぞ?
っと思ったら・・・
次男坊をしょってゴキゲンに踊っていました
1111fukiya4
奥さまもワタくんたちと楽しそうに踊っていました。
1111fukiya44

広場の中心で伸びやかな太鼓の響き。
アフリカンジャンベのようです。
1111fukiya2
掛け声?はエチオピア語とか。

1111fukiya3

1111fukiya6

一渡りぐるぐるりとブースを覗いて、お昼は「黄色い台所」さんの
美味しいチキンカレー。
1111fukiya7
今や人気店で10人待ちくらいでした。

天気は良いのだけど、風が冷たくてギブアップ。

午後遅く山のぶどう畑バルキでカキ殻粉を撒く。
カルシウムを摂って細胞壁を強化してもらうのだ。
20kgを17袋・・・いいかげんくたびれる量です。
1111saru
その帰り道でサルを発見。
一匹だけの離れサルかな。
「トドさんとこの畑で緑のぶどう食べてました」と
聞いたことがあったのでこのサルかもしれない。
集団で襲われると困るけど、一匹くらいなら
良しとしよう。

家のすぐ上から見た夜景。
光の列は高梁川に沿って走る180号線。
1111yakei
JR伯備線もほぼ同じように走っていて
子供の頃は数えきれぬほどの貨車の長さだった。
距離はあっても遮るものがないから、汽笛の音が
ストレートに聞こえたものだ。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

むちゃオイシイ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月10日(金)くもり、夜半に雨

本日の雲海。
モミ殻運びをしていて、撮影するには遅すぎました。
1110unkaijpg
キリは上がり、山の背の鞍部にある集落が現れました。

風邪から完全に回復はしていないので
朝食をすませ、寒さが和らいでから山に上がります。
1110momigar
軽トラいっぱい12袋を積み込んで10数分ほど離れた
ぶどう畑バルキに運びます。

その途中の雲海観察ポイントで「今日の雲海」を
撮影して
1110komich
いつもの小道を楽しみながらゆっくり走ってバルキ畑。

帰りにカンパラ畑で「紫苑/しえん」を収穫。
1110shien2
先日の「地紅茶まつり」に来てくれた旧友が
「むちゃオイシイぶどうじゃないか」と
紫苑を気に入ってくれました。
「バイク競技(トライアル)仲間に食べさせるんじゃ」と
フィアット「プント」1400cc、燃費14km で颯爽と
名古屋に向けて走って行きました。
うれしいなっ。

わが家の紫苑は小ぶりなのですが、糖度も高く
酸味もあってこの季節でも美味しいです。
それに、なぜか「友人にも食べさせたくなるぶどう」の
ようです。
他にも同じようなオーダーがあって残りはわずかに
なりました。
小振りなので売りにくいかなと心配していたけど
自分で美味しくなってくれました。
ぶどうに感謝!

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

畑仕事

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月9日(木)くもり

一昨日、アップし忘れていたカンパラ畑近くの
展望台です。
1107tenbo
下部の双眼鏡が狙うは「備中松山城」の天守と
二の丸櫓。
キリが晴れれば肉眼でもなんとか見えます。

雨が上がったので畑仕事を少し。
初夏に買っていた新種の「キーウィ」をやっと定植。
植える場所が無くて、枯れ込んだサクランボの
後に植える。


午後は冬野菜の畝作り。
山のぶどう畑カンパラの雨よけフィルム外し。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

顔が見える

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月8日(水)雨

雨なのでデスクワークと資料の片付けなど。

南どなりの町 総社の「結/ゆい」さんのランチ。
1108yui
美味しくていかにもカラダにやさしい食事です。
材料のほとんどは店主の海や山の友人たちやご実家の
お父さんの畑から届いたもの。
生産者の顔が見えるランチです。
しっかり噛みしめていただきま〜す。
*営業は毎水曜日、ランチは5人限定です。

帰りに、ご近所で見かけた花。
1108hana
蕾が二段になっていて不思議な構造です。


風邪が治ったと思っての外出だったのですが、
寒かったのか咳が再び。やれやれです。
早めに寝たら、深夜に起きてしまいモーローと
ふとんに潜ったままDVD。
「フレンチ・ラン」
「クリミナル」

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

りんごとモミ殻

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月7日(火)晴れ

りんご、素早く食べてしまえばいいのだけど、
トドは大食漢の胃袋持ちだしね・・・

でも、この時期は柿があるし、梨も洋梨もある。
冷蔵庫だと冷えすぎるし、で想い出した。
1107ringo
昔々りんごはモミ殻に埋まって送られてきたじゃないか。
ハマばぁちゃんは床下(正確には縁の下)のモミ殻で
いっぱいの穴倉の中にサツマイモを貯蔵していたし。
で、とりあえずりんごをモミ殻に埋めてみました。
*りんごは無肥料減農薬の青森は夏堀さんのりんごです。
 美味しくてダイジに日々食べています。

朝食後、モミ殻運びに山のライスセンター(脱穀所)に。
ツインピークスと言っていた山がかなり崩れてきました。
1107momigara
軽トラいっぱい12袋積んで十数分先のバルキ畑に
運びました。

バルキ畑エントランスの小道。
1107aki
どんどんと秋が深まっています。

このたくさんの枯葉も畑に入れるといいのですが。
1107aki2
山の持ち主の了解がいるなぁ。

それよりも・・・その時間がかけらんないか。
1107aki3

わが家の近くのイチョウの木。
1107ichyo1
黄とみどりのコントラストの鮮やかさに感嘆。

こちらはカンパラ畑の下のイチョウの木。
1107ichyo2
大家さんのオジイさんが収穫できるようになったら
家計の助けになるようにと5本植えたのが立派な
大木になりました。
よそのものよりも大きくて立派な実をたくさん着けます。
「自由に採っていいよ」と言われて5年ほどは採って
いたのですが、今はそれにかける時間が惜しい。
ぶどうの世話だけでで手一杯なトドです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

モミ殻 雲海

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月6日(月)晴れ

朝メシを食べてからモミ殻を運びに、山のライスセンター
(脱穀所)に出かけます。
1106shimo2
モミ山の上にうっすらと霜が降りていました。

もみ殻専用のしっかりしたポリ袋(0.07mm)に詰めます。
いろいろ試したけど掻き込むにはプラスチックボールが
一番使いやすい。
1106shimo
軽トラいっぱい12袋積み込むには約30分ほど。
お借りしているカンパラ畑に運ぶのに5分。

日本で一番高所にあって、天守閣が残っている松山城の
メイン展望台はお城の東側にありますが、西側の神原にも
小さな展望台があります。
1106sougan
今日はキリの中で見えないけど、晴れていればほぼ水平の
位置に見えます。

ススキもぶどう畑に入れたいのですが、刈り取って運ぶ
手間を考えるとなかなか時間が割けません。
1106susuki
畑の周囲のススキを少し入れられるかな。
まだまだ冬の前にやらなければならないことがいっぱいです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

モミ殻運び

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月5日(日)晴れ

もみ殻を山のぶどう畑へ12袋 x 2回、家の畑に12袋 x 2回
運びました。
1105yuhi
暗くなってからの帰還。


モミ殻のツインピークス。かなり低くなりました。
この時期までモミ殻を欲しがる人はいないらしく
競争相手はほとんど見かけません。
1105momi1
左の山から集中的に採取したのでクレーター状に
なっています。
そろそろ脱穀を依頼する農家もいなくなったようで、
管理者は現場の片付けに入りました。
まずは右の山から、でかいバキュームで吸引して、
横付けしたダンプに積み込み始めました。

わが軽トラに積み込む量は一度に12袋です。
1105momi2
ぶどう畑を中心に野菜畑、すもも畑、昔風にりんごや
ジャガイモの保管箱にも詰めましょうか。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

地紅茶まつり

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月4日(土)晴れ

今日は6回目の「地紅茶まつり」です。

1103teaparty1


「山の仲間たち」ブースにトドとアシカもいま〜す。
●旬のぶどう「紫苑、しえん」少々。

●「ぶどうジャム」三種。

●アシカの「シフォンケーキ」と「パウンドケーキ」。
 パウンドケーキはわが家の干しぶどうが入ってます。
 特産になりそう。

どれも少しづつなので早めにおいでください。
おっと「紅茶まつり」でした。各地の紅茶も楽しんでくださ〜い。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

雲海写真

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月3日(金)晴れ

本日の雲海(霧の海展望台から)。
偶然居合わせたセミプロの写真家二人と共に。
手前の建物は日曜は「やまびこ市」、
木曜は「やまびこカフェ」として活用されています。
1103unkai
今日は霧が多すぎますが、見ているうちに
状況は刻々と変わっていきます。
陽が昇り始めると上昇気流が発生するためか
さらに霧が湧き上がり、せっかく見えていた山々を隠し、
その数十分後には晴れ始め、鞍部の民家がかすかに見え
セミプロの方々には絶好のタイミング(らしい)。
1103machyup
キリの増減にたびに三人でファインダーを覗きながら
ため息をつき、歓声をあげシャッター音を
カシャカシャと響かせました。

9時には完全に陽が昇リ切ったのでトドは
カンパラ畑近くに移動。
モミ殻(12袋)を軽トラに積み込んで、
家のぶどう畑に撒きました。

帰りに寄った神原の展望台↓。
双眼鏡も設置してあって、ここからもお城(松山城)が
見えます。
1103miharash
先日はタクシーで乗り付けた女性客二人を見ました。
お城ファンって思っていたより多いのですね。
ちょっとびっくり。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

外作業

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月2日(木)晴れ

ぶどう畑にカキ殻を投入したり、モミ殻をまいたり、
ミニ白菜を定植したりの1日。

プルーンからレモンに移行中の畑。
1101lemon
すもも、プルーンはぶどうの繁忙期とバッティング
するのでなかなか世話できないのです。

オリーブ、大きくなりました。
1101olive
そろそろ「今年も豊作」と書きたいのですが。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ヤマブドウ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月1日(水)晴れ

ぶどう畑の片隅に「ヤマブドウ」を植えている。
二年前にはたくさんの実を付けてくれてジャムに加工した。
次の年にも同じくらい豊作だったのだが、熟期を前に
なぜかすべての房が軸から切れて落ちてしまった。
かけていた袋ごと。カラスか小動物の仕業か?
不可解であった。
1101yamabudo
今年も全く同じ現象でバタバタと落ちてしまった。
??????????
わからんコトは塩山の先生に電話する。
 毎年、実を付けるのですが熟期を前に落ちてしまいます。
 小動物、もしくは肥料分が足りない・・・
言葉をさえぎって先生は
「お前、オスギは植えたのか?」
アタマには「おすぎとピーコ」の画像が浮かぶが、もちろん違う。
「オス樹」である。
市販されているぶどうのほとんどは、その樹1本で実がつく。
「ヤマブドウ」にオス樹が必要だとはカタログに書いてなかった
・・・と思うけど。
 三年前に豊作だったのは?
「そりゃ、お前、樹勢が弱かったからさ」

写真↑は今年の2番成り3番成りのヤマブドウ。
落としてしまおうかと思ったら意外に美味しい。
さてどうしよう。


山のぶどう畑カンパラの大家さんの家。
1101kanpa1

先日、ぶどうをお送りした親戚の方がブログを見て
「懐かしい」と喜んでいただいたようなので
後ろの森と一緒に家の写真も撮りました。
1101kanpa3
数年前に大屋根はガリバリウムで覆われました。
母屋の前に旦那様の介護用に新しい棟を建てられ、
生活のメインはそちらで過ごされていました。
ちょっと見づらいですが、母屋に使われている梁は
太く立派な木です。

庭に据えられた碑。
1101kanpa4
かつて飢饉の時に村人を救ったどんぐりの樹が
これなのでしょうか。
とまれ、大家さんはこの家で元気に過ごされて
おられます。ご親戚の皆さん安心してください。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

カレーモミ殻ルーシー

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月31日(火)晴れ

午前、デスクワーク。
となりの町のスーパーの駐車場に移動カレーショップ
「黄色い台所」さんが来ているらしいので、軽トラの
足取りも軽く行きました。
山のぶどう畑カンパラまで持ち帰ってランチ。
1031kiiroid
せっかくきれいに容器に入っていたのに、移動でこぼれ、
ぶきっちょに盛ったもんだから、こんな写真。
ネパール人シェフの作った今日のカレーは
「さわやかレモンのチキンカレー」
チキンがゴロゴロしている上にインド風のてんぷら
パコラ(右)もわんさか。チャパティ(上)も付けてもらって、
とてもボリューミーです。
もちろんカレーも美味しいのですが、今日は左上に
わずかに見えてるピクルスが極上でした〜。

午後はカンパラ畑で先日運んでおいたカキ殻粉を
地表に散布。20kgを17袋。

軽トラ一杯(12袋)のモミ殻を山の畑バルキに運び投入。
1031momi
みなさんが少しづつ運んで行くのでモミ山も崩れ、
一見、壊れたスフィンクスに見えます。

帰りにもう一度10袋分を積み込んでから、
カンパラ畑で「紫苑」を収穫。
1027shien
糖度23度、酸味もあって今が旬の美味しさです。


西の丘に夕日が沈むころ帰還。
1031yuhi_2
まだ風邪っ気が残っているので素早く、
風呂、ビールを摂取してふとんにもぐり込む。


深夜に目覚め、ふとんの中から気になっていた「ルーシー」。

「LUCY」 2014年フランスで制作 89min
リュック・ベッソン監督 主演/スカーレット・ヨハンソン
1031lucy2

「レオン」「ニキータ」「フィフス・エレメント」
ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ミラ・ジョボヴィッチ ですよ。
期待しないわけがない! こんポスターも良かったし。

台北を舞台に新ヒロインのスカーレット・ヨハンソンが暴れまくる・・・
のですが、どーもチープで安直な香り。
トド的には期待はずれの89分でした。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (2)

美味しいっからいいやね

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月30日(月)晴れ

午前、山のぶどう畑バルキで収穫。
畑入り口の小さな旧道。
先日の台風で枯葉や小枝が路面を覆っています。
1030baik1

短い道なのだけど雑木の種類で光量が変わり、
少しづつ印象も変わっります。
1030baik2

空を見上げ楽しみながら、
ゆっくりと軽トラを走らせます。
1030baik3
のんびり歩きたい道なんだけど、
一度も歩いたことはない。
いつもせわしなく通り過ぎてしまう。
畑仕事をやめない限り
風景を楽しみながら歩くことは
ないかな。

帰りにカンパラ畑でもぶどうを収穫。
「紫苑/しえん」をメインにして詰め合わせ発送。


午後、農協さんで「セルカ(カキ殻粉)」20kg x 20袋 購入。
もうそれだけで軽トラとしては荷重オーバーです。
山のぶどう畑カンパラに持ち込み表土に散布。
1030kanpa1
土壌改良とカルシウム補給でぶどうの細胞壁を強化して
輸送に強い堅めのぶどうにする。
・・・他所のぶどうよりは堅めと思っているのだけど

Hehehe80白い袋は
「海藻ミール/ホンダワラ粉」には
海のミネラルを期待してます。
ミネラル(微量要素)こそが
より複雑な美味しさにしてくれるはず。
葉面散布ににがりも加えて、この20年 半信半疑で
やっているけど・・・
まっ美味しいっからいいやね。


カンパラ畑の大家さんのご自宅。
先日、ぶどうを頼まれてご親戚に送ったら、
「トド&アシカ新聞」を読んでこのブログも
見ていただいたようです。
そして
「ここ、この家でバァちゃんは育ったの」
「後ろには、こんな大きな森があって・・・」
「このぶどうはこの家の前の畑でできたって」
と、そんな話がお孫さんとできたらしい。
1030kanpa2

いつもは遠慮してこんな後ろの森↓しか載せないのですが
今日はご自宅もご紹介。
後ろの古いお屋敷は次回紹介します。
0910taiboku

そして、この森のエピソードもぜひお孫さんたちに
話してあげてください。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »