« 忙しい主婦に | Main | 雨でも »

ナイアガラ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年9月6日(水)くもり、雨

早朝、アシカと山のぶどう畑2カ所で収穫。
家に持ち帰りパッキング。
午後4時ごろ発送。

「ナイアガラ/naiagara」
アメリカ、NY州のナイアガラで1872年に「コンコード」と
「キャサディ」を親として生まれました。
ラブルスカ種のぶどうです。
生食以外にジュースやワインの原料にもなります。
(井筒、五一ワインが有名ですね)
0906naiag
*写真は大粒ナイアガラ。
耐寒性に優れたぶどうなので産地は北海道、長野、
山形など北国。関東のデパートではよく見かけます。

高糖度で果肉柔らかく、多汁。美味しいぶどう
なんですが、皮が薄くて輸送に全く向きません。
そんなぶどうをなぜ作っているか?

それは素晴らしい香りをもっているからです。
ラブルスカ臭(フォックス臭)は持って帰る
車中が香り満載でハッピーな気分になれます。
冷蔵庫に入れておくと、一週間は冷蔵庫の
ドアを開けるのが楽しくなります。

もちろんそのまま食べても美味しいのですが、
Todokaw90トドのオススメは「フルーツティ」。
熱い紅茶に3〜4粒ほど放りこんで、
まず紅茶とナイアガラの香りを
楽しみます。
次にスプンでぶどうを潰し砂糖代わりの甘さと
酸味を楽しみ、最後に残ったぶどうを食べます。
三回楽しめるってワケです。

さぁ、関東にお住いの方「フルーツティ」を試して
みましょう。

トドのご近所にお住いの方は、まだ畑に少々残して
いますので、連絡してください。
さし上げます。


このナイアガラぶどう、わが家ではジャムにしています。
加工はとなり町の創作菓子の「織里音/オリオン」さん。
加工工程で熱を加えますので香りはかなり飛びますが、
わずかに残った香りと透明感が美しいジャムができます。
0906ame1
そのナイアガラを収穫して、オリオンさんに向かった途端、
雨が降り始め、

かなり降る中、峠を越えて
0906ame2
目的地の美星町も雨の中。

帰りには小降りになったので
短角牛の赤牛さんを撮影。
0906ushi1
彼らは・・・彼女らは雨なんか平気です。ふるさと岩手では
雪がふぶいても外で大丈夫らしいです。

0906ushi3
むかし、わが家でも農耕のため牛を買っていました。
黒いのを。だから牛になじみが無くはないけど、牛フンを
踏みたくないから、遠くから元気な姿を見るだけで
満足です。

放牧場を降りると玉川町。
0906tamagawa
右にある簡素な小屋はお堂。
向こうに見える住宅は昔はわら屋根だったろうけど、
農村の原風景ですね。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 忙しい主婦に | Main | 雨でも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 忙しい主婦に | Main | 雨でも »