« 軒下バル | Main | 枯葉のプレゼント »

わが家には柿がなかった

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年4月30日(日)晴れ

早朝、山のぶどう畑カンパラで雨除けのフィルム張り。

甘柿の「太秋」の花。葉っぱと同じ色なので
同化して見えるので気づく人もいません。
0429kaki
昔、わが家ではなぜか甘柿が育たなくて、富有柿を
何コも持ってかじりついている近所の子供たちが
うらやましくてしょうがなかった。
リベッンジ気分で小さな畑に1本だけ植えたのは
何年前だったろうか。
今では毎年美味しい実を付けてくれます。
とりあえず「柿」への飢餓感はなくなりました。

そんで、あまりに美味しいのに味をしめて山の畑にも
数本植えました。
まだ収量が少ないので限定されたお客様だけですが
大変満足していただいています。
減農薬無肥料放ったらかし栽培はやっぱり美味しい!

こちらはすももの「彩の姫」さん。
0429sainohim
「できたか、もうできたか」と心待ちしている友人が
いるくらい美味しいのですが、難点はアブラムシに
極端に弱い。今年も発生させてしまいました。
アブラムシが媒介するウィルスのせいでしょうか
チリチリになった葉っぱがそこここにあります。
早く復活して光合成に励んでもらわねばなりませぬ。

母の植えた「ぼたん」もうすぐ咲きそです。
0429botan
これからどうなるんだってくらいの色彩のカタマリが
バクハツしそうです。

道路工事の拡張時に畑の片隅に追いやられた
ブルーベリー。寒地のものに比べるともう一つ
味がうすくて放ったらかし状態。
0429blueberry
よく見ると美しい花や葉なのですが。


母をケアしてくれている介護施設の食堂の壁。
0429koibonori
普段の仕事だけでも大変なのに、こんな季節ごとの
飾り付けまでして雰囲気を盛り上げてくれます。
それにしても完成度が高い構成だ。


アシカの四コマ劇場は「出かける」。
0430残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

なんか
こんなこと
ばっか。
政治家って、人材不足すぎ。
そんだけ魅力的な仕事ではないって話かな。
高学歴とモラルは別か。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 軒下バル | Main | 枯葉のプレゼント »

Comments

 こんにちは!
この太秋の花は、雄花ですね。
富有柿と違い、太秋は木によって雄花がつきますね。

 私は、基本的に雄花はできるだけ取り除いております。
養分競合を少しでも抑えるために。

 また、雄花がついた枝は翌年以降も良い結果枝にはなりにくいため、場合によっては枝ごと切除しております。

 ただいま摘蕾の真っ最中なのですが、四つ溝柿には雌花、雄花とも多いため、かなり手間がかかります。音楽やらラジオを聴きながら頑張っております。

Posted by: ゼッペル | May 14, 2017 at 07:32 PM

あぁ、良かったさすがプロですね。
ジツはぶどうにかまけていて、柿の花をロクに
見たこともありませんでした。
柿の実ができてからも生理落下があるので
それを待って、かなり大きくなってから
間引いておりました。
山梨のぶどうの先生に「多すぎる花は減らしておいた
ほうがええよ」と言われ昨日上を向いた花を
いくつかとったところで小さな花を見つけて
これはなんだろうと思っていた次第。
こっちが雌花だったのですね。
今、花が咲いておりますが、咲き終わってから
雄花を取ればいいですか?
雄花、雌花どちらもずいぶん数があります。

Posted by: todo | May 15, 2017 at 02:49 AM

太秋の雄花の咲いた枝は、
①翌年以降、良い結果枝が出にくい
②翌年以降も雄花がつきやすい
ということで、うちでは枝ごと切除しています。

太秋柿には雄花の花粉は不要なため、早い分には構わないかと。

摘蕾は、開花前にできるだけ進めるようにしています。
質より早さを優先しています。取り残しもかなりあります。

花の数を減らしておけば、生理落果はほとんどありません。
うちでは最初から、一枝に一果です。
ご不安でしたら、20センチ以上の結果枝には二果残す、という具合になされたら。

それでも落ちるようでしたら、原因は他にあります(多分)。

ちなみに、うちでは試みに開心自然型と主幹型の両方で仕立てていますが、主幹型には雄花がつきませんでした。
“頂芽優勢性が顕著”という特質に合っているのかもしれません。

太秋柿については、まだわからないことだらけです。

まぁ、柿のことよりも、ちゃんと睡眠時間を確保してください。

Posted by: ゼッペル | May 15, 2017 at 08:28 PM

丁寧な解説ありがとうございました。
早速そのようにいたします。
助かりました。感謝!

Posted by: todo | May 16, 2017 at 04:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 軒下バル | Main | 枯葉のプレゼント »