« 蜂の巣は小さいうちに | Main | Bランチにトリッパ »

花があると

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年5月12日(金)晴れ

気がつけばわが家の芍薬は盛りを過ぎています。
ってことは350m上の山の畑カンパラの大家さんの
芍薬もそろそろのはず。
いや、もう遅いかもしれぬと駆けつけたら、まだツボミでした。
急いで草払い機にコードをセットしてぶんぶん。
0512shyaku2
下草を刈り飛ばしました。
大家さんは年に一度、この時期に咲く芍薬を楽しみにして
おられますので、ほんのささやかなお礼です。
0512shyaku1
今年は2本小さなツボミを刈り飛ばしてしまいました。
*数年前、刈り飛ばしてしまったツボミ3本を証拠隠滅に持って
 帰ろうとジョウロに入れて日陰に置いてたら、忘れて帰って
 しまい、夕方メールが届いて
「風流なお気遣いに感激しました」とあって赤面しました。


母が作っていた花たちの多くは今、姉が管理しています。
0512hana
頻繁に母の病室と病院の食堂を飾って
花好きの患者さんの目を楽しませています。
「ワタシもな、花が大好きなんじゃ」
「前はようけ作っとった」
「歩けんようになって、あの花たちは・・・」と
言いよどみながら花瓶の花を直します。
別の患者さんは車椅子から手を伸ばして
「この花はこっちの向きの方がええ」と
さらにレイアウトを直します。
みなさん失語症だったりで不自由ですが、花を見る時は
目の焦点が合うし、少し能弁になります。

早朝、山のぶどう畑バルキで雨除けフィルム張り。
0512balk1
あと少し。

午後、南となりの町で「道法式栽培」を実践している
SATUKIさんの園を訪ねる。
0512dohoryu2
結果枝は通常横に伸ばしますが、ここでは主枝に沿わせます。
植物は本来天を目指して成長している。だから枝も同じように
天に向かって育てればより強壮となり、自らのエチレン効果で
虫や病気を寄せ付けないと言う。
(ぶどうやつる性の植物は天というわけにはいかないので
 一方向を目指し伸ばします)
確かに「そら豆」では劇的に効果があった。
ぶどうではどうだろうか。
今すぐにウチでやればかなり複雑な構成になってしまう。
この園では2年かけてそのように仕立ています。

とりあえずシンプルな伸ばし直しの枝でトライしてみようか。

0512dohoryu3
見せてもらったお礼に参加者全員で花穂の整形を手伝う。
ブルーのシャツが道法さん。
 従来の果樹栽培は中庸もしくは弱い枝を選び結果枝とする。
 コントロールしやすい弱い木を使うやり方に異を唱え、
 強壮な木に育て、自らの植物ホルモンを最大限活用し、
 農薬に頼らぬ栽培方法を考案。各地で実践中。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 蜂の巣は小さいうちに | Main | Bランチにトリッパ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 蜂の巣は小さいうちに | Main | Bランチにトリッパ »