« 根付いた | Main | バベル見てきました »

初めてのメガネ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年4月26日(水)晴れ

初めてメガネを作りました。でも・・・

仕事がら目にはかなり気をつけてきたつもりです。
0.1mmの誤差も見分けることができ、先輩デザイナーが
途中でギブアップした断線をつなげることも容易にできました。
時は流れ・・・中年になっても眼鏡のお世話になることもなく本が
読め、このままモンゴルの遊牧民のように眼鏡いらずのまま老人に
と思っていたらコンピュータ時代に突入。
モニタではなんと表示倍率6400倍で見えます0.01mmでも簡単に
つなぎ合わせられます。実際にはもとっと低い倍率でも
コンピュータが意を汲んで自動的につないでくれます。

これでもう安心。いい時代になったなと思ったら、コンピュータの
画面を見る時間が多くなるにつれ、急速に視力が落ちたのでした。
はぁ〜、目がイイのが最大の武器だったのですが。

0407megane

最近、裸眼では資料を読みづらくなって、やむなく眼鏡を
作りました。手元の資料が読めて、モニタ画面も正確に
見たいと近々眼鏡ちゅうヤツを発注。
ところが
手元は驚くほどよく見えるのですが、モニタが見にくい。
そっかモニタとの距離をいい加減に伝えたからと反省。
画面が大きいせいもあってモニタは1mくらい離れて
見ています。

ところで、この眼鏡屋さん6ヶ月以内なら作り直しOKちう
救済措置があるのでした。良かったと再訪。
手元はええんじゃけど、モニタが見づらいのであります。
「どう使ってますか?」
ふつーにこうしてます。
「あっ、それです」
「モニタを見る時はレンズの上の方を使ってください」
はぁ?
「お年寄りが上目遣いに見ますよね、アレです」
そっかアレか
「冒険者たち」1967年 でリノ・バンチェラが整備していた
エンジンからちょっとだけ目を離し上目遣いにやってた。
年をとって眼鏡をかけることがあったらぜひやろうと
思っていたポーズだ。
アレやれば良かったのか。
20131120115229e95_2
 懐かしのリノバンチェラさん。
 あいにく眼鏡で上目遣いの写真はありませんでした。

そうそう「レンズの度はグラデーションになってます」と
言われてたじゃないか。忘れてた。あはは。
Todoyachimo眼鏡の使い方を再度教わって、
モニタとの距離を85cmと長めに設定
手元はよく見えるのだけど
目の負担が大きいようなので
少々弱めにしたレンズを再発注しました。


「冒険者たち」
同世代の方々懐かしいのでは。
142762932070175724178_pdvd_036_2015
エンジニア、パイロット、アーティストそれぞれの夢破れた三人組
(リノ・バンチェラ、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカス)が宝探しの
冒険に出かけます。

ジョアンナ・シムカスさま
Img_3_m

日本版は高倉健、勝新太郎、梶芽衣子。
タイトルは「宿無/やどなし」1974年。
友人と二人ワクワクで見に行って、肩を落として帰りました。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 根付いた | Main | バベル見てきました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 根付いた | Main | バベル見てきました »