« いかにも「復活」 | Main | 雨よけフィルム »

ギリギリで石灰硫黄合剤

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年4月19日(水)晴れ

久々に山のぶどう畑、まずは遠くのバルキ。
この時期の雑木林は点々とツツジ?が咲いています。
0419balk1
天気と気温、ぶどうの生育も見ながら、ここが限界と
デスクワークを中断して、2ヶ所の畑に石灰硫黄合剤を散布。

短梢剪定のぶどうは初期には枝がありませんから
こんな半月型の噴出口を使います。
0419ioh
3ヶ所から噴出される薬液の真ん中に主枝がくるようにして
畑を移動すれば、ほぼモレなくカバーできます。
石灰硫黄合剤を11倍濃度で150リットル。

強アルカリの薬剤に殺菌殺虫効果を期待します。
0419naiag
今にも展葉を始めそうな芽にかけるのは不安ですが、
結果大丈夫でした。少し硫黄の黄色に染まっています。
*例年はもう少し早めに散布します。
*天然素材の農薬なので有機農業でも使用OKです。

山の友人マスナリさんのぶどうの木(2本)にもついでに散布。
0419masunar
マスナリ畑の周囲はツツジが囲んでいました。


カンパラ畑はタンポポに囲まれていました。
0419tanpoko
う〜ん。予想はしていたけどモンダイです。
早急に刈らねばなりませぬ。
一般的に百姓が最も嫌う雑草です。
ふわふわ飛んであちこちで増えますからね。
花を付けてしまうと刈って、枯れても飛んでいきます。

自宅に帰って家のぶどう畑の草刈。
0419ohmach
乗用草刈機でぶんぶん20分ほど。
左手前に盛大に成長しているのはアーティチョークさん。


アシカの四コマ劇場は「そろそろ」。
0411残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

春だと
いうのに
いつまでも
寒くて、ダウンジャケットを仕舞ったり出したりです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« いかにも「復活」 | Main | 雨よけフィルム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いかにも「復活」 | Main | 雨よけフィルム »