« 芽を残す | Main | ぢゅうぎょういん »

アイデアが噴出

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年1月30日(月)くもり

朝、高梁の町を右に見て高梁川を遡上します。
0130asa
70km北東に走って、

津山のバイクショップ「パドック」さんで打ち合わせ。
0130paddock1
写真はトライク(三輪バイク)のカンナム。
カナダのボンバルディア社製です。

こちらは走る宝石の異名がまぶしいイタリアのNVアグスタ。
0130paddock2
どちらを向いても売るほどバイクがあるシアワセ感。
 いやいや、バイク業界は全盛時の1/10の売り上げになって
 かなりキビシイのですが、この店は健闘しています。
 スタッフの奮迅の努力とそれを支えるファンの力ですね。

おや、アグスタのハンドルにプロテクターが?
と思ったらフラッシャーとミラー(右端)でした。
0130paddock4
ミラーは走行時には広げるんですね。
イタリア人が得意げに乗っているシーンを
想像してみました。
トドが乗るには10cmほど足が足らないかな。残念。
・・・悔しいから昼飯はイタリアンだ。

トライクの座席の造形にも感動。
0130paddock3
この形状だとタンデム(二人乗り)のお尻がうまく
サポートできますな。後ろに乗ってみたい。
どんな景色が広がるのだろう。

そうそう、面白いもんを紹介しましょう。
Haitodo_s優れもんのストーブ「ほっとマン」くん。
本来は自動車やバイクの廃油(使用済みエンジンオイル)を
燃焼して処分するマシンなんですが、店の中でストーブ
として使われています。
0130paddock5

燃料代は?
「お客さんのバイクのオイル交換したもんなのでタダです」
廃油だと黒い煙が出るとかは?
「まったく問題ないです」
「送風機が付いているので完全燃焼してます」


そんで、そんでこっちも面白いです。
Haitodo_s横から簡単に積み込める納車用運送トラックです。
従来は後ろにバタをかけて手でバイクを押し上げるか、
車だと乗ったまま積み込んでいたのですが、
非力だとできないし、熟練の技が必要でした。
輸送業者が使っているパワーゲートは?
「あれ意外にパワーがなくて積めないんです」

「困った、どーして世ん中にないんじゃろ」
「じゃ作ろうか」
「で、こんなん作っちゃいました」
0130paddock6
「これなら800kgでも楽々積めてパワフルです」
「積み込みの時の道路占有面積が少なくてすみます。
「混んでいる街中での積み込みは結構大変なんですよ」

「1年前に完成してたんですけど、特許申請中で
 なかなか発表できなかったんだ」
すごいね
「でしょ、製作に協力してくれた市のスタッフも
 喜んでくれて、こんなパンフ作っちゃいました」
[MADE INTUYAMA]じゃないっすか。
「そうそう、地元の業者さんの協力でできました」

「その上ね、これ2トン車用なんだ」
Todokawa70つぅと?
「普通免許で乗れます」
「ホテルやパーキングでも停められます」
それが何か?
「長距離運送している大型トラックは
 泊まるところがないんですよ」
あっそれで高速道のサービスエリアじゃみんな
トラックの中で仮眠しているんですか。
「そう、このトラックならホテルのベットで
ゆっくり眠れるんです」とたっちゃん(オーナー)は
シアワセそうな顔でうなずいた。
さすが現場から生まれたアイデアです。
*この車両宅配便、緊急車両とか用途はいっぱいありそうです。


お〜い、トドさん一体何の打ち合わせだったんじゃ?
え〜っと、それはしばらくヒミツです。
とにかくここのスタッフはコアなユーザー向けとか
最大人口の高齢者には・・・とか
通常のバイクショップからハミ出たアイデアが何気に
繰り出されるので聞いているだけでも元気が出ます。


話し込んですっかり遅くなったランチは
久世の「イル・ターボロ (IL TAVOLO)」さん。
0130lunch3


美味しそうでしょ。
0130lunch
キノコ・モッツァレラ・トマトソースのピザ

店内はイタリアン音楽、窓の外はオリーブの木。
0130lunch2
その向こうは作州の田園と山。
おいしいピザが食べられれば文句はありません。

帰りに「かずんこ農園」さんで母のためにイチゴを
強奪し、夕方、アシカと母の食事を介助。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 芽を残す | Main | ぢゅうぎょういん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 芽を残す | Main | ぢゅうぎょういん »