« 奉納神楽 | Main | またやっちゃいました »

天神さまで くじ引き

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年10月16日(日) くもり

昨夜の奉納神楽に続いて、
本日の秋の大祭が終われば当番組の交代です。
新しい当番組の大当番(リーダー)、あいとう(相当?サブリーダ)の
選出と仕事の引き継ぎがあります。

1016tenjin
氏子を代表する方々と新旧の当番組が集まりました。

氏子は10組で構成されているので10年おきに当番がきます。
Kawaii100来期の当番10軒の中から2人を
選出する方法は「くじ引き」。
祝詞を終えた神主さんが
10本の白い こより を手に9人を呼び
寄せます。
(Kさんが調子を崩して今日は欠席でした)
緊張した9人がそれぞれ願いを込めて
引き始めます。
 大当番は誉でもあるし、積極的に
やりたいって方もいますが、
 できれば回避したい方の方が多いです。
 トドも昨夜はよく眠れませんでした。
さて、スリリングなくじ引きが始まりました。

前に座っていたオジさんたちがどんどん引いていきます。
確率は同じでも、たくさんの中から選びたいのは世の常。
わらわらと伸びた手に握られているのは全て白(ハズレ)。
ホッとした顔の中にわずかに残念さもうかがえます。
トドの番です。
「ヤスノリ君(本名)当たるぞ」の声を気にせず集中。
どう見ても ただの白いこより でホッと安心。
どよめきの中、残りは3本。
「最初の方に引いてこいってダンナに言われとったのに」と
お隣の奥様が緊張の面持ちで選びます。白。
神主さんの手に残っている こより はとうとう2本だけ。
「こんなこともあるのか」と神主さんもびっくり。
「そしたらこの2本どっちも当たりなんじゃ」
「どっちが大当たりなんじゃろ」と下の家の若奥様は
背筋を伸ばし毅然と手を伸ばします。
「大当たり〜」と神主さん。
「うん、ウチに頑張れちぅ、ことなんじゃね」と言う若奥様に
全員が拍手した。

「ところで、最後の1本は あいとう(サブリーダー) じゃけど
Kさん できるかな?」「坂上るんも つらそうじゃった」
「本人は残ったくじでええ言うとったけど」
さて、どうしたもんかと皆が顔を見合わせていると。
古老が手を挙げ「ワシがやろう」。
古老は先ほど大当たりを引いた若奥様の義理の父にあたる。
「ワシは10年前に大当番をやったから様子はわかっとる」
「若い二人(次男と嫁)を補助し、この行事をキチンと伝えたい」
「それがワシの役目じゃと思う」
その場にいた全員が大きな拍手を送った。

|

« 奉納神楽 | Main | またやっちゃいました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 奉納神楽 | Main | またやっちゃいました »