« 給水ホルダ | Main | コース選び »

スターウオーズまみれだった

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押せばトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年12月28日(月)晴れ

やっと行ってきました。「スターウオーズ {7] フォースの覚醒」。
1204sw
ルーカスがディズニーに会社ごと売っぱらったんで、
続編はお子様向けのスターウオーズになるんじゃないかと
心配していたのですが、杞憂でした。
つぅか、宇宙人博覧会のようなお遊びショットが少なくなって
ストーリーが追いやすくなった気がします。

とまれ、懐かしくてこのエピソード 7 を見る事が出来たって
コトだけで大感動。涙腺がゆるみっぱなしのトドです。
最初のシーンで、すでに込み上げるものがあり、
久々にハンソロとレイア姫に会え、それなりに老いた姿は
相憐れむかのような共感を覚え、
新ヒロインがルークにライトセーバーを渡すシーンでは
とうとう、嗚咽がもれてしまいました。

2017年 エピソード 8(予定)
2019年 エピソード 9(予定)
ものすごく楽しみです。

そんで、昔の話ですがね、
Kawaiiスターウオーズの第一作の
エピソード [4] の公開は
米国では1977年5月25日。
当時の映画は約1年遅れて
日本で公開されていたから、
1978年6月24日(先行)、
正式には7月1日が日本での
公開でした。

見たくて見たくてたまらなかったのに、その公開の数日前から
はずみでSF好きの友人2人と約1ヶ月サンフランシスコに
滞在することになったんですね。

日本中が待っている中で、自分たちだけが公開日に居ない。
まぁ、向こうで見るからいいやと強がって、野田昌宏大元帥閣下
翻訳のノベライズドを繰り返し読んで準備しました。
ところが、米国では公開から1年以上も経っていたので、
すでにどの劇場も上映は終わっていたのでした。
おいおい、ワシら3人だけ残して世界中が楽しんでいるなんて
許せんだろ。とあんまり悔しいんで、せめて片鱗でもと
LAのチャイニーズシアター前の足跡を見に行ったのでした。

0101c3por2d2
これがそん時の写真。
日本人観光客もいっぱいいて、思い思いの有名スターさんの
手形、足形に触ってうっとりしてたけど、日本では公開前だったので、
R2D2、C3POの足跡を見て頬ずりせんばかりに感動していたのは
我々三人だけでした。
*その後、シスコから1時間くらい郊外の小さな小屋にかかって
 いたのを新聞で発見して無事映画を見ることはできたのですが、
 細かな会話がわからず、劇場中をゲラゲラと笑いながら走り回る
 子供達に囲まれて、嫌ってぇほど敗北感を味わったのでした。
 三回も四回も読んで行ったのに。

*その時の友人アイバくんは帰国みやげに20分ほどの8mmフィルム
 を買ったので、何度もなんどもあちこちに行ってみんなで見ました。
 冒頭のあのシーンです。
 暗黒の宇宙空間を背景に延々と文字が現れ、彼方に消えていく、
 「A long time ago in a galaxy far, far away.... 」
 そして巨大な宇宙船が想像もできないほど長々と映し出される
 シーンです。スクリーン代わりの下宿のふすまに映し、カンドー
 して見ていたのでありました。


アシカのほのぼの四コマ劇場はスターウオーズへのオマージュ
「攻防」です。
1228残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

|

« 給水ホルダ | Main | コース選び »

Comments

お!懐かしい話を書いてくれて嬉しいぞ。早速、眠っていた映写機と8ミリフィルムを取り出してきたよ。その他懐かしの防衛軍スキー旅行などもあるみたい。映ると良いのだが。調べておくから今度、最後の上映会をやりましょう。

Posted by: アイバ | January 07, 2016 at 12:53 PM

上映会いいですね。
雰囲気を出すため「ふすま」を持っていきます。

Posted by: トド | January 07, 2016 at 01:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 給水ホルダ | Main | コース選び »