« 正月らしい | Main | ため池まで »

散歩すると

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押せばトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年1月3日(日)晴れ

ジツは5日提出の仕事があるので、デスクワーク。

昨日の日本酒がまだ抜け切れていないらしく、
「酒臭い」と非難されるので犬連れで散歩に出かける。

0103sanpo_2

我が集落の山っ際。先人が丹念に石垣を積んだ棚田に
感心させられる。
左手の奥に見えるのは農業用のため池、その先は山である。
近年は山に入る人もいないから、道もなくなって
いるのではないかな。

思ひ出した
ずっと登っていくと、コトリヤという名の池があるらしい。
・・・小学生の足だと3時間くらいだろうか?
Todoyachimo行ったことがあるような気もするが、
そんな気になっているだけなのか
記憶は定かではない。
年上の悪童が言うに
「そん池はなぁ、がいに大きゅうて
 引き込まれるようなきれいな青い色をしとる」
「せーで、ダレもおらんから静か〜なんじや」
「池をじっと見とったら声が聞こえてきての」
「どっからか、小ぃ〜せえ声で呼ぶんじゃ」
「そんでな、その声が聞こえても、ゼッテーふり返っちゃぁ
 おえんで」「帰ってこれんようになるけぇ」

ん〜、今書いていても怖い。小学生のワタシは行ってないな。
人一倍おんびん(穏便)さんじゃったもんなぁ。
悪童もセイレーンの話を元にワシをからかっただけじゃったん
だろな。


正月三日にもなれば、畑に出て軽い農作業をしている
オジもいる。
「あんた、山の上に畑を借りてぶどうを作っているそうななぁ」
はい、そうです。バルキとカンパラで借りてやってます。
「そうか、ここのたんぼもよかったら貸すぞ」
「6反ほどあるが」
あ、いや、ぶどうだけで手一杯ですから。
「そうか、この下の畑全部の面倒を見とったんじゃけど」
「どうにもならんから一部は太陽光発電にした」
「むかしはタバコの畑じゃった家の後ろは、ずいぶん前に
 山に返えってしもうた」
と無念さもなく淡々と山の雑木を振り返った。

村人とそんな話をしながらの散歩である。

|

« 正月らしい | Main | ため池まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 正月らしい | Main | ため池まで »