« 地紅茶まつり 前夜 | Main | 甘いのヘキエキ »

第4回 地紅茶まつり

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年11月1日(日)くもり

「地紅茶まつり」
9時から販売コーナー設営に行きます。

トドの最も年若い友人のワタくん(3才)とチチとハハ。
1101sasad_2
ワタくんは父と母を「チチ〜」「ハハ〜」と呼びます。
耳新しくなかなか可愛い呼びかけです。
そうそう、この一家と友人たちが今年はぶどうの袋掛けを
手伝ってくれました。

手前からウラタくんの「あぶり番茶」袋にはワイルドな
葉や茎がまんま入っていて、見かけによらず香り高く
美味しいお茶なんです。
1101uru_2
次が、トドとアシカのゼリージャム3種。
・香り良いナイアガラ ・ハニーな安芸クイン ・酸味を残したベリーA
今年もそれぞれ個性的な美味しいジャムができました。
*通販も始めました。アシカのブログをごらんください。

その奥はワタくん一家の「ここたろ」で熱いチャイ、スコーン、
揚げたてのサーターアンダギーの香りが寒さにふるえる
お腹にひびきます。編み物やソックスも。

ウラタくんはお茶の他にもサトウキビも栽培していて、
実物と昨日搾ったサトウキビ汁を展示していました。
幼少時にサトウキビをカジった世代はトドくらいまででしょうか。

1101kama
手前の鎌はサトウキビ刈り専用です。鋭い刃の上が
二股になっていて葉をこそぎ落とします。
サトウキビ刈りってなんとなく大鎌でやるように
思っていたら、根元の方は手斧の方が使いやすい
らしいです。
*自転車で全国を旅してきたウラタくんは沖縄の離島で
 数年にわたりサトウキビ刈りの経験があります。
 北海道から沖縄まで旅して高梁の山中の茶畑に着陸
 しました。今では地元で最も広大な茶畑を管理しています。


さて、地紅茶まつりです。
高梁紅茶さんを中心に商店街、高校生(3校)、市も応援する
産学民協同のイベントです。

今年はオープンカフェで6カ所の紅茶の飲み比べができます。
地元の女子高校生が産地やお茶の説明をしてくれます。
トドは「月ヶ瀬紅茶」に惹かれました。

1101tukigase
*この写真 さやかさん からお借りしました。ありがとう。

アーケードの下に大勢が集い「うれしの紅茶がやっぱ美味しい」
「いやいや、丸子紅茶が・・」など楽しそうな会話が聞こえてきます。

1101tea
高校生の作ったきのこも、毎年大人気で数分で完売。
お菓子(タルトやブッセ)も楽しみにしている人が多いです。

こちらは、飲んだ後の茶葉を再利用した「足湯」。
去年からやってます。
1101ashiyu1
ほこほこと暖かく殺菌作用もある?
冷めるので、どんどん継ぎ足して保温します。

地元ケーブルTVも大忙しです。
1101ashiyu2
2桶あって、男湯・女湯と分かれています。

各校のダンスチームや合唱団、吹奏楽団が入れ替わりで
路上ライブ。
1191kokosei
どの子も晴れ晴れと美しい表情でオジさんには
ちょっとマブしい。

別の場所では高校生の「お神楽」もあります。
1101kagura
このあたりでは、収穫が終わった頃、大人による(半分プロ)
お神楽が各地域の神社に奉納されますので「見巧者」も多く
演者が初々しく、上手だと大きな拍手が起こります。

高校生の後ろにあたり前のように武者装束の若武者がいて、
笑えます。
1101musya

ワタくんと一緒にドラえもんのブラバンを作るアシカ。
1101wata
*シャツは我が家のマリーゴールドを使ってワタくんのチチが
 染めてくれたもの。
 マフラーはトドの友人が昔、絹糸を染め、織ってくれたもの。
 友人たちが作ってくれたモノが身近にあるって嬉しいです。

|

« 地紅茶まつり 前夜 | Main | 甘いのヘキエキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地紅茶まつり 前夜 | Main | 甘いのヘキエキ »