« なぜ入らない? | Main | 標高100mの朝寝 »

ぶどう畑見学

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年9月27日(日)くもり

ビール、ぶどう酵母、食べること、昔のアイドル? を共通項とする
トモダチフジワラさんが生徒2人を連れてぶどう生産現場見学に
来られました。

自宅でピックアップしてもらって、まずはバルキ畑に。
畑手前のソバの花に歓声が挙がりました。
0927soba
生徒さんは韓国からの留学生。ずっと都市生活者なので
田舎の風景は何を見ても物珍しいようです。

日本の食事で食べられないモノはありますか?
「なんでもダイジョブです」
納豆  「好きです」 。
刺身 「お寿司大好物です」。
ホヤは無理だろ 「食べますよ〜」
へぇ ホヤ食べるんだぁ。 ワシは苦手だかん負けだな。
トドさん緯度を考えてください。日本海をはさんで北陸や
東北と同じ食材が採れるんですよ。とフジワラさん。

なんて食いモンの話をしているうちにバルキ畑。
藤稔、瀬戸ジャイアンツ、取り残しのハ二ービーナス、
ピオーネ、ゴルビー、黄玉、オリエンタルスターと
食べ歩きます。

下の3枚の生徒との写真はフジワラさんのブログからお借りしました。
12068903_885761134840637_5395867942
教え子と一緒に、ご機嫌な自撮り写真です。

ワタシたちは二人ともスシもヤキニクも大好きです。
 日韓であまり違わないの?
日本ヤキニクは肉ばかり食べます。韓国では野菜もいっぱい
食べます。包んだりして。でも、どっちのヤキニクも美味し。
だけど、タコの刺身は韓国の方が新鮮で美味しい。
 えっ、新鮮さが違う?
韓国のは口の中に吸い付くくらい新鮮です。
 そっそこまでで新鮮なのはないなぁ。
 で、吸い付かれて美味しいの?
美味しい! 美味しいです!

と日韓の食いもんを比較しながら「島木川」で昼飯。
0927lunch

メニューを見ながら ヒヤヤッコ何ですか?
冷たいトーフ、あースンドゥブの硬い、スクエアなんに
 お醤油かけたモンです。
 オジさん(トド)は時々総社のスンドゥブハウスに行きます。
 ハワイなんかだとまず小皿の漬物がいっぱい並んで
 楽しいですね。安いし、美味しい。

見てごらん。この海老の尻尾を、とフジワラさん。
ほら、ちゃんと始末してあるだろ。この店は手を抜かない
いいお店ですよ。
 なんて話をしながら完食。

食後はカンパラ畑に寄ってぶどうの乱れ食い。
小粒だけど甘い完熟シャルドネで準備体操、ブラックビートの
大粒に驚き、紫苑の若さを楽しみ、ピオーネを基準にし、
華やかな安芸クィーンの香りに歓声。変化球のナイアガラで
目をくらまし、最後はシャインマスカットで仕上げ。

昔、おバアちゃんががぶどうを作っていてよく食べました。
それよりも日本のぶどうは美味しいです。すっごく。
 バァちゃんのぶどうってどんなだった?
酸っぱかったです。
 香りはよかった?
すっごくいい香りでした。

12038972_885761064840644_5987684659

わがやに帰って、お茶とアシカの紅茶プリン。
家まわりのぶどうも。
12074877_885761244840626_5115929124
 で、さっき話していたバァちゃんのぶどうだけど、
 こんなだったかな。とベリーAを出すと。
早速、口に入れ、あーコレコレ。これです。
でも、これの方が、ず〜と甘いです。
 ゆっくり完熟まで待てばバァちゃんのぶどうも
 きっと、美味しかったと思うよ。

収穫末期に、思いがけず滑り込んだ楽しい時間でした。
フジワラさん生徒たち(名前が覚えらんなくてスマンです)
すっごく楽しかったです。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「猫じゃない」。
0927残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。


このマンガ
秀逸です
よね〜。

|

« なぜ入らない? | Main | 標高100mの朝寝 »

Comments

トドさん アシカさん
大変お世話になりました ありがとうございます
学生たちもたいへん喜んでおりますし
日本での いい思い出になったと思います・・

Posted by: ばくあんしゃ | October 10, 2015 at 05:39 PM

こちらこそ、大変楽しかったです。
時にはこうして直にお客様の食べる笑顔を
見るのも嬉しいです。
ストレートな反応はスリリングで
勉強になります。

Posted by: トド | October 11, 2015 at 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なぜ入らない? | Main | 標高100mの朝寝 »