« 迎え火 | Main | 盆おどり »

休みごとに

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年8月14日(金)晴れ

友人の家にぶどうのお届け。
もうすぐ夏休みが終わり、街に帰って行く孫娘たちを友人夫婦の
目がやさしく追っていく。
0814girls
トドも夏休み、冬休みごとにこの家を訪ねるのが楽しみです。


山のぶどう畑カンパラの大家さんは祖霊を迎える準備。
出迎えのお飾りのキュウリの馬とナスの牛。

0814sega

おや、ここのは目が付いていますね。初めて見ます。
「しっぽにはとうもろこしのヒゲを使うのだけど、
 ええのがなかったから、シュロのヒゲで代用した」
「元気のええ馬になった、あはは」

「意味はな
 キュウリの馬に乗って早く帰ってきてください」
 「天界(?)へのお帰りは(名残り惜しいので)ナスの牛に乗って
  ゆっくりお帰りくださ」・・・そこまでは聞いていたけれど、

そのミョウガの鶏はなんですか?
「あぁ、これは帰りのお土産です」
「ご先祖さまが牛に積んで、たくさん持って帰られます」
そっそうなのか?
でも、たくさん積むには、ちと牛が小さいような
「今の時期、畑にはこの小さいナスしかないんじゃ」
あぁ、そうですか。

0814sega1
して、その縄ばしごはなに? 初めて見るけど。
「これはな、ご先祖さまがこの台の上にもどられて、
 地上に降りる時に使いますのじゃ」

わが家より、より具体的なご先祖帰還のイメージを持って
おられるようであります。


トドの家の周辺ではあまり見かけませんが、山に住む人々の
家では時々「施餓鬼供養」を見かけます。
Todokawa70門先に、台を設けて
供物を備えます。

*死後に特に餓鬼道に堕ちた衆生のために
 食べ物を布施し、その霊を供養する儀礼。
(wiki)

もう少し穏やかな言い方では
お盆には還ってくる祖先の霊に供物を備えるのだけど、
同時に成仏できずに俗世をさまよう餓鬼にも、お供えを
施すこと。・・あまり穏やかでもないか。

まぁ、六道輪廻からスピンオフしてしまった「餓鬼」にも
施しをしようって仏教のやさしさなんかな、と思います。
そんな風習はどんどん廃れていきますが、より田舎では
かろうじて残っています。

|

« 迎え火 | Main | 盆おどり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 迎え火 | Main | 盆おどり »