« 夜の倉敷散歩 | Main | 怒濤の出張 »

「ロ」はロケットの「ロ」

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2014年10月2日(木)小雨、くもり、小雨

朝、来客にそなえ掃除をしていると、今は関東に住む
小学校時代からの友人から電話。
「帰ったんだけど、時間あるか?」と言う。
 ないけど、顔見に行くよ と町で唯一のホテルに向かう。
1002itasan
エレベータの扉が開き、板前さん然とした友人が現れた。
まぁ、そんなような仕事をしているからあたり前なんだけど。
彼と会うと2倍速の早さでコトバを探す。
お互い「アレを喰った」「コレを飲んだ」って伝えたい
話が山ほどあるんだ。
まぁ、高々食いモンの話なんだけど、それに終始する。

ホテルのレストランで、コーヒー2杯、1時間ほど話して、
帰ろうとすると土産物コーナーで懐かしい「さるせんべい」発見。
1002saruse
トドにとって「煎餅」とはこの甘くて、ポロポロ崩れる
「さるせんべい」こそが煎餅で、醤油味や辛くて堅いのは
「おかき」に分類している。今ではどちらもあまり食べない。
たっぷりメシを喰うので、間食するすき間はないのだ。


帰って掃除。12時に「真っ黒ネシア」から来た友人夫婦を
駅に迎える。
そんで、何、喰う? 町の洋食屋さんか、山の定食屋さんか?
「山の定食屋さんでたっぷり!」っと二人。

そんなワケで「にんにく豚カツ」。あくまで主役は「豚カツ」。
1002shimaki
「島木川」さんは、定食屋さん風ではありますが、そのジツ、
割烹なんです。安くて美味しいんです。

友人の家に寄りブランコをお借りして、お茶。
1002buranco
揺れるたびカラダがほぐれ、見上げる大樹の枝の上、広がる
空にゆっくりとココロが解き放たれる。半眼の眼は、自分が
小さな星の上で宇宙に対峙しているのを感じる。
さぁ、次のひと漕ぎで一気に宇宙に飛び出せる。
*5月、すべての窓を開き夏を招き入れ、7月には二人の
 少女が素足で芝生の海を駆け、9月の朝、少年たちは
 ブランコロケットで宇宙に飛び出し、11月の庭に小さな
 「太陽の金のリンゴ」が揺れ、再び窓は閉じられる。
 そっか、ここはブラッドベリ世界だったのか。
 やっと気付いた。


ぶどう畑2カ所で食べながら品種の説明、収穫。

家に帰り、お茶を飲み2時間ほど話して駅に送る。
1002hosino
トド母に王冠を授けられた南国女王。ネックウォーマとして
作られたモノなんだけど、アタマに載せれば「星の王子さま」。

この後、友人は尾道に泊まり、明日はしまなみ街道を堪能する
予定。

さて、こちらは明日の会議に向けて出張準備。
Haitodo_sまだ、整理しきれていないので、
たぶん朝までかかる・・・。
これ明日でなきゃ、ダメかな?
「ダメです」とアシカ。 あぁ、そですね。いぢわる!

|

« 夜の倉敷散歩 | Main | 怒濤の出張 »

Comments

いやいやいや、お世話になりました!
昨日、ようやっと帰宅。怒濤の2週間を主人と振り返っておりました。
そもそも、主人の休暇は4日だけだったんですけどね。ほほほ。
粗忽な客が忘れていった手鞠も送って下さって感謝!
さっそく、猫がけしていたずらできない場所に飾りました。
また、伺いたいね。春もいいだろうね。と夢は膨らみ続けておりまする~~

Posted by: ハツ | October 16, 2014 at 11:57 AM

こんにちは(^^)/ ハツさん
こちらこそ楽しかったです。
次は春ですね。了解です。

Posted by: トド | October 18, 2014 at 08:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夜の倉敷散歩 | Main | 怒濤の出張 »