« ソラクサンから小桜 | Main | おまけ »

ニラ行かない

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2013年10月31日(木)晴れ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
沖縄ダンガンツアー[4]10月27日 くもり、ちょい晴れ
朝食に選んだのは「エッグズベネディクト」。
1027eggsbenedict
米国ドラマ「犯罪予知ユニット」でこの朝食をすすめるシーンが
あって「そ言えば、食べたことなかった」とリクエスト。
トーストにポーチドエッグ、ベーコンその上にオランデーズソース
らしいのだけどここのはタルタルソース。
期待した美味しさではなかった。うむむ。

レンタカーを早めに返却して、友人に島の南を案内してもらう。
「どこか行きたい所は?」
「久高島見たいです」
1027kudaka
そんで、沖に浮かぶ細長く平たい島が久高島です。周囲8km、
本島からは高速艇で15分。
ここは、ココロ清らかなる者だけが上陸を許される琉球神話の
「聖地」なのであります。ニライカナイ(楽土/理想郷)に
通じているとも言われています。
トドどもが渡ろうとするとたちどころに群雲わきいで、驟雨と
なり高速艇もフェリーも出港取りやめとなるに決まっています。
とかつて知人に言われました。
同行の友人も「そうなのよ、不浄なるタマシイの持ち主である
ワタシたちも試みればすなわちイカズチに打たれて滅ぶであろ
ふっ」て言われているのよね。
そんなワケでツルカメツルカメと遥拝するにとどめました。

沖縄の海に触れもせで帰るのが常なのですが、たまにはベーチに
降りてみましょう。
1027beach
遠浅の海、いわゆる海水浴場です。
あっポニョだ! いやニモだ! カメだ!
1027nimo1027kame
カワイイのでパチリ。

お昼は自然食の店「山の茶屋」に案内してくれました。
1027yama
エントランスはヤマトのような切り石の石垣です。
石灰岩の岩山に組み込まれた家はオーナーの手作り。
1027yamano
まずはオリオンビールをひとくち。
1027yamano1
あっ、これが↑不浄なるタマシイの元凶かもしれない!
まぁしょうがないやね、沖縄だもの。(いいわけにもならんぞ)
1027yamano2
地元の野菜を使った昔からの沖縄料理「さちばる定食」です。
長岡式酵素玄米/ゆし豆腐/季節の野菜天ぷら/ジーマーミー豆腐
/切干大根の煮物/葉野菜の和え物/海ぶどう/漬物/ドリンク
1027yamano3_2
ゴーヤと田芋がおいしい。ナーベラ(ヘチマ)も久しぶり。

さて、食後は・・・
1027tenku1
上に上がる道があったので、腹ごなしに登ります。
1027tenku3
足を止めふり返り、群舞する蝶を追ったり、樹齢200年の大木に
話しかけたりとのんびり。
ベンチや作りかけの小屋があったり
1027tenku2
作りかけの小屋の近くで物音がして
「ほら、キジムナー(ガジュマルの古木の精霊)がいるよ」
タマシイの濁ったワシラには決して見えぬはずだぜぇ。
じゃ、日曜なのに一人で作業している人かぁ。
など言いつつたどりついたのが「天空の茶屋」でした。
1027tenku4
そっか、ここが最上部かと景色を見渡していると、先ほどの
キジムナーが汗をふきふき現れ「こんにちは」。
1027shnkich
話してみると作業員ではなくこちらのオーナーさんでした。
元建設業を営み、早期にリタイア。こつこつと海の茶屋、山の茶屋、
天空の茶屋と三つのカフェを作り。今は自然栽培で樹木の手入れを
するのが最大の楽しみなのだそうです。
あまりに楽しい話だったので半時間ほど立ち話。
「また今度、ゆっくりお茶でも」と言われたのですが、その手は
泡盛の猪口を持つ仕草でした。 再訪せねば!

日曜日の空港まではちょっと混んでました。トドは寝てたけど。
名残惜しく友人夫婦に手を振り、涙を拭いて「A&W/エンダー」の
「メルティリッチバーガー」をひとくち食べたところで OH !
「いけん、あの車にカメラ忘れたわ」。
「送っといて」と電話。
ハンバーガーを食べ終えたころUターンしてくれた友人から無事
カメラを受け取って・・・
たっ食べた気がしなかった(自分が悪いんじゃけどね)と
空港の隅にある(結構穴場です)食堂へ。
1027airpote
シメはやっぱり「沖縄すば」、昼メシ抜きで調整中だったアシカは
「ゴーヤチャンプル定食」。どちらも美味しかった〜。

久しぶりの沖縄、忙しかったけど会いたい人に会えて大満足でした。
みんなありがと。
血中沖縄度が薄くならないうちにまた来ようっと!

|

« ソラクサンから小桜 | Main | おまけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソラクサンから小桜 | Main | おまけ »