« それに比べりゃ楽勝 | Main | すばらしい日々 »

愛と感謝をこめて

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2013年6月22日(土)雨が上がり、晴れ間
市内のショーエイさんから依頼されたパンフとチケットが刷りあがり
ました。さっそく納品。
0622torasa
2013年4月、国産唯一のフィルムメーカー「富士フィルム」は映画用
フィルムの生産をやめました。以後、ほとんどの映画はデジタル機器
で制作、上映されることになります。
繊細な表現や制作上の「勢い」ではフィルムの方が勝っているとの
声は根強くありますが、利便性とコストの前には・・・。

かつて、わが町の映画館のオーナーの一人であったショーエイ氏は
消え行く「フィルム」に愛を「アナログ映写機」に感謝をこめて
「フィルムとアナログ映写機による最後の映画会」の企画を立て、
そのお手伝いをしました。
もちろんデザイン料はちゃんといただくのですが、地元で、楽しい
イベントのお役に立てたのが嬉しいです。
おっと、上映作品は
★男はつらいよ(8)「寅次郎 恋歌」池内淳子
★男はつらいよ(32)「口笛を吹く 寅次郎」竹下景子
どちらもわが町高梁でロケが行われた映画です。
上映は 9月15日(日)高梁総合文化会館 で行われます。
入場は無料ですが、チケットを手に入れるにはショーエイさんに
アクセスしてください。


早朝から、午後もアシカと山のぶどう畑カンパラに出勤。
畑はキリに包まれていました。
0622kanpaasa
アシカは花穂の整形、トドは混み合った枝の整理。
スタートはちょっと寒かったのですが、日が出ると、とても長靴
なんか履いていられなくて、上もTシャツ1枚。
0622sora
そして忘れちゃいけない、日焼け止め。
遠くの運動公園では野球大会をやっているらしく、一日中声援の
波が大きく、小さく聞こえて楽しそうでした。

|

« それに比べりゃ楽勝 | Main | すばらしい日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« それに比べりゃ楽勝 | Main | すばらしい日々 »