« カラシ菜 | Main | とうさんはね »

父のこと

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2013年1月7日(月)晴れ
昼、天気がいいからリハビリに散歩でもしようかと母に声をかけると
「父の月命日だから墓参りをする」と言う。

わが家の墓地までは60mほど。ゆるい坂道を杖を頼りに足を運ぶ。
お隣さんの庭を見ながらゆっくり、スモモ畑に目をやり足を止め
ひと息。風が吹かなければ暖かい日であります。
墓参りもしたことだし、今日は父のことでも。

アシカが嫁にきた時、トド父はすでに高齢でイラスト(アシカ作)
の如く飄々と仙人の域に達しかけておりました。
人間、斯くの如く年をとりたいもんです。

Hohohトドがぶどう百姓もやろうと思い
ついたのは、父が「畑仕事は
もうやめる」って言い出した頃。
従ってぶどうの作り方は直接父に
教わったワケではありません。
時々アドバイスを聞いたくらい。
だいたい仕立て方も違っていま
したから。それでも聞けば具体
的な技法や考え方を嬉しそうに
教えてくれました。

父は国鉄職員をしながら40年ほどぶどうを作っていました。
どのぶどうが一番印象に残っているの? と聞いたら
即座に「ピオーネ」
「あれは甘くて、大きゅうてエエぶどうじゃった」と
大きく笑いました。
この答えは意外でした。キャンベル、ベリーA、ネオマスカット、
モルゲンシェーン、甲斐路、ヒムロッド、紅伊豆、安芸クィーン、
オリンピア、まだまだ他にも多種作っていましたが「ピオーネ」か。

Haitodo_s現在、このあたりのぶどう畑のほとんどはピオーネです。
それに反発してワタシは「誰でも植えているピオーネなんか
イヤだ」と思ったのですが、父の時代、ピオーネは最新鋭の
品種で、ごくわずかな園でしか栽培していなかったんですね。
従来のぶどうよりも育てやすく、パリッとして巨大な粒で充分すぎる
ほどの甘さ。収穫した時によっぽど感激したんでしょうね。

この話以降「ピオーネ」にも充分に愛情を注ぐようになりました。
何もピオーネが悪いわけじゃない。たまたまこの地方じゃ、みんな
が作っているだけなんだと。

それにしてもこのあたりじゃ「ピオーネ」は「ぶどう」の代名詞
なんです。
「百姓やってるんだって?」
はい。ぶどうを作っています。
「あぁ、ピオーネを作っているんだ」とわざわざ言い直されます。
いぇ、ピオーネも作っているんですよ。
ほとんどのヒトが怪訝そうに首をかしげます。
*長い間、農協さんがピオーネ以外のぶどうを扱ってくれなかった
 のが原因ですね。

|

« カラシ菜 | Main | とうさんはね »

Comments

 素敵なお父上だったのですね。心温まる良いお話です。
 
一方、私の父はいくつになっても“飄々と”の域には達しません。
 ほんと、若い頃と変わりません。どこか悪いんじゃないか、というくらい元気です。今年七巡めの年男です。
 
因みに私と、息子も年男です。
「一家に巳年が三人いると蔵が建つ」と言うそうですが
その気配は全くありません(笑)。

Posted by: ゼッペル | January 11, 2013 at 09:25 PM

こんにちは(^^)/ ゼッペルさん
あれま、アシカも巳年ですぜ。
うちも蔵の改装くらいできるかな?

Posted by: トド | January 11, 2013 at 11:28 PM

 89の叔母と85の叔父を招待しての我が家での食事会。オヤジは63でもうおりませんが、彼らがお里で言いたい放題。甥っ子(小生)に叱られながら・・・。いい時代を生きてきた、先輩には、またやろか。サイナラでした。

Posted by: タドちゃん | January 12, 2013 at 10:46 PM

こんにちは(^^)/ タドちゃん
楽しそうな会ですね。
土佐弁が部屋の中を飛び交うさま見たいもんです。

Posted by: トド | January 13, 2013 at 09:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カラシ菜 | Main | とうさんはね »