« 明日から「地紅茶まつり」 | Main | 地紅茶まつり[2日目] »

地紅茶まつり[1日目]

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます、応援クリックをよろしく!
2012年11月23日(金)雨、くもり
午前、山の畑カンパラにライ麦とフェアリーベッチの種を蒔き、
その上にバラバラとバーク堆肥も投入。
午後、「地紅茶まつり」。
「第11回全国地紅茶サミット」でもあるのだけど、朝方の雨のせいか
外にのぼりも出ていなくて、思ったより簡素なイベントの入り口でした。
1124tea
でも会場に入ると熱〜い紅茶が待っています。地紅茶カフェのチケット
500円を買うと10種類の「聞き茶」ができます。
各社のパンフや試飲用の小袋をいただいたり、地紅茶の雄「丸子紅茶」
や地元勝山の在来種(山茶)の紅茶を買ってみました。

14時からのシンポジュームに参加。ここに生産者の熱いタマシイが
集結していました。
パネルディスカッションではサンデル教授並みに仕切りの上手い
アカスさんに見とれてしまいました。演壇の上を自在に動きながら
パネラーの意見をリード、わかりやすく要約し会場全体を引っぱっ
ていきます。そのさま実に楽しく素晴らしいショーを見ているよう
でした。
続いて紅茶界のスーパースター「イソブチ氏」の講演。軽妙洒脱な
語りに多くの女性ファンの視線が可視できるようでした。

18時からホテルでの「懇親会」にも参加。70人以上の地紅茶に
関わる人が集まり、まずは紅茶で乾杯。
料理と酒を手に手にあちこちで熱〜ぃ会話が始まります。
名刺や試飲用サンプルが乱れ飛びます。
「どーしても今、自分の紅茶を目の前で飲んで欲しい」ヒトは自分
で紅茶を入れて注ぎ歩きます。
ビールと同じくらいの量の紅茶が飲まれたのではないかなぁ。
途中、「踊りフレンズ(いるんです)」が登場して松山踊り/盆踊りを
披露。別バージョンのアップテンポな踊り「やとさ」では地元スタッフ
にお客さんも巻き込んでやんやの喝采をあびながら練り歩きました。

トドも踊りの輪の中に居たので写真はありません。ホントはバッテリー
切れだったので。

1123tokud
おっと、このイベントの首謀者の一人「統合作戦本部議長」が写真を
乗っけていましたので拝借しま〜す。ありがと!

間合いを見て、この地紅茶サミットの生みの親のフジワラ氏と
イソブチ氏に挨拶。お二方とも今回のシンボルイラストを誉め
大絶賛してくださいました。
「うれしくてチラシをずっと見てたんだよ」
「これこそ地デザインだね」はサンデルアカス氏の弁。
惜しむらくはイラストを描いたアシカが風邪で出席できず、直接に
賛辞を聞けなかったこと。

|

« 明日から「地紅茶まつり」 | Main | 地紅茶まつり[2日目] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日から「地紅茶まつり」 | Main | 地紅茶まつり[2日目] »