« 地紅茶まつり[1日目] | Main | 凱旋 »

地紅茶まつり[2日目]

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます、応援クリックをよろしく!
2012年11月24日(土)くもり、パラリの雨
特別仕立の「地紅茶まつり電車」が9:20に備中高梁駅に到着。
1124densya
電車の先頭にはシンボルイラスト(直径70cm)が誇らしげに掲げ
られています・・・ホントはもすこし大きくしたかった。

こんな感じで↓高梁高校コーラス部に出迎えられたようです。右端に
「のぼり」が見えます。今まで、のぼりをデザインしたことがなかっ
たので、カタチになるとうれし!
1124youkoso
城下町なので甲冑姿の武士が現れ80人のお客様を会場までどっちが
先導するかを争ってファイトしたようです。も〜楽しそう!
*詳しくは統合作戦本部会議議長のブログを読んでください。
1124show
以上3点の写真は乗客のトド弟が撮ったものです。
トド弟のレポートもご覧ください。

さて、トドは会場でいつもお世話になっているフジーさんご夫妻と
バッタリ遭遇。すぐさま「やあやあ、備中牛バーガー食べましょうか」
って話になって立ち食い。備中牛美味しいです!
1124beefbarg
ボケボケ写真ですみません。↑手前の怪しげなのがバーガーです。
こうしたイベントの時にしか食べられません。500円。
この日は100食だけの用意なので、あっという間に売り切れた
のではないかな。
会場の入り口で「紅茶カフェチケット/500円」を買えば9種の紅茶
が飲めます。他にも試飲しているメーカーもいくつかありました。
1124tumami
お茶受けはこの町の「授産センター特性の紅茶サブレ」(パッケージ
のシールはアシカのイラストです)、ピオーネの干しぶどう、柚子餅、
黒大豆のお菓子。

本日のメインイベントは紅茶界のスーパースター イソブチ氏の講演会
です。軽妙な語り口はイギリスに飛び、東インド会社の傭兵たちと舟で
アッサムに渡ったかと思うとミャンマー山中の族長と握手し、中近東の
砂漠をラクダの隊商となって、気がつけばハンバーガショップで紅茶の
ティスティングをしているという、時間と空間を一緒に飛び越え駆け
まわっていました。あぁ〜楽しぃ。
1124isobuchi
イソブチさんのお話は美味しい紅茶をいただいた時のように元気になれ
ます。
講演を終わって3階からホールを見下ろせば、今しも備中神楽が始まって
いました。魔を祓う「猿田彦舞」でしょうか。
1124kagura1
「紅茶に伝統芸能デスカ?」 と言われそうですが、お神楽の演目の中
に酒造りの神様「松尾明神」さまがおられ、酒と紅茶の醗酵つながりっ
てことでいいのだと我らが「統合作戦本部会議議長の強弁」があります。
まぁ、そこまで言わなくても「地紅茶」ですから良しとしましょう。
1124kagura2
 お神楽は収穫終わった秋にあちこちの村の神社で奉納されます。
 社(劇団)もたくさんあって、探せば深秋の毎週末見られます。

Haitodo_sお神楽の後にはクラシックのミニコンサートが始まり、
ゆったりとした時間と、イベントが終わるまぎわの
少しの気だるさが混ざって、最後の紅茶を飲んでいる
人たちの姿がとっても優雅に見えました。
アシカと3階から見下ろしながら「これ、おだやかでいいイベント
だったよね」「いいもん手伝わせてもらったなぁ」と満足。

*「かずんこ農園」さんのレポートもぜひご覧ください。

|

« 地紅茶まつり[1日目] | Main | 凱旋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地紅茶まつり[1日目] | Main | 凱旋 »