« 夫婦の危機を | Main | キラリと見える »

一軒の本屋さんがあれば

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがとってもヨロコビます。
に参加してます、応援クリックをよろしく!

2012年7月28日(土)くもり、雨
早朝、アシカは空港に向かった。仕事を兼ねた里帰り。
昼ごろには新宿の紀伊国屋で書棚の間を歩き回り書籍シャワーを堪能
したらしい。
ちょっとうらやましい気もするが、トドが最も好きな本屋だった神田
の書泉グランデが今じゃゲームとエロ本とプロレス専門店になってい
てショックだったのがまだ尾を引いていて、書店巡りと聞いてもそれ
ほどココロ喜ばない。
Haitodo_s吉祥寺での会社員時代はアイデア探しと気分転換に、
一日数軒の本屋を歩き本の乱れを直し、お客さんに
聞かれればその本の場所まで案内・・していたのに。

20年前くらいから経営規模の小さな本屋はなくなりつづけ、よほど
大きな書店でなければ生き残れない時代のようだけれど、最も無く
なって欲しくない職業です。コンビニで充分てヒトも多いけど、
みんな、雑誌でも本屋さんで買おうね。

敬愛する、某大学のデザイン科学部長が、むかし・・
「キミね、どんな田舎でも美味しい店が二軒あれば、そこは住む価値
 のある町なんだよ」と言いながらごちそうしてくれました。
(一軒だけだと、どうしてもアキてしまうのだそうです)
トドはそれに「一軒の本屋さんがあれば」を付け加えよう。

午前、デスクワーク。
午後、山のぶどう畑で枝の整理。カンパラ→バルキ。
0728balk
夕方、雷と雨にて逃げ帰る。

|

« 夫婦の危機を | Main | キラリと見える »

Comments

紀伊國屋の劇場の入り口とか変わってなくてよかったよー
また良い芝居みてみたいね。

Posted by: アシカ | July 29, 2012 at 07:22 PM

紀伊国屋劇場は思い出満載で最も懐かしい場所です。
わくわくしながらみんなで通いましたね。

Posted by: トド | July 29, 2012 at 09:03 PM

 書泉グランデ!
 初めて入ったとき、とても感激しました。数回しか入ったことがありませんが、そこで買った本は今でも宝物です。…もう二十年以上も昔の思い出ですが。
 田舎にいて不便を感じたことはほとんどありませんが、本屋さんと美術館が少ないことにさびしく思うときがあります。

Posted by: ゼッペル | July 29, 2012 at 09:31 PM

こんにちは(^^)/ ゼッペルさん
全く同じです。ドコでも買える同じ本なのですが
書泉グランデで買いたくてわざわざ神田まで出かけました。
電車賃をプラスしても行きたい本屋さんてあったんです。
そのころはバッグを持つ習慣がなかったので
前に抱えた本の包みがベルトのバックルに当たって
どのTシャツもへその上に穴があいていました。
時間をかけて選んだ本とアパートに帰るのが嬉しかった。

Posted by: トド | July 29, 2012 at 09:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夫婦の危機を | Main | キラリと見える »