« 小雪舞う | Main | お湯の中で »

田辺さんのバナナ

↓このポチッが世界を救う! いいえ、押せばトドがとってもヨロコビます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをよろしく!

2012年3月13日(火)晴れ
バナナに対する「あこがれ」のようなものはない。ただ、晩年の父が
好きだったので、今も時々買い物かごに入れてしまう。
先日、近所のコンビニで1本売りのバナナを見かけ手に取った。
0313banana
南米エクアドルで日本人が作っている! 何でまたそんなところで?
朝食後、1/3づつ食べてみた。粒子がなめらかで、糖度も高く自然な
甘さである。う〜ん、これは・・オイシイ。
検索してみるとエクアドルは世界最大のバナナ輸出国で、田辺農園
標高300mにあり、有機質肥料を使った「自然循環型農法」だそうで
す。う〜ん、これは行ってみないといかん。でも、ちょっと遠すぎ!
*偶然ネットで再開した田辺さんの友人のブログもちょっとカンドー。

実は、トドの敬愛するぶどうの師匠小川孝郎さまも、毎年オフにタイ国
に出かけて無農薬バナナの栽培指導に行っています。
 センセ、バナナの栽培までナゼ知ってるんですか? と以前聞いたら
 「ふん、基本はどれも同じ」と短く答えられました。
タイのバナナは大手資本・商社の注目される存在でなかった事が、特に
ホムトンバナナ生産者が農薬や化学肥料に頼らない独自の道を進むこと
になったようです。
我が師のタイ ホムトンバナナ紀行をご覧ください。
*タイバナナも食べてみたいのだけどこのあたりでは見かけないです。

午前、デスクワーク。
午後、山のぶどう畑バルキで作業。

|

« 小雪舞う | Main | お湯の中で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小雪舞う | Main | お湯の中で »