« 例のナニ要る? | Main | 芋煮をしてみました »

ライスインク

↓このポチッが世界を救う! いいえ、押せばトドがとってもヨロコビます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをよろしく!

2011年11月22日(火)晴れ
数日前の新聞に東洋インキさんから新しい印刷用インキの記事が載って
ました。米ヌカを原料としたインキです。
Kome左のマークはYOSHIDA
Corporation
さんから
お借りしました。
米ぬか油を搾油した
あとの脱脂ぬかは、
産地の飼料メーカー
により家畜飼料として
再利用されるので、地産・地消による産業経済循環サイクルが形成され、
持続可能社会の実現に大きく貢献 ・・とあります。

メリットは原料がほぼ国産ですから輸送のコストが格段に小さくなること。
また、石油系のインキに比べ大気汚染原因物質が発生しない。
大豆を原料としたインキに比べ地球規模の食糧不足を緩和。
などが考えられます。

わが家では完全発酵させた米ヌカをぶどう畑に利用する他はタケノコの
アク取りくらいにしか使っていませんが、こうした半ば不用のものの
利用を考え付くっていいですね。
東洋インキさんはこれで「2011年度グッドデザイン賞特別賞」と
「第8回エコプロダクツ大賞優秀賞」を受賞しました。

20100818soyink0120100818soyink02
左が石油インキの代替えとして「環境にやさしい」のふれこみで、この
ところ使われている大豆インキ(ソイインキ)。北米で大量生産して
いる大豆の利用法として考え出された米国の国策の面もありました。
このマークの管理者はアメリカ大豆協会なんですが「組織変更のため」
と言う理由で使用許諾契約業務を9月末日にて終了したようです。
・・・知らなかった!

で、右はそれに代わる? 日本の印刷インキ工業連合会が制定した
「植物油インキマーク」(ベジタブルオイルインキマーク)。
ソイインキもライスインキもすべて含まれる・・でしょうなぁ。
トドはいっちゃん上のライスマークの方がいいなぁ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午前、デスクワーク。
午後、家まわりの片付け。15年前、引っ越す時にパッキングして以来
開けたことのない本(半分はマンガ)の詰まった箱を母屋に運ぶ。
「15年間開けてないなら捨てれば」と冷たい声が聞こえてきそうだけど
とても捨てられない。SFとミステリに費やした貴重な時間が詰まって
いるのだ。
デザイン・農業関係の書籍雑誌はいつでも手に取れる場所を仕事部屋に
確保しています。

|

« 例のナニ要る? | Main | 芋煮をしてみました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 例のナニ要る? | Main | 芋煮をしてみました »