« エネルギーを房に | Main | ずぶ濡れ »

ぶどうにとっても

↓このポチッが世界を救う! いいえ、押せばトドがとっても喜びます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2011年6月30日(木)晴れ
あまりに汚れたスニーカーを履いているのを見かねたアシカからのプレゼン
ト。
0630nb
会社員時代のトドは一年のほとんどをスニーカーとラガーシャツで過ごし
ておりました。そのころからの在庫は次々に着倒し、履きつぶしてしまい、
かといって、ショップで見るデザインは妙にゴチャゴチャとして子供っ
ぽく買う気になれず、どうしたもんかと思っていたので嬉しいです。

早朝、自宅まわりの畑にカボチャ苗を定植。ぶどう畑に発酵済みの米ヌカ
を撒き、防風ネットをたくし上げる。
たった1時間半ほどの作業なんだけど、いつでも出来るからと後回しに
しててなかなか出来なかったんです。
防風ネットを上げると、朝の爽やかな空気が棚下にスイと流れ込んできま
す。段々畑なので風の通りを邪魔している上段の草も刈ってやらなければ
ならないですね。早急に。

午前、山のぶどう畑バルキに上がり、枝の管理。副梢と巻きヅルを除去し
エネルギーを「房」に集中してもらうのだ。交差した枝は光合成しやすい
ように平行にしてバインディング。天空を見上げたままの作業なんで、
かなり頸椎に負担がかかっています。まぁ、あと少しなんで大丈夫でしょ
う。

午後、家まわりの畑で草刈り。空気がうまく流れれば病気も少なくなるっ
てもんです。「人間に取って気持ちの良い畑はぶどうにとっても気持ち
イイはず」の思いを込めて作業。


【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

|

« エネルギーを房に | Main | ずぶ濡れ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エネルギーを房に | Main | ずぶ濡れ »