« 凹んだ顔を見に | Main | TEXASさん »

殺菌剤

↓このポチッが世界を救う! いいえ、押せばトドがとっても喜びます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2011年7月3日(日)くもり、小雨
朝、ポケットに市販のぶどうパン2ヶを入れて山のぶどう畑バルキに出勤。
ピオーネを中心に枝の管理。
夕方、欧州系のぶどうの一部にウドン粉病が発生しているのを発見。枝を
切り詰め、畑の周囲の草を極力刈り取り空気の流れを良くする。
出来るだけ早く重曹系の殺菌剤で対処したいところだけど、明日は雨予定。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

|

« 凹んだ顔を見に | Main | TEXASさん »

Comments

重曹系の殺菌剤はどこでしいれるのですか?木酢液なんかもまいてるようですがその場合化学農薬の回数を半分に減らせるんでしょうか?効果は?ただ今新見でピオーネ2年目ですができれば減農薬したいんですが病気になって収量が落ちるのも心配なんで…
アドバイスおねがいします!

Posted by: ともこ | July 08, 2011 at 10:39 PM

こんにちは(^^)/  ともこさん
去年まで「重曹」そのものを使っていたのですが
直に顆粒にかけると、時々薬害が見られ困っていました。

薬害を防ぐため炭酸水素ナトリウムと近い炭酸水素カリウム
を使用し、それをマイクロカプセル技術で改良したのが
「カリグリーン」です。以下参照。

http://www7.plala.or.jp/organicrose/lowtoxic.htm
http://www.iskweb.co.jp/ibj/Products/KRG.htm
http://www.greenjapan.co.jp/karigrin_s.htm

家庭菜園用の少量ならアマゾンや楽天でも入手できるようですが
農協さんで買えます。

成分は医薬・食品の原料ですから低農薬栽培者にとっては
うれしいのですが、ぶどうに使う場合の「登録」については
調べていませんので、共同出荷する方は指導員さんに
相談してください。
*アメリカではぶどうに大量に使われていると何かで
 読みました。

ウチは殺虫剤の使用はスリップスと袋掛け前の2回のみです。
場合に応じてもう1回あるかないか?
殺菌剤も2回程度。
使用時に竹酢液などを混ぜることで農薬の濃度を下げて
おります。昨年は50%でトライしてみましたが、さすがに
薄すぎたようで葉マキ虫などに応じきれず、今年は80~90%
濃度にもどしています。

わが園は100%個人売りなので見かけよりも、「安全で美味しい」
ってことで納得してもらっていますが、
贈答用を共同出荷する場合には、少しずつ減農薬に
移行される方が安全です。

シーズン中15、6回の農薬の代わりに忌避剤を散布しています。
(散布時に完全防備しなくて良いのがうれしいです)
木酢液、竹酢液、酢、等々 すべて酸性なので
「カリグリーン」(弱アルカリ性)と混ぜられないのが
メンドウですが、毎年悩まされる「ウドン粉病」に有効の
ようなので期待しています。
*忌避剤は右にリンクしている「サンジェットアイ」さんの
 商品と手作りのモノを併用しています。

Posted by: トド | July 09, 2011 at 03:09 AM

暑いですね~。お元気ですか?

昨年は私がお勧めした重曹で薬害があったようですいませんでした。うちでは3~4年前から重曹を1000倍で玄米アミノ酸やアドマイヤー顆粒、ストロビーDFなんかと混用散布してますが今のとこ薬害は観たことないのですが・・・。

重曹は以前どっかの試験場のマイナー作物での試験で単用だと薬害が発生することがあり展着剤を加えると薬害が減るというのを見たことがあります。展着剤の種類によっても異なりました。そのへんを研究してでできたのが重曹系農薬のハーモメイトで薬害は少なのでしょうが、果樹に登録がないので使えないです。カリグリーンも果樹には登録がないですね。

登録がないというのは人間への安全性、薬害、コスト、効果・・・いろいろ理由がありますが、安全でも誤解を招くので使わないほうがいいと思います。

ですんでなんか展着剤の代わりになる物と混用もしくは展着剤を加えればいいのかも?アミノ酸も展着剤の代わりになるかも?

Posted by: かずんこ | July 09, 2011 at 01:17 PM

こんにちは(^^)/ かずんこさん

重曹は品種によってって気もしますが
混ぜ方が丁寧でなかったのかも知れません。
結晶化し焼けたようになり、噴霧機で洗浄したのですが
ダメでした。
そんな例も報告されていたので、そんなものかと。
それが、カリグリーンでは気にすること無く使えるならば
使ってみようと少量購入してみました。
アメリカではワイン用ぶどうの有機栽培園で多用している
ようですからシャルドネで様子を見てみます。

重曹単体での使用で薬害が出やすいってことは
結晶化→朝露→高濃度ってことなんでしょうね。
それで展着剤かぁ、なるほど。

ありがとうございました。

Posted by: トド | July 10, 2011 at 06:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 凹んだ顔を見に | Main | TEXASさん »