« 接ぎ木 | Main | マイバックページ »

しろみて

↓このポチッが世界を救う! いいえ、押せばトドがとっても喜びます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2011年6月19日(日)くもり
午前、家まわりの畑の一部を乗用草刈機でブンブンぐるぐる。
10時、近くの集会所で「しろみて」。苗代(なわしろ・稲の苗床)の「代」
と、終了を意味する「満」の字を当て「代満て」と書きます。
田植えが終わったお祝いと慰労会だと思います。
ご近所のお祭りやイベントのサポート集団が芸達者を集めて毎年楽しませ
てくれます。・・半分は自分たちの楽しみでもあります。きっと、ね。
0619nanb
少し年上の友人N氏、趣味はトライアルバイク、祭、三味線、料理。今日は
津軽三味線でじょんがら節、三線に持ち替えて「安里屋ユンタ」を聞かせて
くれました。
0619kaneshi
わが家の壁もお願いしたことのある本職が左官屋さんのK氏は「黒田武士」。
姫路城の「お城祭イベント」でも大喝采されたそうです。いつも気軽でニコ
ニコ小柄の氏が舞台に立つとどぉ〜んと大きく見えます。

0619bent近くの料理屋であつらえたお弁当。
彩りも楽しく美味しかった!
正直、踊りとか詩吟、剣舞なんて
のは全く趣味ではないのですが、
シロートとはいえ決められた所作
の端々は美しいです。
演ずる者も観客もほとんどが老人
ですが、舞う人の中に少女が一人
混じっていて、そのしなかやかな
筋肉の動き、体の使い方、体重の軽さに感動しました。他のお姉さん方も
あの年の頃はあぁだったろうなぁ。と全員がため息。
あぁ、怒らないでモトお姉さん方。

Haitodo_s調べてみたら「代満て」は元々は田植え始めに、田の神を迎えて
無事な収穫を祈る「早降り/さおり」と同義語のようです。
田植えの終わりに田の神を送る祭りは「早上り/さのぼり」。
*「さ」は田の神の意。

午後は忙しく、家まわりのぶどう畑に納豆4パックを400リットルの井戸水
に溶かし込んで散布。湿度が高いので、納豆菌がウドン粉病、灰カビ病に
効いてくれることを念じながら作業。

夕方、山のぶどう畑カンパラに上がって、アシカは種ナシにする溶液を散
布し、トドは・・言うも恥ずかし、今ごろトウモロコシの定植。
あぁ言っちゃった。よその畑ではもう背丈ほども伸びているのに。
*ぶどうの作業に追われて、ポットに蒔いたトウモロコシが50cmになっ
 ても植えてやらないのは可哀想とトド母に毎日非難されておりました。


【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

|

« 接ぎ木 | Main | マイバックページ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 接ぎ木 | Main | マイバックページ »