« 水辺のカフェ | Main | 丈夫なアゴ »

カムイ外伝

↓このポチッが人類を救う! あぁいえ、押せばトドがとっても喜びます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2011年2月6日(日)晴れ
高校時代に漫画雑誌「ガロ」を読みふけり、中でも「カムイ伝」に夢中に
なりました。白土三平さまの本編「カムイ伝」からの画像です。
Kamui
非人、百姓、武士などそれぞれの階級の主人公の目を通して語られる
話は教科書の日本史がいかに表層的なものかを教えてくれます。

して、こちらは映画化された「カムイ外伝」。
公開 2009年9月19日 120分  監督 崔洋一 
出演 松山ケンイチ、小雪、小林薫、伊藤英明、佐藤浩市
Gaiden_2
松山ケンイチは「セクシーボイスアンドロボ」の軽い青年役でしか
見たことがなくて、カムイ出来るのかな?と思っていた。
ところが、ところがなんという運動量、素晴らしい。まさにカムイを
目の前に見たような気がした。そのように使い切る崔監督もすごいし、
カメラワーク、画像処理にもワクワクさせられた。
懐かしいワザ「変移抜刀霞斬り」や「飯綱落し」を実写で見られる
なんて大感動モンです。しかも出来映えが素晴らしいですから、未見
の方はぜひご覧あれ。
*映画の舞台はトドの住んでいる備中の国。佐藤浩市演ずる悪殿様は
 「備中松山藩主水野・・」と言っていましたからウチのお殿様って
 設定かもしれません。全ての役者の方言の指導よろしく、しっくりと
 馴染んでいます。
*本編「カムイ伝」は全15巻の壮大なストーリーです。これも読んで
 ゼッタイ損はありません!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天気は良いけれど、終日デスクワーク。

banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

|

« 水辺のカフェ | Main | 丈夫なアゴ »

Comments

トドさん、今日は!(^-^*)/
白土三平の「カムイ伝」は絵のタッチも好いし面白い漫画だったね。
ガロは数冊しか買いませんでしたが、必ず何処かで毎号読んでたね。
崔監督で映画化されているそうで観てみたいです。
物語が設定された地域は備中でしたか?
カムイはアイヌ語と思い、
てっきり裏磐梯辺りかと認識してました。

瀬戸内海も古代以前はアイヌが居たので、
アイヌ語らしき地名も有りますね?
宇野のウノや邑久のオクもそんな気がします。

名古屋はアイヌ語なのは確かですが、
それ以西では残っている地名は僅かでしょう?

舞台が備中とは、道理で民度の高い感じの、
漫画だったわけですね?苦笑

今の児島湾は埋め立てて出来たのはご存知でしょう?
児島は独立島だったので川からの土砂で、
浅瀬でしたから漁もし易すく繁栄したようです。
栄養の有る三つの大河が流れ込み、
膨大な漁獲量を誇っていた地域です。

さっさと床工事を終わらせ帰京して、
葡萄の剪定を済ませないとやばいです!笑
では今シーズンも頑張りましょう?!

Posted by: 崖 | February 08, 2011 at 12:38 PM

こんにちは(^^)/ 崖さん
崔洋一監督の「カムイ外伝」是非ご覧ください。
かつて読んだカムイが動き出したかのようです。
ただし、「・・外伝」ですから本編のような部落や
階級闘争的な要素はメインではありません。

この映画は「カムイ外伝 第二部」内の「スガルの島」を元に
作られたようです。←残念ながら未読なのでどのくらい忠実に
ストーリーが映画化されているかは不明です。

で、映画の中では備中松山藩の城主と名のっています。
そして、登場人物の話す言葉は備前でも作州でもなく
あきらかに備中の言葉です。
でも、太平洋としか思えない巨大サメの泳ぐ海があったり
しますので、やはり架空の土地であります。

昔、本編を読みながらさて、これはドコの話と思えば
いいのだろうかと考えたことがあります。
その時は言葉から言えば関東、荒くれ海の男達の感じから
すれば千葉あたり。作者も長く千葉に住んでいたはずです。
花巻村の地名は岩手を思わせますが気候が違うように思います。
夙谷の地名からは西宮市の夙川を思い出しますが、これは
実際の地名というよりも賤民の住む村くらいの意味でしょう。
夙の字そのものは近畿地方に多く住んでいた賎民を表すようなので
舞台にふさわしい気もしますが、やはり気候風土気性が異なるのでは。
そして、日置藩という名前からすれば薩摩にありますが、これは
風土から言って、まず違いますね。
もう一つ日置川という川が和歌山にあります。
ここならば言葉はともかく黒潮はあるし、かなりぴったりきます。
ってことで「和歌山」ってことでワタシ的には決着しておりました。

今回調べたら、詳細に検討した方がいて、こんな結論を導いていました。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/6354/NIHON/NAKAO.htm

なるほどと思いました。

濁酒を持ってうかがいたかったのですが、今年は濁酒作りの名人が
今年はなぜか失敗したようで訪問出来そうもありません。
床工事頑張ってください。

Posted by: トド | February 08, 2011 at 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 水辺のカフェ | Main | 丈夫なアゴ »