« 赤朽葉家の伝説 | Main | 辞書くん退場 »

カヤ刈り、カヤ運び

↓このポチッが人類を救う! いいえ、押せばトドがとっても喜びます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2011年1月27日(木)くもり、小雪
午前、山のぶどう畑カンパラのトナリの斜面でカヤ刈り、カヤ運び。
0127kanpa
まだまだ沢山のカヤがあります。畑一面に入れられそうです。
雪がちらつき出したので、午後は家の中で片付けなど。

0127kouhoコレ高梁市の広報誌です。
写っているのは山の上に
借りている畑の近くの
子供たち。
向こうに浮いて見えるのは
雲ではなくて、霧に浮かぶ
山並みです。

毎朝、こんなふうに
たっぷりの霧の海を眼下
に見ながら元気に通学
しているんですね。
一番後ろはボランティア
のヒガシさん。
たまに、この一行に
出会った時には
「今日は一人多くない?」
「サルでも混じってんじゃ ないですか?」と笑いながら声をかけます。

|

« 赤朽葉家の伝説 | Main | 辞書くん退場 »

Comments

とどさん、こんにちは。

そちらも同日に雪がちらついてますね。
今年の冬は、外作業は厳しいですね。
とどさんの地域はあまり積もってないようで
羨ましいです。

とどさんは、よく読書されるんですか?
桜庭一樹さんの作品は、直木賞とったほうを
途中まで読みましたが、ちょっと合いませんでした。
なので「赤朽葉家・・」のほう興味あったんですが
納得いかない感じなのですね。また機会があったら
読んでみたいと思います。

「TEXAS」さんのハンバーグ、めちゃめちゃ美味しそう
ですね。「おいしそーー!」と叫んでしまいました。
機会があれば行ってみたいです。

Posted by: 正戸果樹園 専務 | January 28, 2011 at 08:22 PM

こんにちは(^^)/ 正戸果樹園 専務さん

「赤朽葉家・・」読みたければさしあげますよ。
文庫本ですけど。
この作品で第60回日本推理作家協会賞を受賞し、
第28回吉川英治文学新人賞候補、第137回直木三十五賞候補
になったのが信じられない!
まぁ、私に合わなかっただけでしょうが。

「TEXAS」さんご案内します。
いつ行きましょう?

Posted by: トド | January 28, 2011 at 08:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 赤朽葉家の伝説 | Main | 辞書くん退場 »