« 若いワイン | Main | メイワクなんか? »

牛の力

↓このポチッが地球を救う! いいえ、押せばトドがトテモ喜びます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2010年12月11日(土)
山のぶどう畑バルキ近くの荒れ地に放牧されている少年短角牛。
野を駆け、草を食む野生に近い牛です。
1203ushiboys
耕作を放棄した農地はまず草におおわれ、三年もすれば木も生えてきます。
その対策としてヤギや牛を放牧しようとするグループがあちこちに増えて
きました。
短角牛のイイところは「肉牛」としても優秀なところです。食べたこと
ないですけどそーゆー話です。

下の写真は「統合作戦本部」の議長氏のブログから拝借しました。

Mae_32008年11月に
短角牛を放牧。
立ち入ることさえ
できないような
荒れ野でした。

2年後の
2010年11月
江戸期に整備
されたと伝わる
棚田が復活
しました。↓

Ato_2
牛の力だけではなく、人力も加わっての成果ですがスゴイです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

午前、デスクワーク。
午後、山のぶどう畑カンパラで仮剪定。

|

« 若いワイン | Main | メイワクなんか? »

Comments

ブタで開墾、というか畑を復活させているところもありますね。
先日、TVで見て驚きました。
木だって根っこから掘り出して。
イノシシと仲間ですもんねー。
そのブーちゃん達は育って、美味しくなって
立派なハムやベーコンになってましたー。

Posted by: オマール | December 12, 2010 at 07:42 PM

こんにちは(^^)/ オマールさん
豚による開墾は知りませんでした。
うむむ
育って、美味しくなって、ハムやベーコンになる
ってトコが気に入りました。

しっかり柵をしないとイノシシに誘惑されるかも、
いや、イノシシを誘惑してくれるかぁ。

Posted by: トド | December 13, 2010 at 10:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 若いワイン | Main | メイワクなんか? »