« 雨の日は「コンフィデンス」 | Main | あれ、あられ »

雨の日に「パッチギ」

↓このポチッは特にキケンではありませんが、押せばトドがヨロコビます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!
2010年3月25日(木)三日続いて雨
「パッチギ! LOVE&PEACE」 井筒和幸 監督 2007年5月公開 127分
Pachig1Pachiglp
左は以前に書いた「パッチギ」。2004年公開。今回イクシ図書室から
持ち出して見たのは右の続編の方です。
1作目は1969年の京都を舞台にした在日コリアンの青春喧嘩映画で、
美しい旋律の「イムジン川」を背景にロマンスと異質な文化のぶつかり
合いが語られます。ココロときめくほどイイ出来で繰り返し見ました。
出演者全員が輝いていました。
2作目は五年後の1974年の東京が舞台です。ジイちゃんや父ちゃんが
日本の戦争をどう生き延びてきたかを伝え。在日として受けた差別が
強調され、それをどうはねのけて逞しく生きるかが語られます。
知らない事柄も多く興味深いのですが映画としてはもう一つ。
キャストが一新されたのも原因。母親役のキムラ緑子と藤井隆くんが
良いくらいで、後は2軍チームの試合見ているよう。沢尻エリカさま
と高岡蒼甫に比べられたらかわいそうかもしれないけど。

憶測ですけど、この映画と同時期に上映された戦争美化映画に対抗
するあまり井筒監督はムキになりすぎたのかも知れない。
興行的には戦争美化映画に完敗したのだが、その心意気や佳しとトド
はこちらに一票。監督と同じに戦争美化映画の方は見ていないのだけ
どこっちを支持。
*この見てもいない映画を酷評するクセ?によって監督は2007年の
 第4回蛇いちご賞(日本のラジー賞)最低監督部門に選ばれています。
Haitodo_s*井筒監督の映画で最も好きな「ガキ帝国」を再見したく
 なったので注文してしまいました。ビデオテープでは持って
 いるんだけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[仕事]精密マシンに貼るステッカーの印刷問い合わせメールを2社に
送ったのだけど、なんと両者ともナシのつぶて。会社のアドレスをHPに
載せてはいるけど実際には使っていないらしい。どちらもバイクや車の
メーカーに納品している、業界では大きい会社なんですけどね。
時間が限られているので、以前・・15年前になるか・・前の仕事で取引
のあった会社の方に電話。やっと話が進んだ。

banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

|

« 雨の日は「コンフィデンス」 | Main | あれ、あられ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雨の日は「コンフィデンス」 | Main | あれ、あられ »