« そんなにしてまで | Main | 坂の上の »

倉敷ジャズストリート

↓このクリックが世界を救う! とは言いませんがトドはウレシイです。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年12月19日(土)くもり
本日の瓦の上はこんなでした。でも寒びぃっす。
1219kawara
寒いけど畑仕事をせんならぬと立ち上がったところでアシカのケイタイ
がプルルと震えて「倉敷の街でジャズをやっとるよ」と告げる。
知っとるけど寒ぅてそんなトコ行けますかぁ。と答えたはずなのにいつ
の間にか倉敷の街。町家風景、ワシラは如何にも倉敷らしい堀界隈のメ
インストリートにはあまり行きません。まず「美観地区」って即物的な
名前からしてキライなんだよね。
1219mach

わが町よりも40kmほど南とは言えやっぱり寒ぶぃ!
はしまやさんに駆け込んで大きなストーブを抱きしめながらコーヒーで
暖ったまりましょう。
1219jazman
ココには徳持耕一郎氏作の鉄筋彫刻のピアニストさんが常駐しています。
ピアノの鍵盤の横でいつも宙に浮かんでいて、トドのお気に入りです。
さて暖まって外に出ると町づくりNPO「倉敷町家トラスト」のメンバー
が入魂の「きびモチ」を街行く人々にふるまっていました。さっそく
いただきましょう。モチの中に歯ごたえあるキビ粒が入っています。
1219dango
きな粉と大根おろしで食べれば勇気凛々、鬼退治。おっといけない。
同行の「怪しい探検隊」2名は鬼(温羅)の支持者なのでした。鬼退治
は大和朝廷による地方豪族のダンアツなんですね。
そんなワケで鬼ダンアツは中止して「あきさ亭」の暖簾をくぐります。
Akisa「あきさ亭」
茶粥の美味しい小さなお店です。
10人ほどお客が集まって、土師剛さん
自作のカリプソ音楽を中心とした
ジャズ混じりのミニコンサート。
ラテンの明るいリズムが楽しさを
いや増してくれます。
真ん前でギターの演奏を楽しみました。
1220haji
倉敷帆布で出来ているイベントのチケットと土師さんのCD。
怪しい探検隊員サザエさんは早速自分のカフェでの出演交渉を開始。
「結」さんでもビール飲みながら聞けるといいなぁ。

さて次は、「高田渡」大好きオーナーの店「煉瓦亭」でお好み焼きラン
チを食べてからジャズ喫茶「アベニュー」になだれ込みます。
こちらでは4人組のバンドでスタンダードや懐かしい映画に使われた
ジャズをゆったり楽しめました。アズ タイム ゴーズ バイ いいですね。

こうして倉敷の町のあちこちで50バンド300人による大小さまざまな
コンサートが二日間に渡って繰り広げられます。いかにもオトナのため
の催し物でいいですね。
毎年あるといいなぁ、友人のけんじさんチームも出てると嬉しいなぁ。
そんで、もうちょっと暖かい時期にあるといいなぁ。

最後はペガサスキャンドルさんのローソク。いいでしょ。
1219rosoku
もうこんな季節なんですもん。寒いワケだよね。

|

« そんなにしてまで | Main | 坂の上の »

Comments

いつも楽しそうなイベントが企画されていますよね♪
読ませてもらって感じるのが、地元の方々が楽しんでおられるということ。
いいですね~☆

Posted by: miho | December 20, 2009 at 11:54 PM

こんにちは(^^)/ miho さん
ワシラ自身はイベントの応援団くらいなコトしか
できません。余裕がないのが残念です。
地に足をドンとつけて日々頑張っている方々には
アタマがさがります。

いつかイタリアのスローフード協会のイベントに
参加してみたい!

Posted by: トド | December 22, 2009 at 10:46 PM

こんにちは、カリプソ・ソロギターの土師剛です。
僕に関する記事を書いていただき、とてもうれしいです☆
ありがとうございます!

Posted by: 土師剛 | January 05, 2010 at 12:17 AM

こんにちは(^^)/ 土師さん

楽しいコンサートでしたね。
またどこかのライヴを楽しみに行きたいと
思っています。

Posted by: トド | January 05, 2010 at 11:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« そんなにしてまで | Main | 坂の上の »