« オフ車で山々を | Main | マグネシウムはドコに »

アンチ モモタロ伝説

↓このクリックが世界を救う! とは言いませんがトドはウレシイです。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年11月15日(日)晴れ
畏友ベンさんは小学校の教諭。桃太郎伝説をヤマトの武力による地方の
征服物語ととらえ、非征服者である鬼(温羅・ウラ)側の話として、毎
年子供達のために新しい脚本を書き下ろしている。
1115gaku

会うたび、新作の構想を少しづつ話してくれるのだが、時空を駆け巡る
壮大なドラマになっていて、面白い。
でも、それを小学6年生にやらせるの? 短時間で? と興味がフツフツ。
その上、練習を見ていた「校長先生が感動して涙した」と言うではない
か。これは見なければなるまいと早速連絡。
モシモシ、目立たない格好、半ズボンとランドセルで潜入してもいいで
すか?
「父兄やご近所の方も楽しみにしていて、多数の方が来られますから
フツーの格好でいいですよ」と快諾を得た。

1115gakug_2

今回のバージョンは武力で対抗するのではなく、自分の命を差し出す事
で戦闘を回避しようとしたウラと戦国時代の備中国高松城主の清水宗治
の話をパラレルに進め、戦争や環境破壊などの人類の愚行にあきれ果て
ていた創造主に「こんな人も居る」と見せるというもの。
狂言回しの役はのんびり屋さんの三人の小学生。

最初の写真でおわかりのように、役者達は舞台の上だけにとどまらず
ほぼ出ずっぱりの演出である。また過去にタイムスリップするシーンに
使われた画像は生徒達の幼少からの成長記の巻き戻しだし、エンディン
グに投影した沢山の画像はこの一年の行事のスナップ写真。
ベン先生の子供達に対する愛情がバンバン伝わってきます。

インフルエンザによる学級閉鎖で練習時間が取れなかったようですが、
発表の日に向かって、生徒それぞれがよく頑張りました!
*清水宗治は秀吉によって水攻めにあった備中国高松城の城主。

1115kawa
帰り道の高梁川。下流域の総社あたりでは蛇行しています。

さて、天気もいいし、ウラの話の後は「鬼ノ城」に登ってみようとアシ
カの提案。標高397mの山頂に築かれた古代朝鮮式の山城で遺構の存在
は古くから知られており、ウラの拠点と考えられていた。
実際は天智天皇2年(663年)の白村江の戦いに倭国が敗れた後、唐・
新羅の侵攻に備え;九州から瀬戸内にかけて築城した12の山城の一つ
のようです。

山にぐんぐんと分け入り駐車場に着き、歩き出してすぐに「ココはいい
かな」とアシカ。へっ何で? 「新しく作り直されたモノを見てもね」
・・・確かに、そうかもしれない! 
で、さらに奥へと、磐座・巨石のある「岩屋寺」「鬼の差し上げ岩」
に向かう。

1115iwaya
エントランスはこんな雰囲気。もう少し手が入れば美しいと言える場所
なのでしょうが。

1115kyoseki
八畳岩からの眺望。視界が開けて気持ちの良い空間です。

|

« オフ車で山々を | Main | マグネシウムはドコに »

Comments

ご観覧、ありがとうございました。なんと、当日も役者が二人欠席。三人は高熱のため、自分の出番のところだけ出演して下校。緊急事態で、急遽、女教師を母親役に出演させ、なんとか終了しました。30分の中に演出を詰め込みすぎた感もありますが、今は終わってほっとしています。また、会ったとき詳しい感想を聞かせてください。

Posted by: benさん | November 16, 2009 at 10:36 AM

こんにちは(^^)/ benさん先生
挨拶をして帰ろうかと思ったのですが、お忙しそうだったので
遠慮いたしました。
冒頭のあたり、母親役の方が出た途端に大受けしてたのは
先生だったからですね。なるほど!
体位が向上してるから6年生ともなると
遠目には見分けがつきませんね。
学芸会とは思えぬ演出の面白さを楽しませていただきました。
ありがとう。お疲れさまでした。

Posted by: トド | November 17, 2009 at 11:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オフ車で山々を | Main | マグネシウムはドコに »