« ナターシャ・グジー | Main | たんぽこ »

畑がフカフカに

↓このクリックが世界を救う! とは言いませんがトドはウレシイです。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年10月11日(日)晴れ
午前、山のぶどう畑バルキで収穫。家まわりの遅いベリーAと組み合わ
せて発送し、倉敷にもお届け。

山の畑で作業していると、ぶどう農家のご近所のバァちゃんが通りがか
り、今年の出来などを少し話す。
去り際に振り返ってニコと笑い「わたしもなぁ、最近はここのマネして
草を園の中に入れとるんよ」「畑がフカフカになったわ」
「年を取ると、もう山柴なんぞ取りに行っとられんわ、アハハ」

Sintanそうなんです。
我が師 小川孝郎氏の
「ブドウの早仕立て新短梢栽培」は
熟練の専業農家だけでなく
高齢者や女性、新規就農者を対象に
安定多収、安全で環境にやさしく
を提案しています。
農文劦 1950円

|

« ナターシャ・グジー | Main | たんぽこ »

Comments

うちは園の外からの持ち込みまではできていないのですが、園に入れるときはどっさり厚めに入れるんでしょうか?

Posted by: けんじ | October 12, 2009 at 07:58 AM

こんにちは(^^)/ けんじさん
ええ、心行くまでたっぷりと入れましょう。
毎年山のように積んでいても
すぐに平らになってなじんでしまいますよ。
カヤなどはカットした方が良いのでしょうが
そのまんまでも時間が経てば分解してしまいます。
このあたりのやり方だと畑の中に入れるのは
5月を過ぎてからなのですが
(地面をむき出しにして暖めたい、霜の心配の無い頃‥‥の理由)
出荷の早出し競争から降りている身としては、年中いつでも
気ままに草を入れています。

Posted by: トド | October 13, 2009 at 07:00 AM

なるほど、、草をたっぷり入れると、ライ麦の種を蒔くのに困るんじゃないかと思い質問させていただきました。
苗木の前後がむちゃくちゃ硬くなっているところがあって、草入れとライ麦のどっちを優先するかなー、と悩んでおります。
秋は草を入れて腐食させておいて、ライ麦は春に蒔こうかと。

Posted by: けんじ | October 13, 2009 at 11:35 AM

こんにちは(^^)/ けんじさん
有機物でマルチするとミミズや微生物が住み、
土も柔らかくなります。
多少草がかぶさっていても麦の芽は出ます。

Posted by: トド | October 13, 2009 at 11:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ナターシャ・グジー | Main | たんぽこ »