« ブナの木 | Main | タマには野菜も »

サーターアンダギー

↓このクリックが世界を救う! とは言いませんがトドはウレシイです。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年10月20日(火)晴れ
Satanda
沖縄の食文化を守り続けている山本彩香さんのサーターアンダギーです。
彩香さんはこのほど一旦店を閉め、新たなカタチで新店舗を再開されま
した。以前のお店では宮廷料理をコースを楽しみながら泡盛を夜更けま
で飲み、時として店主も一緒に語り合うスタイルでした。それがなくな
ると聞いて愕然。ホンモノの琉球料理はもう食べられないのか!
どぅるわかし、ミヌダル、スーチキ、ゆし豆腐、ジーマミ豆腐・・・・
そのどれもが特別に美味しく、心やさしい味は感動モンでした。
 去年の沖縄旅行では予定が合わなくて食べられなかったのが、返す返
 すも残念です。
でも、再開したお店は昼間の営業ですが、今までの料理もアラカルトと
して残っているようでひと安心。

Haitodo今までご苦労さま、新しいお店も頑張ってくださいの思い
を込めて、ぶどうをお送りしたら、
お返しに写真のサーターアンダギーをいただいたってワケ
です。
沖縄出身の芸能人が懐かしいおやつとしてサーターアンダギーを連呼
しますが。トドはあんまし好きじゃない。只の油っこいドーナツに過ぎ
ないじゃない。と思っていました。

ところが、ところが手づくりのホンマモンは違うんですねー。
上品な甘さと口の中でホロホロと崩れる食感、黒ゴマが適度に入って
いてアキさせない。それにちっとも油っこくない!

あぁ、これがホントのサーターアンダギーなのか。うん、早速電話。
ムチャ、美味しいです。何でですか?
「うふふ、わたしの料理はすべて母が教えてくれた通りにやっている
だけなの」「機械じゃなくてちゃんと鍋を使ってるの」
「母が使ってた鍋よ」
「私は8才の頃から母親に油鍋の番をさせられたわ」
・・・チャングムか?
「大人でもキツい仕事だけど、そうして仕込まれたから、美味しいか
どうかは瞬時にわかるのよ」
「卵はケーキのように泡立てちゃダメなの、それがコツかな」
元気な声を聞けてよかった。新しい店でお会いするのが楽しみです。


コレ、金沢の「21世紀美術館」のトイレの洗面台。です。
Senmen
石鹸水と水の出口をイラストで表示してあり、手前には乾燥の送風口
がありました。
なるほどぉ、濡れた手で水を垂らしながら乾燥機まで行かなくても
いいんだ。その分手洗い終了までの時間がかかりそうだけど。
(10月24日 記)

|

« ブナの木 | Main | タマには野菜も »

Comments

そうなんです、そうなんです!
私もずっと「只の油っこいドーナツ」と思っていたのですが、
ある日、思い立って自分で作ってみました。

あつあつのサーターアンダギー。
どうしようかと思うぐらい美味しかったです。

山本さんのは冷めて送られてきてなお、美味しいって、
やっぱり、レシピと年期が違うんでしょうねえ。
次に沖縄へ行くときには、ぜひ、お訪ねしたいです。

Posted by: ハツ | October 25, 2009 at 06:12 PM

こんにちは(^^)/ ハツさん

あつあつのサーターアンダギーって食べてみたいです。
昨日会った沖縄の方も「それぞれの家庭で作られてるのは
とっても美味しいのよ」とおっしゃってました。
あぁ、各家庭のを食べてみたい!

山本さんは去年1年間NHKの料理雑誌に沖縄料理の手ほどきを
掲載されていたようで、
「初めて美味しいサーターアンダギーが作れました」
と読者の反応もすこぶる良かったようです。

沖縄にいらっしゃった時には何をおいても彩香さんの店に
お出かけください。どぅるわかしーもミヌダルもスーチキも
全部食べましょう。
手間ひまかけて作られた料理のオイシイこと受け合います。

Posted by: トド | October 26, 2009 at 09:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブナの木 | Main | タマには野菜も »