« たいしゅう | Main | ご近所納涼祭 »

お急ぎください

↓このクリックが世界を救う! とは言いませんがトドはウレシイです。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年8月28日(金)蒸し暑い曇り日
Kagee
実のところトドはノンポリです。コレ死語ですね、きっと。
 「ノンポリ」ノンポリティカル(non‐political)の略で政治に関心
  がないこと、 またはそういった人を意味します。
Haitodo田舎からポケっと上京したのは、社会が騒然としていた
70年安保の年。リアルタイムで「カムイ伝」を読んで
いた世代ですが、浪人生でしたから学生運動の余裕なぞ
はありません。本を読んでいるほかは美術研究所に通う
毎日でありました。
そんなある日、定食屋の新聞を読んでいたら当時の首相、佐藤A作氏
の談話が載っていて「デモをしているのはごく一部の人だけで、モノ
を言わないほとんどの国民は私を支持してくれている」とありました。
そっか、異議を唱えなければ賛成しているコトになるのかと憤然。
それから、ささやかな集会に足を運び、比較的穏健な市民グループの
デモに加わりました。
そのころ思っていたのは、自分たち若者が選挙権を得たなら、その時
に世界は変わるはず‥‥でした。しかし、政治の季節はナシ崩しのよ
うに去ってしまい、ごく平均的な若者、マジョリティだと思っていた
自分が実はマイノリティに過ぎなかったのだと思い知らされるのです。
自分が生きているウチに政権が変わるなど有りようがないと思ってお
りました。もしあっても、それはガイアツによるもので、選挙でそん
なコトは起こりようがない。そう思っておりました。
しかし、どうやら、それがありそうです。
目先の変化に期待するのではなく制度が変わるコトに期待しましょう。

「噂の真相」なき今、「きっこのブログ」がオモシロイです。
ここでは衆議院選挙と同時に行われる「最高裁判所裁判官の国民審査」
にふれています。今まではこの裁判官に関する情報が少なかったので
×のつけようがなかったのですが‥‥なるほど参考にしましょう。

「委員長、お急ぎください」「明日こそ日本が変わる時です」
これはつかさんの「初級革命講座・飛竜伝」の中のセリフ。

|

« たいしゅう | Main | ご近所納涼祭 »

Comments

トドさんはそうか、考えてみたら学生運動に関係のある世代なんですね。やっぱり吉本隆明とか読んでましたか? 
それはそうと、細川さんが政権を取ったじゃないですか、あの時いったん自民党54年(だったか?)独裁政権は終わったんですよね。おたかさんが「山は動く」と言ったのも確か同時期。あの数年は、社会党の村山党首が総理になったりしたあの数年は、「変化」とは呼べないナニモノかだったのでしょうか? ガイアツによって誕生したモノだったの?
ノンポリで何も知らないので、純粋に聞いてみたくなっちゃいました。今回は別モノ、であってほしいですけどね・・・・・・。

Posted by: ヤマネ | August 29, 2009 at 11:13 AM

こんにちは(^^)/ ヤマネさん
入試は正門の前に駐車した車の中からカメラを向ける警察官に
見守られて? 行われました。
>吉本隆明とか
SFと小田実、羽仁五郎、高橋 和巳の「邪宗門」でしょうか。

細川護熙の非自民連立政権は社会党が加わってはいるものの
日本新党、新生党、新党さきがけは保守であり(当時中立を
標榜していた公明党も今では保守ですね)、
村山さんの時代も「村山談話」は別にして、胸を張っての
社会党の時代とは言えないと思います。
短かったしね。
じゃ、今度の民主党はどうなのかなんですが、半分は自民党の
しっぽを付けている人がいるように思えます。
国民の命を守るはずの農業政策に関してはどちらも×ですが
それでも、今のままよりは100倍マシなのではと考える次第。
今回多く人が思っているコトは「水も空気も人もヨドむと
ロクなことがない」ではないでしょうか。

ところで、心情的に一番近いのは社会党。
ラジカルなトド母は古くからの日共ファンです。

Posted by: トド | August 29, 2009 at 11:37 PM

 トド氏が“ノンポリ”というからには、ポリフィルムを使わない栽培のことか・・・というオチを期待して読んだ不心得者の私を叱ってください。(中学の頃、姉の書棚にあった正司薫を繰り返し読んでいた私は、ノンセクトなシラケ世代です、心情的に。)
 大衆・・じゃなかった大秋、楽しみですね。

Posted by: ゼッペル | August 30, 2009 at 07:28 AM

あぁ、ワタシもノンポリフィルム落ちを考えてましたです。
庄司薫さんですね。赤ずきん、黒ずきんを読みました。
今でも時々そのシチュエーションを思い出します。

Posted by: トド | August 30, 2009 at 08:22 AM

あぁ、そういうことなんだ、よくわかりました。あの時は確かに単独政権ではなくて、自民党から分かれたいろんな党が寄り集まった政権だったんですね。だから保守的(自民党的?)だったのか、なるほどー(すいません、政治にはまるっきり無頓着でして)。
いい加減に官僚の天下りだの政治家と官僚と業者の癒着だのは断ち切ってほしいですよね。あとは年金、払った人の権利は守ってほしい・・・。払わない人の権利は別にどうでもいい(本音)。
『邪宗門』、よしっ、合格っ!ww

Posted by: ヤマネ | August 30, 2009 at 02:50 PM

>『邪宗門』、よしっ、合格っ!ww

なんか、ウレシイです!
合格しちゃった。

Posted by: トド | August 31, 2009 at 09:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たいしゅう | Main | ご近所納涼祭 »