« 永遠なる草刈 | Main | アト少しじゃのに! »

雨除け屋根

↓このクリックが世界を救う! とは言いませんがトドはヨロコビます。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年5月4日(月)晴れ
早朝、山のぶどう畑バルキで雨除けのポリフィルム張り。
本日もムフフ状態なので頑張って9列完了。作業を終え、村の入り口で
振り返って成果を確認。
54bal
畑の2/3くらいはポリフィルムでカバー出来たでしょうか。
アト少し雨が降らないでいてくれたら‥‥と懇願しながらアクセルを踏
み山を降ります。
 雨は一般に「恵みの雨」とも言われますが、乾燥地帯出身のぶどうの
 芽や葉にとっては病気を発生、伝播させる原因ともなります。
 そんなワケで岡山では主枝の上に簡易屋根を作ることを奨励していま
 す。そのために主枝は一直線に伸ばし、その左右に毎年新しい枝を伸
 ばしそこに実が付きます。これを短梢栽培剪定と言い。作業性の良さ
 も手伝って全国的な栽培方法になりつつあります。
てなワケでポリフィルム張りは減農薬への大きな一歩でもあります。

Sintan
ウチの園の屋根は少し大きめなのと、樹間を広くして
空気の流れを良くしています。
合理的で省労力‥‥このあたりは「新短梢栽培」小川
先生のアドバイスをいただいています。

午後、バルキでハルカナル草刈。
乗用草刈機を使いたいトコロですが、冬場にカヤなど
を用意できなかったので、肩掛けタイプの草払機で幹
周辺に向けて刈り飛ばしています。
いい緑肥、土壌改良材となってくれろと声をかけながら作業。

|

« 永遠なる草刈 | Main | アト少しじゃのに! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 永遠なる草刈 | Main | アト少しじゃのに! »