« のんぜっぺるさん | Main | 冬の楽しみ »

とんど焼き

↓このクリックで世界は救えまませんが、トドは大喜びします。
banner_021ブログランキングに参加中、応援クリックをヨロシク!

2009年1月16日(金)晴れ
Tondo朝ごはんを食べながら母が
「アレをやらんといかん」。
そうそう、とんど焼きがまだ
でした。
昨日できるようにと母が玄関
やらあちこちの正月飾りを外
し集めておいてくれていたの
に、ジタバタしていてすっか
り忘れてしまい‥‥
一日遅れですが、ぶどう畑で火を付けました。

トンド焼きは1月15日の小正月に行います。
お飾りを燃やす火に青竹に挟んだモチをかざして焼き、家族で食べて一
年の無病息災を祈ります。昔はお飾りも多かったし、数軒が集まっての
行事でしたからモチを焼く火力もありましたが、今はわが家だけ、あっ
と言う間に燃え尽きてしまいます。炎に向かって家族の健康と良き灰と
なってぶどう畑の肥料になってくれろと祈りました。

[とんど焼き]ウィキぺディアでは以下のように記載されています。
1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹
を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで
書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食べるとその年の病を
除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字
が上達すると言われている。 道祖神の祭りとされる地域が多い。
民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それ
らを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。
 *起原は出雲地方のようです。

そう言えば子供の頃は書き初めも燃やしました。その紙が燃えながら高
く舞上がれば字が上手くなるちぅ話。してみるとトドのは高く上がらな
かったようです。はぁ! ココに原因があったか!

Kazunko午後、かずんこ農園さんが採り
たての立派なイチゴをたくさん
持ってきてくれました。
左「紅ほっぺ」右「さちのか」。
まず、仏前にお供えして夕食後
にいただきましょう。
ご近所の方はスーパーでも買え
ますし、直売もしています。
もう少しすれば「いちご狩り」
も出来ます。‥‥たぶん。

いちごの向こうに見えるのはオフロードタイプの愛車XLX250cc。
新車の時から今時のバイクにしてはエンジンのかかりにくい不機嫌なバ
イクでしたが、年と共にマイルドになってようやく折り合えると思った
のですが、昨夏しばらく放っといたらまたしてもキゲンをそこねてしま
いました。今年はなんとか乗ってやりたい。

|

« のんぜっぺるさん | Main | 冬の楽しみ »

Comments

>その紙が燃えながら高く舞上がれば
>字が上手くなるちぅ話。
私も、子供のころ聴きました。ひねくれものの私は、心底バカにしたものです。長じて・・・やはり、字は性格を現すものだなぁと、自分の字を見て思います。

Posted by: ゼッペル | January 18, 2009 at 06:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« のんぜっぺるさん | Main | 冬の楽しみ »