« ぎんなん拾い | Main | 人生最後の同窓会 »

ぼんやり温とおしい

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年11月15日(土)晴れ、夜雨
115asa
早朝、窓を開けるとこんな景色。山は霧に包まれ、山裾の工場にはまだ
点々と明かりが見えます。自動車関係なので従業員はしばらく憂鬱かも
しれません。ご覧のように、まだ家の近くの畑も一部雨除けフィルムを
はずしておりません。「早よせー」の声が聞こえてきそうです。

午前、まずは皮を剥いたまま放りだしていたぎんなん洗いから始めます。
Ginan1Ginan2
左はバケツの水に浸けておいたままの状態。少しづつ別のバケツに取り
出して米を研ぐ要領でゴシゴシ。何度か水を変えながらゴシゴシ。果肉
が取れて水がニゴらなくなったらザルに移します。1時間半ほどくり返
してやっと終了。右のようにキレイになりました。後は自然乾燥させる
だけ。果肉や汚れ水は一番近いぶどう畑にぶちまけてます。イチョウは
漢方の原料でもあるから何かぶどうにも効果があるかも ‥‥?
と期待して3年ほど経ちますがあまり変わらないようです。

Michi
午後、カラリ晴れているので山のぶどう畑バルキに上がりました。
ぶどうの木をチェックしたり、雨除け屋根のフィルムの取り外し作業。

帰りに振り返ればこんな景色です。中ほど白く見えるのがまだ取ってい
ない雨除けのフィルムです。手前から2/5ほどを、やっとはずしました。
Hanbun
こうして見ると牧歌的な山村ですね。

Yama_2
帰る途中、紅葉がきれいなのでパチリ。東北や京都のようなあざやかさ
はありませんが「ぼんやり温とおしい」ような紅葉もイイですね。

*「‥‥温とおしい」は「‥‥ぬくとおしい」と読んで欲しいのですが
 方言か? えぇ、まぁ、トド方言であります。

|

« ぎんなん拾い | Main | 人生最後の同窓会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ぎんなん拾い | Main | 人生最後の同窓会 »