« to けんじさん | Main | ジロさのアユ »

to 磯つぐみさん

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年10月11日(土)晴れ
相変わらずRES機能がヘソを曲げていて使えません。
以下は私信です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Haitodoこんにちは(^^)/ 磯つぐみさん
お久しぶりです。
ココログなんてやめてしまえばとアシカに
悪し様に言われてます。
‥‥ダレがすすめてくれたんだか。
他社に移そうかとも考えたのですが面倒なので‥‥

こちらの露地ぶどうは出だしは良かったのですが、8月の日
照りで木が弱り、また夜温が下がらず熟れないぶどうが続出
しました。
スーパーや産直市場には赤いピオーネが並んでいましたし、
まだ畑に袋が下がっているのもよく見ます。

ウチは例年よりも色付きも良く、ダイタイ「美味しければい
いよね」ってスタンスでありますので、迷う事なく出荷いた
しました。
6本ほどどうにもならない木がありますが、毎年のコトなん
で今年こそ切ってやろうと思っております。

大恐慌時代をチャンスととらえて楽しもうとはタフですね。
見習わなくてはなりません。でも、トドは打たれ弱いから
なぁ。バランスにも自信がないからタイトロープからは落
ちるだろうし。

ル・クレジオは名前を知っているだけで私も読んだ事ありま
せん。それよりも、春樹さんが5人目のノーベル賞になるの
ではとドキドキしながら待っていました。残念!

|

« to けんじさん | Main | ジロさのアユ »

Comments

どうも、レスありがとう。(笑)

ココログは一カ所ブックマークに付けて、閲覧してるところが有り、全くトラブルは有りませんから、トドさんのPCのソフトに何か問題が有るのかも知れませんね。
そのココログのブックマークは川上未映子の「純粋悲性批判」です。(照れ笑)

今年の葡萄の出来映えが、ますまずで良かったですね。
草地栽培は農園の見た目も好いでしょうね、沼隈の禿げ山にしての、葡萄栽培は見た目、気味が悪いですからね。←(言い過ぎたw)
沼隈の大型スーパーで買った帰った、明るい紫のピオーネを母が見て、これが本当にピオーネ?と不信げに繰り返し言ってましたね。(笑)
ピオーネは房と粒は巨大でしたが、色付きは巨峰が黒く良かったです。

ル・クレジオは検索すると現代文明批判のスタンスで、作家としてのスタンスが好いと思いましたね。
かなりEUの若い頃から中年世代(50〜60代)や現在の若い世代にも、人気のある作家のようです。
翻訳本もかなり出版されてます。
「調書」と「大洪水」を読んでみたいです。
娘の夫ミゲルも影響されてる感じで、彼はカナリア諸島の大学街の大学の美術史専攻(古代史)です。
彼は日本の作家達、フランス語訳の村上や三島などの作品も数冊ずつは読んでましたね。

村上春樹さんは来年か再来年かな、昨年から彼曰くところの、総合小説を執筆しているので、長編過ぎてうっとうしいかも知れませんが、うっとうしくないのを願っておりますが楽しみですね?(笑)

彼の作品は国際的に各国で読まれてますから、何れノーベル賞は貰うでしょうね。

日本人でノーベル平和賞を貰えそうな人材がいないのは、国際的視野から見たら、かなり危険なことだと感じました。

こちらは冷え込み、枝付きの渋柿を、アルコールで渋抜きしてから、剥いて吊して干してたのが、そろそろ食べ頃になりました。(笑)
暖かいと腐ってしまい、こんな処理で干し柿にしてます。(苦笑)


Posted by: 磯つぐみ | October 12, 2008 at 08:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« to けんじさん | Main | ジロさのアユ »