« どうぞご自由に | Main | to コウジさん »

葉さんのギョウザは

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年10月2日(木)とっても晴れ
さて、守り神シリーズ‥‥シリーズだったんか?‥‥の最後
はコレ!
Chinsa
かつての同僚、今は帰国して台湾に住む陳さんが送ってくれ
ました。厄除招福のお守りです‥‥たぶん。
壁にかけるとアズ、ビリー、シマ歴代のネコたちがこのフサ
飾りに触れたくて何度もアタックしてきました。だかん、天
井に近いトコにしか飾れません。ちょっとコワゲな顔です。
ホントに福は来るんぢゃろうね?

さて、その陳さんと一緒に仕事をしていた頃の話。
「ギョウザパーティやります」来ませんか?と誘われました。
‥‥ひょっとして奥さんの手作りギョウザ? 「そですよー」
行く! 本物のギョウザ食べたい。行く行く。ゼッタイ行く。

当日、顔見知りが3人ほど集まっており、期待に皆の顔がワク
ワクしています。ビールを飲みながら待っていると、奥様の葉
さんが大皿を持って登場。まだ日本語はカタコトなので陳さん
が代わって説明する。
「ニホンのギョウザは焼きますが、台湾ではボイルするです」
「コレはごはんの代わりに食べるだから皮はちょと厚いです」
「タレに香菜・シャンツァイを入れる、もと美味しいですヨ」
「でもニホンに香菜ナイ、残念れす」「まぁ、それはイイ」
「さぁ、トニカク食べて!」「みんな、いっぱい食べて」
はーぃ、と全員がイッセイにハシを出す。
「美味ぁい」「ショウガが効いているね」「ぷりっぷりだよぅ」
「1っ個が大振りだかん結構お腹にたまるね」
あっと言う間に大皿いっぱいが無くなり、と思ったら、すぐに
葉さんが別の大皿を持って現れる。
再びハシが乱れ飛び、皆の顔が美味しさにゆるんでくる。

ねぇ、すっごく美味しいんだけど、中には何が入っているの?
と聞くと、陳さんは肩をすくめ、葉さんの顔を見る。
葉さんがゆっくりと言葉を探しながらしゃべり出す。
えと、ハクサイ、ネギ、ショウガでしょ、そぃから、えと
シイタケ、うーん、あーと、そう、「ヘビ」
なごんでいたみんなの顔が瞬時にコワばり、ハシが止った。
目線だけがゆっくりと葉さんの方を向き、ギョウザが入った
口を開けかけたところで‥‥
陳さんが首を振りながら「チガウよ、違う」「葉さん『ヘビ』
じゃなくて『エビ』だよ」
再び、時間は流れだし、ハシは舞い、口が咀嚼を始めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午前中、山のぶどう畑バルキ周辺部の草刈。
午後、‥‥‥あーっと、何したっけ??

|

« どうぞご自由に | Main | to コウジさん »

Comments

こんにちは、トドさん。

その場をリアルに想像して、笑ってしまいました。
いや~、微笑ましい。
でもね、ある国に住む外国人として、これは非常に分かるんですよね・・・。
この方はもうこの「ヘビ」と「エビ」を一生忘れないでしょう。
私もこうやって体で覚えた単語がいくつもあります。

Posted by: miho | October 03, 2008 at 03:12 PM

フランスの御方だったら、逆をやりそうなんだけどなあ~…。「ヘビ」→「エビ」って。

Posted by: Miyazawa | October 03, 2008 at 04:01 PM

こんにちは(^^)/ miho さん

いや、沖縄の海ヘビスープ(イラブー)は飲んでみたい
と前々から思っているのですが、ヘビはちょっとね。
色々と試したい気持はあるのですが、実際はアシカの
方がかなり順応性が高いです。

ヤギ汁のニオイに凹んだ時もアシカは美味しそうに
食べていました。
イタリアの小さな町で角を曲がった途端
強烈なチーズのニオイに足が一歩も前に進まなくなった
トドを尻目に町をカッポしていたのもアシカさんでした。

松山城登りましょう! トレールバイクで付いて
行きます。


こんにちは(^^)/ Miyazawa さん
そっすね。ヘルメスがエルメスですもんね。
季節が変わり、酒もビールから泡盛に変わりました。
ゆっくり、ぐだぐだと飲みたいですね。

Posted by: トド | October 03, 2008 at 10:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« どうぞご自由に | Main | to コウジさん »