« まとまらない! | Main | 「結」オープン »

あかおんち、しろおんち

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年10月31日(金)くもり
午前、デスクワーク。
午後、山のぶどう畑カンパラで草刈。
Sakura
この時期の家の前のサクラの木です。写真だと花が咲いているように
も見えますが、枯葉です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あかおんち、しろおんち」
電話の向こうから「あのね、ノーコツしたの」と明るい声が響く。
友人の奥様である。30年来の友人は6月に亡くなった。

Kawa知り合った当初からそんなに長くは生きられ
ないと知っていたし、担当看護士であった彼
女もそれを承知で結婚した。
当時から「その日」が来るのを何度も話し合
いシミュレーションしていたので、近年では
ジョークのように笑いながら話した。
まぁ、とっくに充分に悲しんだ後ってコトで
す。

納骨は富士山の南側の裾野にある墓地。
小高い丘の上からは広々と大平洋が望め、晴れた日にはみんなが好き
だったサンフランシスコやシアトル、スポケーンの街が見える。
いや、そこまでは見えませんって!

さて、電話の続き‥‥
「当日は時々小雨が降るような天気だったけど、教会の行事もあって
バスを仕立てて30人くらい参列していただいたの」
「長老の神父さまも含め三人の神父様や洗礼名の名付け親のゴッドファ
ーザーさんも居たわ」
うーん、何人かの顔は覚えているなぁ。
「それでね、神父様が倒れたの」 はぃ?
「長老の神父さまが儀式を執り行っていて、聖盃を高く掲げたところ
でくずおれるように倒れたの」
「すぐに、若い神父様が支えたけど、起き上がろうとなさるの」
「私とトモちゃんは押さえ付けるように寝かせたわ」
「脳梗塞かも知れないと思ったの」
「長老は何かつぶやきながら、手を上に伸ばして空をつかもうとして」
「誰かが『コレ、コレなの』と聖盃を持たせようとするけど、首を横に
振り‥‥」
「かすれた声で『おんちを、オンチを』と尚も手を伸ばしたの」

‥‥おんちって? あぁ「御血」かぁ。キリストさんの血のことですね。
「おんち」って言うんだ。
「そう、儀式用のワインをついで渡したらゴクリと飲み干して一息」
「神父様、お代りはいかがですか」と少しおどけて言う者もいて、みん
な胸をなでおろしたわ。

長老神父さまは救急車で運ばれて現地の病院にニ泊して無事帰られた
そうです。倒れた原因は足のむくみを取るための薬のセイで脱水症状
を起こし、ノドが乾ききっていたらしいデス。

「おんち」って言葉は初めて聞いたなぁ。ウチでも使おうかな。
今日は「白おんち」にする? それとも「赤おんち」にするって
「だめ!」「『御血』は赤だけなの」と叱られてしまった。

Icecherry写真はオノ君からいただいた
貴重な「アイスおんち」と
「さくらんぼおんち」。
どっちも甘過ぎ。

*えー、決して宗教者をバカ
 にしているわけじゃないで
 す。
 言葉を面白がっているだけ
 なのであります。

|

« まとまらない! | Main | 「結」オープン »

Comments

 大島保克さんですね。チャンスがあったら、ぜひ聴いてみたいです。
 ところで、最近は寝入りにグレゴリオ聖歌のCDを聴いていまして。けっこうストンと眠れるんですね。ところが昨晩は、“御血により復活せる長老様”というのが頭から離れませんで。一人でクスクスと・・・あ、いや、荘厳な聖歌と相まって、やはり奇跡はあるのだなぁと思った次第です。
 笑っちゃいけないけど楽しい話題、ありがとうございます。

Posted by: ゼッペル | November 02, 2008 at 05:59 AM

こんにちは(^^)/ ゼッペルさん

眠る前のグレゴリオ聖歌良さそうですね。
ゴスペルも好きなんですけど、人の声が耳にココチ良い
のでしょうね。
長老の神父さまの如何にも人間らしい仕種が
好感持て微笑ましくて書いてしまいました。

Posted by: トド | November 03, 2008 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« まとまらない! | Main | 「結」オープン »