« 沖縄は真夏日 | Main | ドンッと大きな音 »

リンゴと中庭

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年10月27日(月)くもり
午前、デスクワーク。某社のカタログを制作中。
午後、山のぶどう畑カンパラで草刈。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Parasol
今回、沖縄のハンモックの上で読んだ本。2册。

Kiseki「奇跡のリンゴ」‥‥木村秋則の記録
無化学農薬・無肥料で10年かかってリンゴを
収穫した男の話。

「山の木は肥料も農薬も必要としない」は
トド父もよく言っていた言葉。
「そうは言ぅても、現在ワシラが育てとる
作物はどれも品種改良によって『ひ弱』に
なってしもーとるが」
「だけん、ぶどうの無農薬栽培は無理」
と考えていた。

今、ウチのぶどうは竹酢液・焼酎などの自
然農薬の力を借りて、化学農薬の使用は3、4 回。一般の1/5程度の
量にしている。無農薬は「夢のまた夢」だと思っていた。
その「夢」を成し遂げた男の話である。
アシカさんの感想は‥‥
「すっごい感動的、キャバレーのトコでは涙が出そうだった」
あぁ、お姉ぇちゃんたちが交代で弁当を作ってくれたトコね。
「きっとさぁ、まっ直ぐで、すっごいイイ人なんだよね」
たぶんね。でもホントに側にいたら迷惑なダケかも。
「‥‥でもさ、収穫までに10年は長過ぎるんじゃない」
そっそれは ‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 *極限まで農薬を薄めるコトはできても、その先の「無農薬」へ
  のハードルはムチャ高いのだろうなぁ。

聞き書きをまとめたモノで、木村さんの話す言葉をそのまま活字に
したトコロは味わい深く感動的。
しかし、間をつなぐ文章が如何にも感動を誘うダロってNHKのナレ
ーション風でちょっとツヤ消し。
最初は迷惑がっていた隣の畑の主はやがて無農薬栽培に共感し、自
分の畑に散布する農薬が届かないようにと境のリンゴの木を切って
しまうシーンがココロに残りますところのトドです。


Nakaniwa恩田陸さん最近お得意の役者の話。
芝居好きで恩田さんのファンならいざ
知らず、一般受けはかなり難しいので
は。
錯綜する劇中劇にトリプルキャストの
オーディションが入り乱れる。
字面で正確なストーリーを追うのは途
中であきらめてしまった。
それでも、このオーディションのシー
ンを実際に舞台でやれば是非見たいと
思う。
そう、実際に「桜の園」「夏の夜の夢」
「ロミオとジュリエット」「奇跡の人」いや、何でもいいんだけど
複数の芝居の部分を取り出し、数人でオーディションしてるシチュ
エーションを見せる芝居って、今まであったのかな? 面白そうだ
よね。山奥の霧に閉ざされた劇場でやればなお結構。

|

« 沖縄は真夏日 | Main | ドンッと大きな音 »

Comments

ご無沙汰です。やっぱり、沖縄さんへお出かけでしたか。
観光なしで本2冊クリアーは贅沢な・・・らしいことです。
当方、季節柄の客が居座って7日目。なつかしさに涙溢れんばかりの感動?の日々でした。
 来月中旬に境港のかに1泊のグルメ?旅を予定(3~4番)してますが、紅葉の季節です。道中お奨めの場所がありましたら、情報提供願います。

Posted by: 讃岐トッポ | October 28, 2008 at 11:01 AM

こんにちは(^^)/ 讃岐トッポさん

蒜山、大山のドライブコースはもう行かれました?
ちょっとカナディアンロッキーぽくて好きなんですけど。
湯治目的なら「三朝温泉」がオススメです。
カニだって食べられます。

しかし、なつかしいお客さまと同伴ならば
例の福岡で治療して、湯布院か長湯温泉の方が
奥さまもオヨロコビなのではありませぬか?

Posted by: トド | October 28, 2008 at 01:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 沖縄は真夏日 | Main | ドンッと大きな音 »