« それぞれが美味しい | Main | 何か気になる »

幕末純情伝!

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年8月30日(土)小雨?
朝4時に起床。「幕末純情伝」を見に京都まで行って来ます。
Okita2
今回の主演女優も好きじゃありませんので、ワキを
固める役者さんを楽しみにしています。
頑張れ!銀之丞、若林ケン。
演出は久しぶりにつかさんご本人。

今回は趣向を変えて長距離バスで往復。‥‥‥いえ、
いえ、ホントはフトコロ具合のさびしさ故にバスを
選びました。6時半出発。延々4時間バスに揺られて
着いたのは京都駅の八条口。
背筋をぐいっと伸ばし、尻をモミながらGO!
市内バスは出たばっかりなのでTAXIで四条河原町。

Sijyo
アイニク小雨が降り出しました。遠く鞍馬の山々も雨に煙って見えます。

Minami
さて、こちらが今日の目的地
「南座」。
歌舞伎発祥の地にかつては、
このような芝居小屋が7櫓並
び建ち、隆盛を誇っていまし
たが、現在はこの南座のみが
残っています。

NakaNaka2
二階席から見るとこんな感じです。舞台全体の把握はしやすいけど、少し
角度がありすぎ、舞台上との隔絶感を感じます。席が狭すぎて足が窮屈。

さて、何度も見た「幕末純情伝」の今回は‥‥
今まで作ってきた「つか芝居」の場面、場面をカットして見せるコラージュ
のようでありました。幕末と敗戦後の日本を重ね、くるくると転換して見
せます。説明的である必要もなく、お話の整合性よりもモアパッションで
あって構わぬ‥‥って言うか、それを見に来ているのですが。
雑然とゴチャついたモノになってしまいました。

その中で石原さとみは頑張っています。彼女も、アイドルのシッポが取れ
「本物の役者」に生まれ変わる「場」に立ち合った気がします。殺陣もい
いです。嫌いな女優リストからはずしてやりましょう。
それに比べ、某宝塚男役は「宝塚世界」から一歩も出ていません。せっか
くのチャンスだったのに。殺陣もヤル気無し。こちらはキャスティングミ
スでしたね。
山崎銀之丞、若林ケンはホレボレと安心してつか世界を体現してくれてい
ます。これに春田純一が加われば、西岡徳馬が、塩見三省が‥‥

結局は初演の方がストーリーもスッキリして見やすくインパクトがあった。
って話になります。なにより、平栗あつみの内股に残る青アザに稽古の激
しさを見、ムネを熱くしたもんです。
沖田総司が女であってもいいけど、なんもかんも女だったって設定のアソ
ビが話をつまらなくした原因でしょうか。

小屋を出て、錦市場のあたりをぶらり。天満宮で手を合わせ、ビアホール
ミュンヘンでビールとジャガイモとザワークラウト。
Nishikijpg
久々の京都は大人の街って雰囲気で楽しかった。次回はもう少し京都らし
いモノを食べたい。深夜帰宅。

|

« それぞれが美味しい | Main | 何か気になる »

Comments

ご無沙汰です。
流石に文系体質のトドさん、演劇にも興味がおありになられるんですね。
幕末純情伝が「南座」で演目にかかるなんて認識不足でした。
昔、つか こうへいさんに新幹線でちらっと出会った事が有りましたね。
ツカツカと落ち着きなく席を探していました。(笑)
蒲田行進曲のしばらく後の頃でした。
僕は演劇にも疎いのですが、蜷川幸雄さんは役者をしていた、若い頃から好みかな。
NHKの若侍役でしたがその演技と云うか、その笑顔が爽やかで生き生きしていて、それまでの侍役を吹っ飛ばした印象を持ちました。
僕が中学時代だったかも知れません。
でも彼の演出の劇場へ足を運んだことは有りません。
お出でになった京都「南座」の改修工事の設計管理は、杉山隆建築設計事務所で親しい先輩の番頭さん、君塚雅光さんが担当したので、完成したフォト等を魚にして、酒席を持った事が有ります。
杉山事務所は国技館・各有名ホテル低層階内装設計管理・平山郁夫美術館・仏閣・近年では渋谷の大塚家具会長邸など、数奇屋や本格的日本建築の設計をしている所です。
もう過去形に近いかな。昨年君塚さんも定年で参宮橋にて独立、既に杉山さんも85才前後ですからね。
恐らく'70年以降は、唯一残ってる数奇屋もできる設計事務所でした。
いわゆる高価な材料、木・金属・石の使い方のノウハウが残っいたのですね。

あ、近況報告。
長女達の披露宴は無事先月23日に終わり、本人達は多治見や備前の窯元に旅しています。
昨日から備前に居て、帰りにまた多治見の友人の所に泊まるが、布団が足りないから風邪が治らないと、午前中に多治見にヤマトで送ることになっています。(笑)

先方はミゲルを入れて11人、兄嫁も来日。
先ず皆なで何故か高尾山に夕方登り、真言宗密教寺を拝みました。
次の日の敗戦日に椿山荘のディナーバイキングで歓迎会を・・津軽三味線のイベントは好い雰囲気でした。
両親の父親パコは大型船舶のエンジン担当エンジニア、ロレンテ家の家系は医者とエンジニアです。
パコは英語で話をしてました。
母親ナニは亡父が画家で、どちらかというと芸術系でした。
母親ナニは華やかな感じの、気骨も有りそうなフランス語の得意な美人でした。
8人も子供をと、ボロボロのおばさんかと、気にしてましたがさもあらず。
二人共、披露宴の挨拶はとても良かったです。
彼女の挨拶の話では同い年の二十歳位で知り合い、6年後に結婚したそうです。
皆さん人柄も良さそうで妻共々安心しました。
兄弟妹は5男3女、エンジニア系3人、医療療法士系2人、ロンドンの薬学系1人、女医1人で兄嫁も女医さんでした。
兄弟妹の風貌はマチマチで人種の坩堝(ルツボ)らしく、ドイツ、フランス、スペイン、インド、アラブ人を思わせる姿や顔立ちでした。(笑)
末っ子カロライン?(25)は一人だけ少し長身の美人でした。
二次会〜四次会まで息子の友人達からもモテモテだったようで、飲まないで息子は朝の5時にホテルに車で送ったそうです。(笑)
披露宴でナニと四男?が踊るフラメンコの一つ、セビリアのセビジァーナスの踊りは、曲がファドに似て、それよりは少し明るく、観ていて楽しかったです。
最後の挨拶は僕が・・・、事前に閉会の挨拶文のチェックを妻と長女され、無事に一発合格し、大きな文字でプリントアウトして貰って、準備したので好評だったようです。(笑)
ミゲルは美術史専攻卒業後、陶器専門学校に。
グラナダに工房を持ちスペインタイルを焼き、パティオ(外側に向いた庭)の天板にタイル、造作のアングルは鋳物の、屋外用テーブルを製作販売したり教室を開いています。
副業がピザハウスの店長でこれが主な収入源、この職場で年金や保険に加入している状態です。
今回の三ヶ月の来日の休暇も有給休暇(半額)にオーナーがしてくれたそうです。
スペインはフランコの後、社会主義が長くこんな所にも、それを思わせます。
聴く所によると、スペインも晩婚少子化が著しく、娘達も子供の予定は二人でとか。

同じく米寿の母もほぼ一人で上京、僕の末娘の着付けで初孫の披露宴に出席し、息子に、おばちゃん奇麗だよ!と言われ嬉しく楽しい、思い出を作って帰って行きました。(笑)
あ、白桃は清水白桃が美味しかったです、旧来の白桃は少しえぐ味が残り減点でした。
今回それぞれ一箱を天満屋福山店内直営ギフトコーナーで、発送して貰ったのですが、金額はどちらも同じ値段12個入り送料込みで、二箱三万円を少し超えてました。
う〜ん、まだまだ高価でした。
来年は清水白桃だけに絞りましょう。(笑)
スペインの家族に美容の為にと七個差し上げたら、京都に行く新幹線の中で皮も剥かず、噛り付きで食べたとか美味しかったそうです。(果物ナイフも付けたがチェックを恐れたそうです。)

肝心の葡萄はジベ処理二回目の初めの一日目だけ、70房程度は濃度25で処理していたので、スペイン家族が二度我が家に招いた時にティータイム、その度に巨房大粒の葡萄を出して好評でした。
スペインの葡萄は巨粒巨房のものは、見慣れてないようで、食べながら呆れた顔をしてました。(笑)
自慢のスペインの葡萄から作った、アルコールの数々をお土産で戴いてもおり、とても自慢なんかは出来る雰囲気では有りませんでしたね。(笑)
今年は何故か色付きが良く、見映えがしますが・・・・・残念。
現在は粒が割れて腐った、房を廃棄するのが毎日の収穫作業で、何たるドジをしてしまったのかと、自分に腹立たしい思いをしております。(泣)
破裂してない二、三割の奇麗な粒を洗って食してますが、これもまた美味しいや、と卑しい胃袋を満足させています。(笑)

我が家の息子も横浜開港記念イベントで、居を横浜に半年以上の予定で移し、我が家は十月中旬からは、本格的な三人家族になります。
長文、失礼しました。
九月に福山に手入れに行く予定です。


Posted by: 磯つぐみ | September 02, 2008 at 01:14 PM

文字限界を超えて、途中で切れてしまった。(笑)

白桃は清水白桃が美味しいの話と、葡萄の現状の話と、近い内に我が家は三人家族になる話でした。
再度書き込むのは疲れ遠慮します。(笑)
九月に福山に手入れに行く予定です。
主に剪定。草刈りと笹刈りと新しく伸びた孟宗竹の倒しです。


Posted by: 磯つぐみ | September 02, 2008 at 02:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« それぞれが美味しい | Main | 何か気になる »