« ブルーセレスト | Main | OH! milk »

ガン飛ばされた

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年7月13日(日)晴れ
Kiji_2
先日、山の畑カンパラで作業をしていたら「ギョェ−」と聞き慣れない鳴
き声がした。
最初は畑の外の草原の中から聞こえていたのだが、次第に近くなり‥‥‥
振り返るとソコにキジが居た。
「オレ達ちゃ、そっちの茂みに住んでんだよ」「今かみさんが卵を抱いて
て、大事な時期なんだ」「そったらワケだからアンタもこれ以上近付かね
ぇでくんなよ」「来たら許さねぇからな」
などとガン飛ばされた‥‥ような気がする。でもこの時期に抱卵はないか。

午前、山の畑バルキでアシカは粒まびき。トドは枝の整理。
午後、山に上がったところでフロントガラスは雨におおわれ、雨じゃ、雨
じゃと喜んだものの、畑に着くころには止んでしまった。
Ame
午後も同じ畑で枝を整理したり、草刈したり。

Haitodo
こんにちは(^^)/  磯つぐみさん

スカシバもコウモリガも困りモンですね。山が近いとよく
来ます。かと言って殺虫剤をヒンパンに使用するのはキラ
イなので、よく観察して捕殺することにしています。毎年主枝にもぐり込
まれ、数メートル分の更新はしょっちゅうです。
釣りエサとして人気があるのは仕事がら知っていましたので、いっそ「ぶ
どう虫」を育てた方がエエのではとも思いましたが。
プラスチックにオガクズ入れて数十匹のぶどう虫を詰める作業風景を思い
浮かべ、止めました。
おっと、11日のぶどうの写真は「ピオーネ」です。これからまだまだ太る
予定です。

|

« ブルーセレスト | Main | OH! milk »

Comments

 居るでしょうね、キジさんも。とっても自然そのものですから・・・・。
 ところがどっこい、郊外の・・・当然、平野部のど真ん中で、何と、昨年に続いて「ハクビシン」君の登場です。
 バイパスから150mの園に登場、8房ほど、今度は我が家のまん前で9房、これは事件です。
 追放、捕獲のノウハウ、決定打が解りません。殺すまでは思いませんが、綺麗ごとではあきません。さてと?・・・・ゴッツイアイデアを募集です。

Posted by: 讃岐トッポ | July 14, 2008 at 09:58 PM

やっほー(^^)/  讃岐トッポさん

クダンのキジですが、本日も居ました。
なんだかニワトリを放しているような気がしてきました。

ハクビシン対策??
どうしたモンでしょうね。

Posted by: トド | July 14, 2008 at 10:46 PM

こんにちは。
あれはピオーネでしたか。
昔、ブドウムシはエビヅルムシと言って、何と葡萄の枝を7、8センチに切って販売してました。
そうです、枝の膨らんだ所にブドウは寝んねしていて、釣り人のポケットに何本か入れ携帯にも好いし、鮮度も保て風情も有りました。
確か今の貨幣に換算すると、一本百円以上の高値でしたよ!(笑)
あれを使用して、岩魚や山女は釣れた記憶は有りませんが、ブドウムシは大物用のエサだと思いますね。

茶臼岳の山麓に在る、沼原湿原に行くとニッコウキスゲや紅カノコやアヤメが見ごろでした。
この湿原には小さな黒山椒魚やモリアオガエルや赤とんぼの幼生がちょろちょろしています。
もう赤とんぼが群れをなし乱舞、ヒグラシも鳴き始め、那須山麓は夏も短いのでしょう。
実は茶臼岳の最後のガラ場を下山中に二度も転び、家族に馬鹿にされました。
幸い温泉のお陰か治癒し、たいしたことは有りませんがショック。
たまたまハイヒールを履いた女性と、並んで会話し下山中の事で、確かに油断してしまいました。(笑)
美人に見え痛かったです〜。

Posted by: 磯つぐみ | July 15, 2008 at 12:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブルーセレスト | Main | OH! milk »