« コイトさん | Main | ワラシベ長者を夢見る »

コレだったんだ

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年7月8日(火)晴れ
Saino

まだ暗い4時半、寝床から手を伸ばし、涼しい風が吹いてくるアミ戸を開
けると、より新鮮な空気がドッと流れ込んで来た。
黒猫のアズはトドの頭を蹴飛ばしまっしぐらに、シマはトドの伸ばしたま
まの手をつたって、アズの後を追いかけ飛び出して行く。
外と言っても二階なので瓦にツメの当る音や滑る音がかすかに聞こえ、や
がてカエルの大合唱の中にまぎれてしまう。
と、まぁ、こんな風にトドの朝は始まのでした。

午前、山のぶどう畑カンパラで若木の周りを草刈。
13時、ボーダーシャツの宅配屋さんが来園。ぶどう発送業務の簡便化のた
めの提案をしてくれる。
午後、山のぶどう畑バルキで木の周りを草刈。
少し頭痛がするくらいホトホト疲れた。風呂に入って、ビールをノドの奥
に流し込むのが最高にシアワセである。

上の写真はすもも「彩の姫」。昼間、冷蔵庫を開けて、ビールに手を伸ばし、
アイスクリームと牛乳の間で迷い、結局扉を閉めてしまう。
畑でまだ熟れていないすももを見ているうち、手が勝手にもぎ取り、口に運
んだ。フレッシュな果汁がほとばしり、あふれ、満足感に満たされる。
「コレだったんだ」連日のハードワークにカラダが欲していたのは新鮮なミ
ネラルいっぱいの果物でした。
ぶどうが熟す前は、すももで乾きを癒そうと植えたのでした。
そうです。我が園は自分が食べたいモノを植え、育てているんです。
*すももはまだ熟してなくて、一般的には食べらんない状態なのですが、ト
 ドには美味しかったぁ!

|

« コイトさん | Main | ワラシベ長者を夢見る »

Comments

おはようございます。
トドさん、少しヤバイかも?
何がってさ、「彩の姫」などスモモの青い未熟果には、青酸物質が有り、下痢を起こしてしまいますよ?
ご多忙中は気を付けたほうが無難でしょう?
あぁ、もう遅い忠告かもね?(苦笑)
でも「彩の姫」の名前につられての事でしょうから、当たっても悔いはないんでしょうね、トドさんは。
梅雨前後の花にアジサイやカルミア等が有りますが、あの綺麗な青い葉っぱにも青酸物質や、カルミア(西洋石南花)には重度の後遺症を残す痙攣麻痺の物質が含まれているそうです。
植物をナメたらイケませんよ!結構ヤバイ身近な植物は多いようですね。
陶芸の鑑賞は疲れましたが楽しかったです。
2時間早めに呼ばれていたので、唐川の枇杷と何処かの巨峰を持参して出掛けたら、M翁の長男の嫁さんが部屋を前夜片付けてくれていて、助かりました。
前夜、お嫁さんが聞き、他人に部屋を片付けさせるなんて、日頃わたしが何もしてないみたいで嫌だわ、と片付けてくれたそうです。ま、当たり前かも。(笑)
そして、もうわたしも若くないんだから、と意味シンに云われたそうです。(笑)
嫁50才。
M翁の書いた毛筆の中元のお礼状をポストに入れに行ったり、陶芸講座の準備を少し手伝いました。
講座は順次M翁が箱出しして、僕が箱に仕舞いながらの進行。
M翁もお元気で1時から4時間、ホワイトボードの前で殆ど立ちっぱなしでしたね。
5時から天ぷら「はし本」でご馳走になりながらの陶芸談義、その後のカフェでまた談義延長と8時半に散会す。
詩情のある陶芸や絵画との対話や、作家とのコミュニケーションを通して、自己をリフレッシュさせているスタンスに感心しました。
若い二人には勉強にもなったようで楽しかったそうです。
僕は補足程度でおとなしくしてました。
コレクションは三分の一位は好い物でしたね。
娘達の九月初めの窯元訪問で、備前の窯元の紹介をして戴く予定ですが、僕は岡山の天満屋に縁が有り、何処の窯元がいま好いか、美術担当の方にも聞くつもりです。

今年、こちらの葡萄は少し粒が小さいかも。


Posted by: 磯つぐみ | July 09, 2008 at 09:22 AM

こんにちは(^^)/ 磯つぐみさん

お腹はダイジョウブでしたよー。
プルーンは(強くて?)ヤギでも10コ以上は食べない
らしいですが、トドはいくらでも食べられます。
でも、おっしゃる通り未熟果は止めておきましょう。

陶芸の長時間観賞会お疲れさまでした。
好みでない器だったら、退屈するかも知れませんね。

備前焼の窯元ならばおまかせくださいと言いたいトコロ
ですが、三年ほど前に最も敬愛する作家さんが亡くなり
以後、足が遠のいてしまいました。
元飛行機のエンジニアでマルローから免疫学まで興味の
守備範囲の広さ、話の面白さは群を抜いていました。
自分の古備前をテーマに創作されていました。
何人かの友人を紹介し、どの方にも満足してもらったのですが、
気付けば、結局自分の手元に彼の作品を留めておくコトなく、
今では後悔しております。

Posted by: トド | July 10, 2008 at 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コイトさん | Main | ワラシベ長者を夢見る »