« 実に簡単にして効果的 | Main | 渦巻く炎とうねる読経 »

手を動かすことで

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年6月28日(土)くもり、雨
午前、山のぶどう畑バルキでアシカはツブまびき。トドは枝の整理。

午後、倉敷に出撃。駅前の「ぶ」ぶっかけマークの「ふるいち」のつけ麺
うどん。
Huruiti
昼をずいぶん過ぎていたので、アセッて食べ始め、やっと写真を撮らねば
と気付いた時には左端の空間に有った一玉はすでにお腹の中なのでした。
数年前、まだ女子高生だった親戚の娘たちに倉敷で美味しいお店は?と問
いかけると、即座に「ふるいち」と答えてくれました。地元じゃ、マック
やケンタ君よりずっと人気がある‥‥かな?
魚系のダシスープにシコシコ麺。ちょっとラーメン風で美味しかったです!

Bigbike

最近お気に入りの倉敷町家の本町通り。いつも美しい大型バイクが停まっ
ているのですが、今日は朝顔の垣根のガレージに変わっていました。一体
どんなバイク乗りなんでしょうね。いつか、お会いしてみたい。

本日は芸文館にて「高野山真言宗備中青年教師会」主催の「寺院建築文化講
演会」なのであります。会場で「あやしい探検隊」2人と合流。ロビーを
見渡すと「やもりんさん」「はしまやさん」「ナラムラさん」を発見。

声明(しょうみょう)、沖縄のミュージシャン日出克氏と琉球國祭り太鼓
で会場は大盛り上がりに始まりました。
このあたりの内容は「やもりんさん」のブログが詳しいです。ご覧くださ
い。
Kouen法隆寺宮大工の西岡常一さんの最
後の弟子小川三夫さんと作家塩野
米松さんの対談。これが予想以上
に面白かったです。
取材を通して、長いお付き合いの
二人は息もピッタリ。
塩野さんは話の引き出し方、それ
を皆さんに紹介の仕方が実に上手
な方です。

舞台の上に角材が用意してあって古い大工道具の「槍鉋・ヤリカンナ」を
あざやかに使って見せてくれます。軽く材に当て引くだけでシュルルと紙
のウスさに削れ、会場からタメ息を引き出します。
「こんな手を使う道具で機械的な平面ではなく、見た目の平面を出します」
「すると、出来上った柱や梁が少ぉし丸みを帯びて、明るく輝いて見える
 んです」
 ‥‥確かに機械的な完全な平面はまん中が凹んで見えます。
「こうした手仕事の道具を使いこなせる大工は電動の工具でも120%使い
 こなせます」「でも、初めから電動工具で育った大工はその機械の80%
 くらいしか使えていません」
これはコンピュータ導入期にデザイン界でも懸念されていたと同じです。
「手を動かすことで見えてくるカタチ」ってありますよね。

エンディングにオペラ歌手の「田村邦子」さんが登場。終わりかと席を立
ちかけた人も座らせる彼女の歌の力は素晴らしいです。

この後、某居酒屋にて「あやしい‥‥」二人とグリンデイ関係者、ケーブ
ルTVスタッフなど合計11人でビールを浴びた。
トドはいまだ体調不良、ウコンの助けを借りていても4杯で撃沈。モ−ロー
として眠くて‥‥ほとんど眠っていた。

|

« 実に簡単にして効果的 | Main | 渦巻く炎とうねる読経 »

Comments

こんにちは。
若い女性はうどんは「ふるいち」でしたか・・・。
麺類では「讃岐うどん」が馴染んだ好物ですから、漬けラーメン風は少し気になりますが、倉敷に行ったら是非寄ってみます。
一昨年の三月末、大原美術館に久しぶりに立ち寄りましたが、待てよ、歩き廻って結局何を食したか覚えなし。
駅の反対側に何だかみすぼらしいゴンドラ等の遊戯施設が有りましたね?
駅の販促キャンペーンで胡麻団子を買ってしまった覚え有り。(後悔)
あっ、思い出しました、着いて直ぐカフェのランチを食したのでした!
まあ、折角の倉敷で情緒のないこと・・。(苦笑)
そう、お勧めのグリーンの箱のアイス、何やら見覚えが有りますから、近所のスーパーでも置いていそうです。
是非、ワイフに頼んで措きます。

今日は夜半から梅雨寒の雨が降り続いてます。こちらは葡萄棚の周りの塗装も終わり、次はキッチンと洗面脱衣の棚造りでやっと完了です。
今年は変更して福山には八月に行きます。
6月初めに、実家の長い私道の草刈りを、県の方がしたらしく、こちらも多忙にて八月に順延しました。
近年毎年、五月初め頃、草刈りをしてくれてる方が居て、イッタイ誰がしているのか謎でしたが・・・向かいの県の養護施設は、県道沿いの駐車スペース5台分を、無料で使ってるかららしい。(苦笑)
初めて、庭周辺は旧知の民生委員の旦那さんにお願いしました。
八月の草刈りは丁度、白桃や清水白桃の季節で楽しみです。
実家にはスモモ類が充実、サンタローザ・太陽・ソルダムですね。
しかしながら、健康な清水白桃の樹齢十年二本と授粉木も有りますが、母が授粉作業をして無いので花見だけですね。
来年はするよ、と言ってましたが。


Posted by: 磯つぐみ | June 29, 2008 at 07:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実に簡単にして効果的 | Main | 渦巻く炎とうねる読経 »