« ココチよい風が | Main | 困った、困った »

ひときわ長く鳴く時は

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

Oriru_22008年6月18日(水)晴れ
終日、家まわりのぶどう畑で枝の整理。トナリの棚に届
くほど長く伸びた枝を約1.20mでカット。実を付けてい
ないカラ枝は、さらに1節短くして空気の流れを良くし
ている。副梢は葉ニ枚を残し、巻きヅルもカット。
太い枝はさすがにハサミを使いますが、ダイタイは指先
でカット。指先がアクでヨゴレますが、そんなん言うて
られません。急げ、急げ。
そんなワケで、ぶどう農家もトマト農家も百姓の指先は
黒く汚れているコトが多いデス。

作業をしていると葉影からひょっこり顔を出すのは、決
まってシマちゃん。孤高のアズ姉さんは一人どこかの高
見で過ごしているし、ビリー君は木に登るのはとっくに
アキラメて涼しい所で一日寝ています。
それにビリーの体重で登られても、枝が折れてしまいま
す。
写真は木から飛び下りてニァニァと叫びながらやって来
るシマちゃん。
ニァァーーーーと、ひときわ長く鳴く時はシッポを踏ん
づけられた時。フカフカの畑ですから痛くはないハズ。
「なにするんじゃ」と抗議しているんでしょうね。
なら、足元なんかで寝なきゃいいのにね。

|

« ココチよい風が | Main | 困った、困った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ココチよい風が | Main | 困った、困った »