« 空にまだ青 | Main | カンガルーのように »

ハードレイン

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年5月31日(土)雨、くもり、晴れ
深夜にハードレイン。寝床で激しい雨の音を聞く。アタマの中は「A HARD
RAIN'S A GONNA FALL」が鳴り響いている。歌っているのは愛しのボブ様
ではなくて、エディ・ブリケルさま。9時過ぎ雨上がる。

Sizuku
写真は雨樋のしずく。
午前中、デスクワークやぶどうの用品の発注など。

Binder午後、家まわりのぶどう畑で整枝。
毎年出来の悪いぶどう畑の世話を
後回しにしたら、地上1.7mの棚
の上がジャングル状態になってし
まいました。
ポリフィルムの屋根にぶつかり、
カラミ合った枝を折らないように
ほぐし平行に並べて、各々の葉っ
ぱが光合成しやすいようにしてま
す。
張り巡らせた2.5mmほどの針金に
枝を結び付けるにはテープを使い
ます。こんなホッチキスのデカイのでバチンバチンと留めてます。
テープは光分解性なので放っとけば土に還ります。日没まで作業。

「アシカのブログ」にぶどうの花の写真が載っています。ご覧ください。

|

« 空にまだ青 | Main | カンガルーのように »

Comments

こんにちは。
そちらは相当降ったようでね。
こちらは久々の快晴、夕方のカフェからです。
リフォーム管理で自宅に居る時間が多くなり、自室の片付けをやり残し逃げて来ました。
こちらは今日一回目のジベレリン処理が全て終わりましたが、葡萄の枝の分散もやり残してます。
陽当たりの良い枝の未だ小さな実の房は、逞しく元気が好いですね。
春から初夏の葡萄の生命力には驚きます。
今年は少し房を付け過ぎかもしれないです。
二回目のジベレリン処理前に少し減らします。
そうでした、樹齢800年の葡萄の木は百日紅の樹形だったようです。
未だ花が咲いてない春の新梢の時期の映像と思われ、百日紅のような段々状態の樹塊の短枝から新梢が出て、少し垂れ下がって延びるのでしょうね。
巨大な盆栽風でした。
映像は石灰石の大地から上からも撮っていましたが、幹は後ろの深くて大きな割れ目から生えましたよ。
とにかく収穫時期は、株仕立ての巨大な姿でしょうね。
ご神木のように地域の老人達が、管理を継いで大切にして来たのでしょうね。
あの様に立木風の姿にするには、最低百年くらい掛かりそうです。
直径50センチの幹になれば可能でしょう。

長女の嫁ぐスペインの家族は全員が披露宴出席し、来日の為の航空券もゲットしたようで、母系家族の身内の結束の強さに好いことだなぁ、と感心しています。
先方のご両親は京都観光を楽しみにしています。
いろいろ受け入れ体制も、長女が近くのホテルを長期予約をしたり、本人達に任せてますが東京は安価な企業の厚生施設を利用すべきか迷います。
何はともあれ披露宴の八月下旬迄、いえ、帰国する9月初め迄はいろいろと、落ち着かない日々が続きそうです。


Posted by: 磯つぐみ | June 01, 2008 at 07:35 PM

 エディ・ブリケルさま・・・気になってググってみました。
大昔の人?と思ったら、なんと’88年、デビュー。いやぁ私、昭和とともに終わっています。トド兄はお若い。
 今、ポール・サイモン夫人!S&G、全部集めました、LP盤で。 YouTubeで聴いてみたらすんばらしい。恋に落ちそう。
Rickie Lee JonesやJoni Mitchell に通じるものがある感じですね(古っ)。よくぞ教えてくださいました。

Posted by: ゼッペル | June 01, 2008 at 07:52 PM

こんにちは(^^)/  磯つぐみさん
8月まで、なにかとお忙しいご様子ですね。
わが家では家の中に職人さんが入るのは好きです。と前に書いたけど、
考えてみれば磯つぐみさんはプロですから、さほどモノ珍しくも
なかったですね。
まぁ、大挙して押し寄せるスペイン人(陽気でヤカマシそう)を
迎えウツ準備を楽しんでください。

ところで、先日、トナリ町の友人と話していたら某家具屋さんの話が出ました。
基本的に小売りには積極的ではないけれど、訪ねて行けばサンプルも
たくさん有って安価で納品してくれるそうです。
友人は教師でかつて教え子が入社していて、その時にリホームの
家具(島システムキッチン)を揃えたそうです。
いやァ、トドは仕事も日常もスタンドアロンなので市内の事情に疎くて
分からないことばかり。こんど商工会議所の頭に会ったら聞いてみよう
と思っておりました。
場所はしょっ中通る郊外の道筋にありました。
カンバンすら覚えておりませんでした。結構目立つのに。


こんにちは(^^)/  ゼッペルさん
エディ・ブリケルいいでしょう。
でも、ポール・サイモンと結婚してたなんて知りませんでした。
しかも25才で50才と!
それに、何をカン違いしたのか、アイリッシュだとばっかり‥‥
「地の果ての袋小路にこそ味のある文化が発酵する」の良き例と
しておりました。それがテキサス生まれだったとは!
知ったかしなくて良かったぁ。

しかし、なんだか今夜も豪雨のようで、またしてもアタマん中を
「ハードレイン‥‥」が満たしてくれそうです。

Posted by: トド | June 02, 2008 at 06:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 空にまだ青 | Main | カンガルーのように »