« トドはバイクの方を | Main | 嵐来襲 »

イタリアは‥‥

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年5月16日(金)晴れ、くもり、雨
早朝、山のぶどう畑カンパラで雨除けの屋根にポリフィルムを張る。
気温が上がるにつれて風が出て来たので中断し、屋根の取り付け作業。
昼食後30分の昼寝。‥‥もう眠くて、眠くて。
午後もカンパラで屋根の取付け作業。

Sinkoji
写真は若き友人が住職を勤めるお寺。開山は1006年の古寺です。
只今、左側に座禅堂を建立中。
山の畑に行く途中、前の道を通るので、日々工事の進み具合を見ています。


畑で作業中に高知の友人から携帯電話。「イタリアは‥‥」
おぉ、行きますか?
「いや、ぶどうのイタリアは作りやすいですか」
「去年、そちらで食べたのがえらい美味しかったんで」
メンドーと言うほどではないですが、ヨーロッパ系なのでそれなりに手間
はかかります。でも、熟期が遅いですよー。そちらは早い方がエエでしょ。
早よ作って、お終いにして遊びに行きたいでしょ。
「まっそうなんですけど‥‥」「緑のエエぶどうが欲しいンですよ」
んーと、カタログを見ても、結局作ってみんと分からんのですよね。
ウチの緑のぶどうはハニ−ビーナス、瀬戸ジャイアンツ、イタリア、新し
いトコで黄玉がありますが‥‥。
「ホナ、秋に食べに行きます」 はい、はい。待ってます。

てな話も畑でできるし、上のような写真も撮れるし、ホンにケイタイは便
利なツールです。

|

« トドはバイクの方を | Main | 嵐来襲 »

Comments

 千年も以前からのお寺さん、改築もなされたご様子。檀家も含めて世間も変わった、この時代に随分なご苦労もなされたのでしょう。ご健闘をお祈りしますとお伝え下さい。
 

Posted by: 讃岐トッポ | May 17, 2008 at 08:14 AM

こんにちは(^^)/  トッポさま
お腰の具合は如何が?

花山法皇が仏教道場として開かれたのに始まると
伝えられる古い寺です。
寄進田6町数反(6ha余)、山林70町歩(70ha)で
季節には松タケを蹴飛ばしながら歩いたとか。
今は松タケのカゲもありません。

中世の戦乱によって、建造物や寺宝はことごとく
焼失し、一時寺運も衰えたが、再興し末寺6ヵ寺
があるそうです。

Posted by: トド | May 17, 2008 at 01:18 PM

お久しぶりです。
いつも読んでますよ。
イタリアと云う品種もありましたね。
そう云えば昔、テレビでイタリアに近い、北アフリカの石灰岩地帯に鎮座している、樹齢800年の緑黄色の葡萄の樹を見たことが有ります。
石灰岩の割れ目の数Mの底から生えていて、巨大な盆栽の雰囲気で、棚などはなくこんもりとした葡萄の樹でした。
その一本だけで千キロは収穫でき、好いワインができるよと、白い大地で渇いた日光が散々と降り注ぐなか、風格のある白髭の老人が笑顔で自慢しました。
恐らくこの葡萄は石灰岩で根が護られ、細菌が侵入しないから長寿なのでしょうね?
老人もカッコ良かったし、僕はあの光景が葡萄の木の映像では、一番の想い出で理想です。
特に赤・緑系の葡萄は空気が乾燥していると好いのでしょう。
今日は一日中、葡萄の摘蕾しひと枝に一つにし、どんどん出てくる巻きヒゲも全て摘み取りました。
十日後には開花が始まりそうですが、できるだけで遅い方が葉っぱの枚数が増えるのですが・・・遺憾ともお天気任せ。
今夜は通り雨になりました
そろそろ消毒もしないと・・。
連休は我が家の水廻りのリフォーム計画と業者選定で大変でした。
国際フォーラムのラ・フォル・ジュルネ「シューベルトとウィーンの仲間達」では若手バイオリニスト樫本大進の、メンデルスゾーン:バイオリンコンチェルト二番を聴きましたが、なかなか美しい好い演奏でした。
バイオリンは男性バイオリニストが明るいので好みです。
昔、巖本真理のコンサートを聴きましたが、近年も女流は悲壮感が漂いイケませんね。(苦笑)
三日間も行きましたのでいろいろ聴きましたが、メンデルスゾーンが指揮して初演した、シューベルトと「ザ・グレイト」も短縮演奏を聴けました。
この曲は指揮者が楽しめるシンホニィでしょうね、気持ち良さそうに東フィルの指揮者はタクトを振りました。
結構、生音楽漬けと云うのは疲れます。(笑)

リフォームはシステムキッチンやウォシュレットやスリム洗面台を入れたり、床のナラのムク・フローリングや桜の建具もろもろ、スペインからの来訪者の部屋もリニューアルと、15日契約半金かなりの散財になりました。
安く上がるので直営でしようかとも思いましたが、いろいろと葡萄の手入れなども有り、疲れそうなので四社見積もりで選定し頼みました。
一番高い所に決めてしまった・・・苦笑。6/10完了です。
先週、東南の隣家が建売りで解体され、葡萄棚は陽当たり抜群になり、手入れにも気合いが入ります。(隣家の建売りプランも葡萄は陽当たり良し)

ところでフォトは座禅場と云うことは、禅宗系のお寺さんですか?
確か福岡県の福岡藩主は備前福岡の黒田氏がルーツですが、黒田氏は県北の高梁辺りの一族から攻め込まれ、播磨に逃避してから栄えようで、その後に博多に領地を貰い、そこを福岡の地名にしたそうで驚きますね。

こちらは芥子の花が綺麗に咲きましたが、昔の虞美人草タイプの立派に咲く品種で好評です。
しばらく張りましょう!

Posted by: 磯つぐみ | May 17, 2008 at 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トドはバイクの方を | Main | 嵐来襲 »