« とっても楽しそうじゃ | Main | 怪しい探検隊2 »

怪しい探検隊

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年5月4日(￿￿日)快晴
朝、自宅回りの畑で草刈。
昼前、ベン・モリミツ主催の「怪しい探検隊」(二日目)が下の道を通る
のでそれに便乗する予定。いわくありげな神社や島を巡ります。
さて、どんなトコロに行ってどんなレポートになるのかお楽しみに。
今回の探検隊のスペシャルゲストはコメットハンターの木内鶴彦さんです。
では、行って来ます。

Busバスに乗り込むと、探検隊の面々
の好奇心にあふれた笑顔で迎えら
れました。昨日行った神社や遺跡
を声高に話し合ってバクハツ的に
歓声がおこり、楽しそうです。
ツアー第一日目の様子は「きび工房」さんのブログをご覧ください。
ところで、バスのツアータイトル間違えていますよぉ。「古代吉備王国怪
しい探検隊ツアー」でしょ? 首謀者のベン・モリミツさん。

メンバーは女性が17人。男が4人(2人は主催者とゲスト)。世の中のお
とっぁんたちは日々の仕事に疲れ、TV見て寝っ転がって過ごしているので
ありましょうか?外へ出よ。薫風をカラダに受けて走れ!とっぁんたち。

Anatoさて、ワシラは広島との県境に向
かって西に30kmほど走り、穴門
山(あなとやま)神社に参詣。
丘の上にある大きな鳥居をくぐり、
うっそうとした木立ちの間を谷底
にむかってズンズンともぐります。

創立は崇神天皇五十四年、御神木
のカツラは仲哀天皇二年に手向け
給うた‥‥らしい。気が遠くなるほどの昔のヒトの名前であるぞぉ。
御祭神は天照大神、倉稻魂神。
ところで、社殿内部の装飾が極彩色だったのにビックリ。柱も金箔が貼ら
れていたようで、神社というより、台湾のお寺のオモムキでした。

Yataka
鳥居まで登ると、ぽっこりと盛り上がったお山が見えます。「弥高山」654m。
お伽話に出てきそうな平和なカタチの山ですが、山頂はカルデラになって
いる休火山です。この公園でお弁当。

お腹がいっぱいになって、暖ったかで、バスの揺れも加わると眠くなり、
起きたら既に瀬戸内の海がキラキラと輝いておりました。

「鞆の浦」は瀬戸内海のほぼ中央に位置します。満潮時には豊後水道や紀伊
水道から、潮が瀬戸内海に流れ込み鞆の浦沖でぶつかり、逆に干潮時にはこ
こを境にして東西に分かれて流れ出していきます。昔の航法ではここを横断
するには潮流が変わるのを待たなければならなかったそうで、古代より「潮
待ちの港」と呼ばれていました。

その鞆の浦で船に乗って「仙酔島」へ。
Sensui
ここにはビワやヨモギの葉を炊く「洞窟蒸し風呂」「江戸風呂」「五色の湯」
「潮風呂」と魅力的な風呂にココロ引かれながらも島巡り。
Kogi1Kogi2
歩きながらも、休憩中にも出るジャンルを問わない質問に丁寧にわかりやす
い言葉で応じてくださいました。ゼミのセンセと学生たちのようですね。
右の写真は「白石島」の本日の宿。食後の話は同行していただいた姉上さま
と掛け合い漫才風でたっぷり笑わせていただきました。

解散後はトナリの居酒屋でコーヒー、ビールを飲みながら深夜まで‥‥
トドは三線を弾く地元の女の子に「19の春」「ユンタ」「イラヨイ」‥‥と
次々にリクエストしてすっかりオキナワ気分でゴキゲンな夜でした。

|

« とっても楽しそうじゃ | Main | 怪しい探検隊2 »

Comments

はっはっはっ ここで起こったことは決して他言してはなりませんぞ!
なんてね。

Posted by: サザエ | May 06, 2008 at 09:08 PM

こんにちは(^^)/  サザエさん

なっ何しろ「怪しい探検隊」ですもん。
アブなくってしゃべれない!
詳しくは「きび工房」さんを参照してくださいと
書くつもりなので、早くあっぷしてください。

今度、会う時「怪しい水」くださいね。

ツアーとっても楽しかったっす。
再度、島縦走の時には声をかけてくださいね。
ワシラタコ焼きとビールで待ってますから。

Posted by: トド | May 06, 2008 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« とっても楽しそうじゃ | Main | 怪しい探検隊2 »