« 怪しい探検隊 | Main | そんな危険なコトは! »

怪しい探検隊2

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年5月5日(￿￿月)朝豪雨、くもり、ちょい晴
激しい雨の音に目覚める。本日は宿から出られないか?
Maehama
前の浜に出て、テントの下で明るくなるのを待つ。ベンチに寝っ転がり本
を読んでいたら徐々に雨が上がり空が明るくなった。雨男のキウチさんを
しのぐアシカ・モリミツ晴れ女パワーのおかげに違いない。

NageireKogi3
大岩の下にお堂がある開龍寺。806年、弘法大師が唐から帰国する際こ
の白石島に立ち寄り、巨岩の下で37日間の修行を行い大満虚空蔵菩薩の
法を修めたと伝えられています。
空海のエピソード、巨石遺構の石や月の石についての解説を聞きました。

Yamatodo
上は山頂の大岩の上で修行するトド大師さまであります。benさん撮影。
この大岩のすぐ下に「ヨロイ岩」があります。

Yoroiiwa
岩が正方形に割れ、重なりあってヨロイの直垂のように見えます。柱状摂
理は見たことありますが、こんな碁盤の目のようなのは初めてです。
「強い衝撃が加わるとこうなります」 強い衝撃って?「例えば隕石がぶ
つかるとか」おぉ、さすが天文学者ですね。 

YoroiKogi4
こんな巨石が山頂付近にゴロゴロとあります。子細に表面のパタンを読み
取る者、離れて全体像を感じ取り、方位を確認する者、各々楽しそうです。
左の写真はbenさんからかっぱらいました。ありがと!

山頂から海に目をやれば、こんな風景。遠く広く見渡せて、気持が晴れ晴
れとします。多島海ですね。白いのは仏舎利塔。
Umi

山を降り、振り返ってビックリ!ワシラあんな高けぇトコに登っとったの?
イワク有り気なカタチの左のトンガリです。
Shiraisi


そして、そして、この旅の最後にこんな ↓ とんでもないモノがワシラを
待ち受けていました。
Kaidan
再びジャングルに分け入り歩っていると、目の前に突然石段が出現。その急
峻なこと、その長大さはピラミッドを登るようです。行ったコトないけどさ!

いや、いや、完敗です。こんなスゴイモノがこんな小さな島に在ったとは!
急に半村良の伝奇小説の中に放り込まれたごたるです。

Kanjyo
最後の休憩も、虚を突かれ疲れ果てて思わず座り込んでしまいました。
でも、「この広場自体も環状列石なんです」「山を三重の巨石で囲んで立体
的に配しています」‥‥と聞いても、もう立つ気力無し。

|

« 怪しい探検隊 | Main | そんな危険なコトは! »

Comments

もっと怪しい連中が途中、合流してきてましたねぇ。あれは陰陽師系や巫女系のようでした。それと比べると非常にノーマルです、私たち。そう言えば、異常気象のせいでしょうか、岩の上にトドがいました。

Posted by: benさん | May 07, 2008 at 10:22 PM

こんにちは(^^)/  benさん

楽しいツアーでした。久々にのんびり過ごしました。
最後の島、再訪したいもんです。
縦走はベン・モリミツ組にまかせて、トドとアシカは
海のソバのタコ焼き屋さんで待ちましょう。

Posted by: トド | May 07, 2008 at 10:58 PM

世界初、磐山に登るトド。たこ焼きを食す。しかし、予想を裏切るおいしいたこ焼きでしたねぇ。島の人情に触れる旅でした。我々のために休憩所を提供してくれたたこ焼き屋のお姉さん。山道を掃き清めてくださった老夫婦に感激です。なかなかできることではありません。突然の見ず知らずのツアー客をだれがそこまでして迎えてくれるでしょうか。頭が下がる思いです。

Posted by: benさん | May 09, 2008 at 12:00 AM

素晴らしいレポートをありがとうございます。

たこ焼きやのお姉さん、最後の最後に木内さんにこんなこと言ってました。

「星を見るためにこの島に来た。
 星がなかったら、生きていられないのよ」

玄関先に貼られた「星」というタイトルの書き下ろしには、そんな思いがあったようですね。

Posted by: 良介 | May 11, 2008 at 02:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 怪しい探検隊 | Main | そんな危険なコトは! »